毎年元日の朝、ほぼ日手帳の中身を交換する。一冊2千円は、日記帳としては高い部類に入るけど、まぁ、良いか。
ほぼ日手帳
 裏表紙のところに、遺言を書いて拇印を押す。スケジューラとして使わず、メモと日記帳として使っているので、必要最小限の転記で済ませたい。
 あとは、何をどこにしまっているとか、何を処分するとか、今年は、これとこれの引継を考えるとか、おまかな予定を、去年の予定をみつつ、書き込んでおく。去年前半は、いろいろありすぎて、予定が全くできていなかったし、そのズレが後半にもつれ込んでいることが、ほぼ日手帳を眺めているとわかる。
 ということで、今年も、できるところからコツコツと進めていきたい。
 正月中は酉年ということで、トリコで遊びたいもんだ(笑)。