☆2017年夏発売のスプラトゥーン2では、インターネット無しで最大8人まで対戦(風船わりゲームではないスプラ甲子園と同じ対戦)ができます。ただし、ドックに挿して使うTVモードでUSB-LANアダプタでの有線LAN接続とディスプレイがそれぞれ必要です。

 詳しい内容については、こちらにまとめておきますので参考にしてください

以下、スプラトゥーン1のインターネット無しで対戦ゲームをする話です。 

 スプラトゥーンは、ネットにつながなくても対戦できるバトルドージョーという2人でやる対戦モードがある。

 スプラトゥーンは、Wii Uをインターネットにつながなくても、

  1. ヒーローモードというタコツボバレー(タコツボ谷)での冒険
  2. バトルドージョーという2人で対戦
の二通りの遊び方ができる。このページは、バトルドージョーについての解説をしている

※スプラトゥーンは、テレビ(ディスプレイ)なし、つまりGamaPadだけでは、遊べないよ。→Wii Uにつなぐディスプレイについての記事はこちらから

※家にインターネットの光ファイバーの回線(IP固定電話)がなくて、インターネットはスマホでしかできない人は、テザリングでやることができるけど、みんなに迷惑がかかるのでやらないでね
※ スプラトゥーンは、Wii リモコンだけでは遊べない。GamePadでしかオンラインバトルはできない。そこで、GamePadを改造しないでXボタン(ジャンプ)が簡単に出来るようにするチートギアを作った。 

 バトルドージョーは、広場の右側のスロープを上がっていったところにある。手元のGamePadに表示されている広場のマップを見よう。

バトルドージョー バトルドージョー入り口

どうやって遊ぶのかというと、

バトルドージョー

 Splatoonの2人の対戦プレイで、それぞれのプレーヤがみる画面はGamePadとテレビで分けるので、一つのテレビ画面を分割してみるわけじゃない。

 テレビを見ながらやるプレーヤのコントローラについて、Splatoonの公式Twitterで紹介されていたWii U ProコントローラとWii リモコンプラスを使う

コントローラ

スプラトゥーンのバトルドージョーに必要なコントローラは二通り

  1. Wii U PROコントローラ と Wii リモコンプラス
  2. Wii クラッシックコントローラPROとWii リモコンプラス
 2)の、Wii クラッシックコントローラPROは、Wii リモコンプラスにケーブルを挿して使う。この組み合わせは、スマブラで遊んで入るヤツなら、既に持っているはず。

 Wii クラッシックコントローラPROが安い理由は充電池を内蔵してないから。だから、Wii リモコンプラスにケーブルでつないで使うしかない。Wii リモコンプラスは、単三電池(充電池)2本を必要とするので、多めに用意しておこう。

 USBの電源アダプタもあるので、リモコンを大きく振り回さないスプラトゥーンをするのには、電池の消耗を気にしなくて良いから、必要な人は検討を!

 今回は、1)のWii UPROコントローラーとWii リモコンプラスで、Wii U PROコントローラーには無いジャイロ機能をWii Uリモコンプラスで追加して、GamePadと同じ操作性を実現する、公式Twitterの「裏技」について紹介。

Wii U PROコントローラーとWii リモコンプラスでジャイロ機能を使い、照準を動かすようにする。

Wii-U-PROコン&Wiiリモコン+

 Wii U PROコントローラーとWii リモコンプラスを縛り付けるベルクロ(マジックテープ)の細くて、手頃な長さものがない。ダイソー(100均)の手芸コーナーにありそうな気がするが、100均に行く時間がない。

 そこで、荷造り紐で代用。コントローラの裏で、ちょうちょ結びにして電池交換や緩んでコントローラが落ちる時に締め直す。

ダイソーのベルクロ(マジックテープ)でWii U PRO コントローラーとWii リモコンプラスをしばる方法

 100均のダイソーで、面ファスナーワンタッチテープ(縫製タイプ)25mm X 30cmを購入。まず、縦半分に切って細くする。

 軟かい方(手触りの良い方)をメインに使うので、長さを24cmに切る。固い方を7〜8センチに切る。

ベネクロ1

これを二本作る。

ベルクロ2 ベルクロ3

片方ずつたすき掛けにする。

ベルクロ4

もう少し長さを調節すると綺麗に仕上がる。

Wii U PRO コントローラーとWii リモコンプラスのコントローラを登録する。

バトルドージョー1

 コントローラの選択で、十字ボタン↓+Bボタンを押しながら、ZR+ZLボタン同時押しで選択。

WiiUPROコン

 この時、Wii U PROコントローラの青色LEDが1で点灯しているのを確認。

次に、Wii リモコンプラスのボタン(のぞいている 1でも2のボタンでも良い)を押して、青LEDのインディケータが「2」につながっていることを確認する。

WiiUPROコン1

 この状態で、ジャイロセンサーが使えるので、Wii U PROコントローラーとWii リモコンプラスの合体コントローラーは、GamePadと同じ操作になる。

 Wii U PROコントローラー単独だと、照準がジャイロでできない。右手親指で操作するRスティックも、PS4を日頃やっている連中なら、簡単だろうけど。

 ジャイロ機能のおかげでコントローラの向きで画面中央の照準が、誰でも簡単に合わせられるというのはWii Uだけ。PS4のコントローラではできない。

武器選択

武器は、8種類の中から自由に選べるので、それぞれの武器の試し撃ちができるっていう意味でもいいね。

 まったく操作も何も知らない妻が、はじめてWii U PROコントローラー&Wii リモコンプラスを握り、 TV画面を観ながら、バトルドージョーをやった時のプレー動画。妻のオレンジ色側がTVでやるので、プレー動画が撮れる。

 操作は、最初に左スティックで移動、右人差し指でZR、自分の色(今回はオレンジ色)のところで、左ZLを引くとインク補充(リロード)だけを最初の武器選択時に教えている。

その後、やりながら、バトルドージョーのルールをざっくりと話ながらやっている。

  • 風船を割るとポイントになる。
  • 相手を倒すとポイントを奪える。
  • 風船の割ったポイントの多い方が勝ち
  • 相手のインクの色のところは、歩きにくいし、ドラクエの毒池みたいなもの
  • 柵は、左のZLでイカになってペンキの中を泳げば下をくぐれる。
 さらに詳しいルールや遊び方は、こちらのページに書き直したので見てね

 そんな、バトルドージョー、なかなか良いね。老眼になってくると、GamePad側でやるのはきついけど、それはそれで楽しめる。

 GamePad側は、偽トロVerを買わないとダメなんで、現在検討中だ。

Wii U PRO コントローラーについて紹介。

wiiu-pro-con wiiu-pro-con-2

Wii U PROコントローラーは、バッテリー内蔵。バッテリーは、GamePadや3DS同様に充電池パックを交換できるようになっている。

 充電用のminiUSBケーブル(2m)が付く。なぜ、microUSBにしなかったのか? 謎。

wii-u-pro-con-3

もちろん、充電しながら使えるよ。

wiiu-pro-con-4

シンク(Sync)ボタンは、背面にある。

sync

Wii U PROコントローラーの登録は、Wii U本体のSyncボタンを押して、Wii U PROコントローラ背面のSyncボタンを押すだけで登録される。

Wii リモコンプラスについて

今さら感たっぷりの、Wii リモコンプラス。

Wii-リモコン

今回はクッパ バージョンを買ってみた。Wii 発売当初のリモコンより、至る所が改善されている。

Wii-リモコンプラス シンクボタン Wii-リモコンプラス シンクボタン1

シンクボタンも裏蓋を貫通して押せる。シリコン・カバーの穴もズレていない。この精度の高さ、いいねぇ。

Wii U ジャイロの水平設定について

関連記事

Splatoonのバトルドージョーの遊び方、ブキの選択等をプレイ動画で紹介。