PS4のシステムソフトウエアアップデート2.50が来た。

PS4のシステムソフトウエアアップデート2.50をして起動できない(「2.50 PS4 起動できない」で検索してる)人が検索してきているので、そんな人は、こちらを参照。
 50

主な変更点は3つ。
50変更点


アプリケーションを終了させずにスタンバイモードにできるようになった。
スタンバイモード
スタンバイモードに対応するため、ぜひともPS4にはUPS(停電時バックアップ電源)を付けることをオススメしたい。
これで、一発で起動できる。ただし、AVアンプやHDMIキャプチャ・システムなども同時に起動させている場合は、この限りではない(笑)。

PS4に保存されたデータをUSBマスストレージ機器にバックアップしたりデータを復元させたりできるようになった。(アプリケーションセーブデータ管理)
50ストレージ管理
 PSN(PlayStation™Network)を更新せず、お金を払っていないワシとしては、うれしい。最近、諸々が忙しくて、ゲーム自体を遊ぶことがほとんどできないので、PSNは更新せず放っているからな。
 ワシらのような日々人間相手の商売をやっていたら、ゲームの世界まで相手に気遣ってやるようなオンラインゲームなんて、面倒くさすぎて、やってられない。

アクセシビリティーを設定に追加した。
50ハンディ
 いわゆる障害者向けの設定。PSボタン長押しのクイックメニューにも追加できるので、必要に応じて設定をオンオフするのが一発でできるようになる。

ビデオクリップのアップロード先が、DailyMotionにも対応。
デイリモーション
 どんだけ、自分のプレイ動画をアピールしたい連中が アレなのかだけど、プレイ動画をあげても、よっぼど可愛い女の子とか、メチャクチャ上手いとかでないと、ゲームプレイ動画なんで誰も見向きもしないという現実に、いい加減に気がつけよな。
 

PS Vitaには3.50のシステムソフトウエアアップデートが来た。

50

 主な変更点は、
50

PSNの名称をPlayStation™Networkに変更、PS4のリモートのfpsの変更。
psvitapsn

PS4リンクで、リモートプレイのフレームレートを高くできるようになった。
psvitaps4link
ワシのように、高品質のワイヤレスのインターネットを使いこなせるユーザにとっては、PS4のリモートをさらに快適に設定できるということ。
 PS VitaでPS4のリモートが、まともにできな人は、こちらを参照。

他、マップがコスト面でアレなんで、削除ってことか。
アクセシビリティー追加と、チャット/ユーザ作成メディアに名前変更し、プレーヤメッセージの制限が付いたと。制限機能は必要だよ。
※ PS4のスタンバイモードのままでは、システムソフトウエアアップデートはできないけど、プレイしていると勝手にダウンロード出来ているから、ちょっとした合間に、アップデートをやると良いよ