「台風で倒れたのはほっとけば、次の日には元に戻る」という家庭菜園に関して、ろくな実績もないのに、デタラメをネット上でばらまいているアフィ・カス(ネットであつめた情報をまとめてGoogleの上位に検索されるようにして広告料を稼ぐヤツらの蔑称)にはダマされないようにしよう!!

  1. 風で倒れないように、折れないように添え木、固定する。
  2. 物置やネット等が飛んで、飛来物として他の人に迷惑にならないように片付ける。
  3. 風を逃がし、弱めるネット等で防風をする。排水に配慮する。
  4. 倒れたら、被害を最小限におさえるべく適切に対処する。
  5. 万事を尽くして天命を待つ。


さて、
 18号に続く19号が来て風害を二発食らった。これで今年の台風は終わりにして欲しい。

 強風で、換気扇にゴミが入り音がするとか、あちこち、家の損傷はあるようだ。増税前に、家の大幅な修理をしたので、今回の台風くらいでは、以前からあった雨漏りや窓や壁からの雨水がしみ出すなんて事は、なかった。やれやれ。

 畑の被害は、そこそこあった。キュウリは、もうダメ。
1
たった4本だけ食べられただけだったな。あと、ピーマン、ナスもだめ、台風が過ぎた後、寒気が入ったので外気温が20度前後と低めで、夏野菜はもうダメだろう。
2 

 白菜は、防虫(防風)ネットが奏功して、ダメージ無し。やれやれ。

 今週末から、オクラ、トウガラシ、茄子、ピーマン、トマトを抜いて、冬野菜の大根やタマネギを植えるなど、準備をしていくつもりだ。

 敷地内に植える木は「食える実がなるもの」というのが、ワシの考えだ。だから、柿や桃、ピオーネ(ブドウ)、イチジク、柑橘系は、金柑、酢橘と本柚の木もある。あと、林檎とミカンと植えたいと思っている。琵琶もあったけど、美味しくないので切った。 

 今朝、風に煽られて酢橘の実が大量に落ちていた。
スダチ
 スダチやユズってのは非常に鋭いトゲのある木で、収穫はケガをしないように気をつけなければならない。普段なら、必要な数だけ高枝ばさみについているフックで実を落として収穫していたんだけど、大半を食べきれず、木に実を付けたまま霜が降りて食えなくなる。

 さて、これだけのスダチ。ポン酢にするか…。 ポンってのは、果汁って意味で、そもそもユズやスダチの果汁のことを言うわけだし。一戸建ての家なら、庭に植える木としては、山椒、スダチとユズはデフォだよ。どれも鋭い棘がある。