ワシはBluetoothのデバイスが好きではない。ワシの部屋は、2.4GHz帯の混信を防ぐために極力Bluetoothを使わない様に心がけている。

 寝室の自作PCで、有線マウスと有線のキーボードを使っているんだけど、有線だと取り回しに不便すぎるので、Bluetoothのマウスを使う事にした。

 で、Amazonをチェックしていたら、最近のBluetoothのマウスとか安いので、さっそく買ってみた。

PLANEX Bluetooth USBアダプター BT-Micro4はMac OS Xでそのまま認識する。

 最近のMacはBluetoothは標準装備なので、こういうアダプタは必要ない。昔のMacはBluetoothがオプションだったので、後からBluetoothを使うためにはUSBドングルを買うか、アップル純正のBluetooth増設カードを買って内蔵するとか、面倒で高く付いた。
BT-Micro4

今は、こんなに小さくて、2千円しないのな。びっくり!!

DBT-120
このD-Link(DBT-120)は十年くらい前に買った。当時7千円くらいだったか。4,5年前までは、中古で高く売買されていた。DBT-120が手に入らないので、中古のPowerBookG4用のApple純正BluetoothカードをeBayで落札し、USBで使えるように配線して、自作していた。
BT-Micro4-1

試しに、Bluetoothをサポートしていないマザーボードを使う自作機のUSBにBT-Micro4を挿して使ってみる。
systemprofile
システムレポートでみてみると、ドライバをどこからか入手する必要は無く、OSに含まれているドライバだけでBluetoothデバイスとして認識している。

BT-Micro4-2 

Bluetoothのマウス、ロジクールのM557を認識させてみると、とくに問題なく認識して使えるようになった。あっけなくて、ネタにならん…。 

LOGICOOL Bluetoothマウス m557は可も無く不可も無し。

m557
単三電池二本を使う。取説も日本語でイラストも文字も大きくて良い。

m557-1 m557-2
ここのボタンを押すとカバーが外れる。

m557-3
 単三電池を2本必要とする。 重さは、106gと、USBの有線のマウスより随分重い。重心バランスもやや手前部分が重くなっていて、慣れないとアレ?っと思うかもしれない。

 単三アルカリ電池2本で一年持つということだが、半年程度で電池を交換するとして、単四電池を単三電池スペーサを使ってマウスの電池の軽量化を図るのもありだろう。単三乾電池1本(24g弱)は単四電池2本と同じ重さだよ。