タカチ電機工業から、今年のカタログが届いている。
takachi
RSからも分厚い電話帳のようなカタログが届くし置き場所に困っている。 もちろん、我々の業界の通販業者からのカタログも、年々更新されて届く。 うちは、ゴミを、それぞれゴミ回収業者に有料でだしているので、量が増えれば処分代もかかる。
トラ技の雑誌をまとめておく本棚を算段中。積み上げていると検索性がおちるので、なんとかしたい。

 さらに、頼みもしないのに、従業員スタッフ向けのファッションカタログ雑誌も届くたびに、要らないから送ってくるなと業者へ連絡をする。景気のよかった頃は、不動産や絵画のカタログやパンフが送られてきていた。
 常におくられてくるのが、消費者金融のパンフレット。資金繰りにお困りならどうぞみたいなのが多い。

 リーマンショック後の落ち込みから、カタログも豪華なのから簡素化されてきているけど、今年は豪華になってきている感あり。アベノミクス効果か? 泡沫の夢と消えないことを祈るばかりだ。