某友人が、去年、10万円分ビットコインを買って、送金に使うという話をしていた。
ワシもと、口座だけつくっておこうと、作っただけで、ビットコインを買わずにいた。

で、昨夜、妻が、「ビットコイン口座開いたっていうてたけど、何枚か買うとうんか?」って聞くから、「送金することが無いから買っていない」って言うと、こっぴどく叱られた。
 「今、テレビで、HDDの中にある採掘したビットコインのデータを探しているってニュースをやっていたぞ って。チャートをみてみると…
1
 大変なことになっている。友人にさっそく電話して聞いたら、「家族には内緒にしている」ってさ(笑)平均購入単価が100ドル以下ってんだから…。

うらやましい限りだ。
 NYダウが最高値を更新し続け、昨夜のブラックフライデーでピークをつけた感がある。
FRBがジャブジャブにお金をばらまき、日本も同様にジャブジャブにお金をばらまいている。有り余るお金は、世界中でバブルを引き起こしている。

 中国の東シナ海での防空識別圏の拡大をみていても、中国が、一段とおかしくなっていることがうかがえる。
 中国マネーの一部がビットコイン為替市場へ流れ込んでいるという噂もある。おそらく、世界中のマネーがビットコイン為替市場へ流れ込んでいくだろう。これを快く思わない国がある、そう基軸通貨を操り、すばらしい錬金術で、世界経済を牛耳っているアメリカだ。

 これから、何かが起きようとしているわけで、「君子危うきに近寄らず」ということで、しばらく注目していきたい。


 世界中のマネーが流入し、青天井で、どこまで行くか分からんから、チキンレースだ。
 市場規模的に、20倍くらいはテクニカル的にいけるので、2千ドルまで上がるようなら、さすがに利食いしてポジションを減らして行くのが定石だろう。

 大暴落のニュースがでてから参戦し、乱高下で、その利ざやを抜くという短期売買の戦いの場としては、これから、注目される市場になるだろう。外為法とか、法律の規制が一切ないので、法規制ができて、換え金が禁止になるまで続くはずだ。