今日はザラ場を観る事が出来ないので、いくつか上に売り上るべく仕掛けを入れていたんだけど、どれも約定せず。

 昼から吹くようなら、一つ二つ打診で売ってみるかと思っていたら…。
 前場引けには急落、後場戻りを売り倒してやろうと待ち構えていたんだけど、及ばずか。
 昨年11月からの上げは、本日の大陰線によって一旦終了。今月7日のGW明けの窓を埋める25日平均線14267円を目処に一度スピード調整を期待したいところだ。
 今月になって信用買い残が急増している銘柄は、シコってきているので、戻りを伺いながら、売りで様子を見るイメージか?

 この手の株の指南本の新刊がいっぱい書店に氾濫するようになるまでは、もう少し時間がかかるかな。

 それにしても、今日5月23日は、日経平均225の一日のザラ場の値幅が1459円。まさに「異次元」の過剰流動性による狂った相場ならではの記念すべき日だった。
 跳ね上がる金利上昇で、すでにリートは怪しい上に、住宅ローンは30年の固定金利にする人がほとんどだと思う。物価高は止まらず、stagflationは加速する。
 アベノミクスの化けの皮が剥がれるのは、まだ先の話で、マスゴミに良いように騙されている国民の大半が気づくまでは、まだまだイケる。

 とりあえず、第三波、マイクロ第5波動終了で、マイクロ第1波で25日の14230円付近。72日平均の12660円付近までの第四波はジグザグの持ち合いを期待したいところだが、「異次元」の金融緩和なので、何がどう転ぶのか? 先は読めない。東証一部は過去最高の出来高を更新。本日が当面の天井となったのは間違いないだろう。
 NYダウが、今夜、東京市場の急落を理由(は何でも良い)に急落すれば、出来すぎのシナリオになるが?(笑)。

 ドルのロングを海外のFXブローカのフル・レバで持ってたヤツは、爆死か。105円と見込んでショートしてたヤツもレバによっては、アレか。わずか5時間ほどで、これだけ値動きすると、仕事の合間に小遣い稼ぎをするような、ワシらには危なすぎる。まさに「君子は危きに近寄らず」だな。
  「虎穴に入らずんば虎児を得ず」で調子コいていた分を、今日一日で飛ばしたヤツもいるだろうな。
まさに「明日は我が身」だ。

 ちっ 大引けは成りで売らないと約定しないか…。明日の寄りつきが楽しみだな。