2015年10月2日 Fire HD 8 / 16GB を購入レビュー記事はこちら

2014年1月16日 Kindle Fire HDX 8.9を買った

以下、2015年10月4日 一部古い内容を修正

先月の終わりにKindle Fire HDを買ったんだけど、一か月(まだ経っていないけど)使って、だいたいのことが分かったのでメモとして残しておく。

1

Androidのタブレットとして最も売れているGoogleのNexus7を買おうと思いつつ、Amazon専用端末のKindle Fire HDは安いので、冷やかし気分で買った。

一か月2年以上使って分かったKindle Fire HD他の欠点は、

  1. Retina iPad (iPad 4)よりは軽いけど、それでもまだ重い。HDX8.9は画面がiPad Air 2より綺麗で軽い!
  2. バッテリーの充電に時間がかかる。 急速充電ができないかわりにバッテリー寿命を長持ちさせる。
  3. Twonky Beam MX Playerで動画観てたら、2〜4時間程度でバッテリーが無くなる。仕方が無い。
  4. 豊富なAndroidのアプリが自由に使えない。
  5. ビューア(Viewer、閲覧専用機)なので、知的「生産」道具としては使えない。
  6. SDカードリーダを内蔵していないので、Wi-Fiストレージデバイス(Wi-DriveAirStash)を必要とする。 → 2015年10月発売のFireシリーズでmicroSDカードを内蔵できるようになった。

と、不満や欠点がいくらでも出てくる。

期待しないで買ったので、

Kindle Fire HDの利点は無いんだけど、及第点としては、

  • フルHDのmp4の録画ファイルが再生でき、音がステレオ・サラウンドで良い。(HDX8.9やFire HD 8は、素のTSファイルを見られる。)
  • 国語と英和の辞書が一通りついていた。
  • アプリもワシが必要としていたもののいくつかは、ダウンロードできて使えている。
  • マニュアルのPDFを入れておけば、さすが電子書籍端末というだけあって、マジで使える。
1
  • Android用の接続アプリケーション(Android File Trancefer)をMacに入れておけば、USBで繋いで、中のフォルダに直接ファイルを書き込んだり削除したりできる。(4GB以下のファイル)
  • Wi-Fiの掴みと接続安定性がRetina iPad (iPad 4)より良い。
  • Twonky Beamsplashtop2、ES file ExplorerとMX Player、ワイヤレスTV(Station TV、PIX-BR310L)が安定して使えるので、正直、他はどうでも良い。

そもそも、

ワシはKindle Fire HDの本来の目的である、Amazonで買い物をしたり本やアプリを買ったり、動画を買って観ることに使っていない。

 Huluとか、IMDbとかの有料動画サイトに課金をして使うことは、これからもない。なぜなら、毎週300GB(妻専用の分を加えると500GB)を超える録画機のHDDに貯まるテレビ録画番組を観ては捨て観ては捨てという作業があって、買ってまで、借りてまで観る暇がないからだ

 Mac(Retina iPad )でも、iTunesストアで映画が借りられるんだけど、いままで利用したことがない(笑)。iTunesカードも、まだ6万円分ほど持っているものの、使えず(登録せず)カードのままだ。


Kindle Fire HDに最適なフルHDのmp4ファイルのエンコードの条件とは?

 これは現在も研究中。H.264 1920X1080 AAC48000Hzステレオ、29.97fps、7.33Mbpsだと、時々音声が途切れることがある。ビットレートは5Mbps以下にしないといけないようだ。

→ HDX8.9やFire HD 8は、録画された素のTSファイルを圧縮(エンコード)しなくても、そのままで再生できるので、解決。 

ところで、ふと

アイデアが浮かんでメモをとる等、「創作」を始めようとしても、Kindle Fire HDやRetina iPad (iPad 4)では不自由すぎて使えない。


 言い古された事項なんだけど、情報を「消費」する「受動的」な使い方をするのに特化しているのが、ネクサス7やKindle 等のタブレット端末、その代表各がRetina iPadだ。

 ある程度の知的レベルを持つ人間なら、大量の「情報」を消費するだけでは飽きたらず、その中からピックアップして、自分なりにまとめたり、物を書いたり、作ったりという欲望が湧いてくる。

ところが、そんな創作活動、作業をしようとした途端、こういうタブレット端末では力不足になってしまう。

その連携が滑らかになるように、Apple Inc.はiCloudで、Macとの連携をシームレスに実現しようとしている。これがApple Inc.が仕掛けた、打倒マイクロソフト、ウインテル陣営からのシェア奪回作戦だった。

 Evernoteがバカ受けしたのは、その辺の機能に特化したサービスを展開しているからだけど。

2

 これは、Twonky BeamのRetina iPad (iPad 4)版とAndroid版の違いの一枚なんだけど、まー、Retina iPad (iPad 4)を嬉嬉としてブログで自慢しているヤツのアレがわかるというか。


 そういえば128GB版のRetina iPad (iPad 4)も出たそうで。

おそらく企業向けというか、法人用途のニーズでは求められるんだろうけどね。個人で買うには、ブログネタくらいにしかならんだろ。中途半端なクソ重たいRetina iPad128GBに6万円だすのなら、7万円のMacBook Proを買った方が遙かに役に立つ(笑)。


そもそも、

128GBのRetina iPadってUSB3.0のnativeでファイル転送ができるの?? USB2.0で、30GB分のmp4ファイルを転送したら何分で済むの??

ぷぷぷ。

昨年末からタブレット端末を弄っていて思ったのは、

この程度大きさで、さらに軽くてタッチパネル操作のできるWindows 7のタブレットPCが3万円で出来れば、他は要らない。


 そんなこんなで、やっぱり手頃な大きさなのでKindle Fire HDの方が使用頻度が高い。

こういうタブレットやスマホのケースを買ってレビューしているヤツが一杯いるんだけど、ワシ的にはまったく興味もないし、実際買って観て、どうでも良いことなので、アフィ的にはダメなんだろうけど、ワシのポリシー的に受け付けない。 

 フルHDの8.9インチタイプもでたが、7インチでも厳しいバッテリーが、フルHDの動画を連続再生でのバッテリー消耗はそれなりにあるはずだ。

PDFビューヤ(Viewer)の関連項目として、スキャンスナップの購入の計画は、すこし先になりそうだ。