今年になってから、価格比較サイトの安値お知らせメールの指し値(88000円)まで落ちてきていて、目標価格まで下がったので買い。

ワシ専用のポータブルMacを買ったのは、PowerBookG4 12インチの最終モデル(2004年)だったから、何年目だっけか? 9年目にして買い足し。10万円以下の経費一括単年度で落とせるし。

さて、あとはスペアナの中華か台湾のパチモンエントリー機を買ってRF回路の実習をやるのと、3Dモデリングの勉強とArduino関連をコツコツというパターンか。
なぜワシがRetinaのMacBook Proを買わなかったか?

金がないから買えない。

以上。

もし、
ワシがRetinaのMacBook Pro(MD213J/A)を買えるくらい金持ちだったら…
Thunderboltが二つあるので、便利なことは便利なんだけどね。

・外付けの光学式ドライブ


・ベルキンのThunderboltのエキスプレスドック
まだ発売になっていないけど、円安を考慮しても3万円くらいはする。もしくは…

・Thunderbolt-Ether アダプタ

を余分に追加して買わなきゃいけない。

たとえ、本体を10万円台で買えたとしても、他の高価な買い物が控えているワシにとって追加購入分の負担がキツい。
それに、ワシは、ポータブルのMacは、過去を振り返っても、clamshell mode(PowerBook時代はlid-closed mode)でしか使っていない。たまにプレゼンや講演で使うくらいで、基本データだけ持っていって、そっちの機材を貸してもらうとかしてたし。

今回は、主にProRes録画機の一つとして検証用として使う予定なので、その辺のネタ的にRetinaの追加分をケツってPromise Pegasus R4をもう一台買うことを検討している。
もちろん、これからもThunderboltの周辺機器、とくにストレージデバイスは安く、いろいろ出てくるのを期待している。

さっそく、Amazonでタイムセールをやっていたので、注文した。

同じ物(LCH-LB1TTB,LCH-LB2TTB)を買っても、ネタ的にあまり面白くないんだよな〜。

ということで、「にわかマカー講座」のネタの教材として買ったので関連記事を増やしていきたい。

・まずは、「Macを買ったら、まず何をするべきか?」のネタを最新ネタに書き換える。

・Macを買ったら何をするかという質問に答えます 総論。
・Macを買ったら何をするかと言う質問に答えます 各論 LAN編