今時、パソコンが家に一台だけというユーザも少なくなった。
 既にWindowsパソコンを持っていて、Macを新たに買った人が、LANでつないで有効に使う方法を以下に説明する。


 なかには、家電量販店の委託でPCの設置をやるヤツに聞いた話だと、ゲーム機のPS3だけがインターネットにつながっているというDQN系家庭も結構多いと聞く。メールはガラ携で、ネットはPS3のブラウザで観るというパターン。こういうのは、サクッっとスルー。
 いや、これに近いカタチとして、インターネットにつながるのは、接続業者に頼んでつないでもらったPC(Mac)だけと言うところもさらに多い。今、こういう家庭が困り始めている。

 たとえば、auでガラ携の更新で、ちまたで騒がれているiPhone 5を調子コいて契約。店でセットアップをしてもらっても、家でWi-Fiの設定ができないまま、G3やLTE回線でネットをつないで使っているというパターンが多い。IP電話のある家庭なら、ルータがあるはずなので、無線LANも付いているけど、自力で設定できず、業者を頼むと金がかかるのでと、放置したままという…。そもそも、インターネットは携帯だけ、iPhone 5になっても固定電話がなく、インターネット用回線もファイバーや有線はないというのが、若いDQN系世帯はほとんどらしい。

そんなのは、ほっといて。

Macを一台買い、2台目のMacを買った場合をSG的に考えていこう。

MacをSMBファイル共有サーバにしたてて、WindowsのPCからアクセスする方法。

とりあえず、ワシのMacのFinderを開くと、左側のカラムに「共有」のPC名がずらずらと並ぶ。
1
Windowsのファイル共有は、PCのアイコン、あとは、ぞれぞれのMacのアイコンが表示される。
でコレをクリックして、それぞれのPCに許可されたフォルダを開くことが出来る。
ただし、Mac OS X 10.7以降はPC(Windows XP)の共有フォルダをマウントしたままで、そのWindows PCをスタンバイや終了させた場合、Finderがその共有フォルダをアンマウント(リリース)できず、freezeしてしまうバグがある。これは、10.7や10.8から実装された新しいSMBクライアントのバグなんだけど、いつまで経っても修正される気配がない。
Apple Inc.の製品を永く使っているワシらからすれば、こういうバグは放置したままなのは、慣れているのでどうでも良い。
「にわかマカー」のApple Inc.に対する過度の信仰心は常に試されている。
Macもプライベート固定IPアドレスにする。
WindowsやMacを安定してファイル共有やリモートコントロールするためには、家庭内のLANに接続する機器は、極力固定IPアドレスしなくてはいけない
インターネットに接続する場合、ルータは必ず必要。もし、MacやPC1台目がインターネットに直接つながっている場合は、速やかにルータを買って、ルータを介してインターネットに接続しなくてはいけない。ルータは、ファイヤーウオール機能も搭載しているので、セキュリティ面でも必要なモノだ。
ファイル共有は、どちらのMacもオンにする。
「システム環境設定」→「共有」
2

ワシは、Macの大半を「ファイル共有」と「画面共有」をチェックボックスボタンをオンにしている。コンピュータ名も用途に合わせて付ける。全角でなくて、半角英数字での名前にする。
とくに、画面共有は、ヘッドレス(ディスプレイ無し)で稼働しているサーバ的に使っている自作機(OSx86)をシャットダウンするために毎日寝る前に使う。
メインに使うMacでサブのMacのボリュームをマウントして使う。
共有の仕方は、Finderのヘルプを参照。
どっちをメインに使うのか?は、各自で違うから好きにすれば良い。ワシの場合は、

Mailが使えるようにしているMacがメインと定義

している。
iCloudになって、iPhone やiPad、そしてMacで簡単に共有できるので、この定義も揺らぎつつあるけど。いわゆる作業用のエンコ用の自作機やMacは、Mailの設定自体をしていないし、Safariのブックマークも同期していない。サブ機は、あくまで特定の作業を分散させるためのものという考えだからだ。
Eye-FiカードからのダウンロードするMacをマウントしておくと便利。
Eye-Fiカードをデジカメに入れておくと、写真を撮る度に自動で、指定したMacに写真を転送してくれる。右上にウニョーンとダウンロードした写真が表示されて貯まっていく。そのMacのフォルダを共有してマウントすることで、撮ったらすぐに、Photoshopにドロップしてブログ用に加工できる。
つまり、にわかマカー系ブログやるなら、こういう使い方は必須だな。

iTunesのフォルダをNASなどにいれて共有はしない。
NASというのは、LAN上にあるファイルサーバで、ワシも過去に何度か買って、HP MediaSmart Server EX490も一応稼働している。
iTunesのフォルダをEX490に置いて使ってみようとか、音楽を全部こっちに置いて、AirPlayで使えないかとか、Time Machineのバックアップ先にしてみるとかやったけど、全部ボツにした。こんなクソは使えねぇ。
DLNAサーバとしても使えるが、TSファイルを直に扱えないし、クライアントとしても、アレなので、マジで使えないことがわかった。

こういうのは、人気があるので、毎年メーカ各社からいろんなのが出ている。

EX490は転送速度が遅すぎて使い物にならなかった。
さらに、昨年末に買ったブロードバンドルータのAterm WR9500Nにも、NAS機能がついていて、USBのメモリースティックを差して設定をすれば、簡易NASとしても使える。

ワシは

LANの転送速度の最大112MB/秒を使い切るので、今さら30MB/秒のクソ遅いNASなんて使えない。

6
ワシが使う安い家庭用のギガビットイーサネットスイッチでは、112MB/秒(900Mbps弱)で張り付いてしまう。それでも1TBのフォルダをコピーするのに2時間半かかる。Thunderbolt同士で260MB/秒平均で転送しても1時間かかる。だから、30MB/秒なんて、クソ遅いUSB2.0の外付けHDDと変わらんものは使えない。

ProRes録画機から、ゲームの録画.movファイルをMac Proへ、LAN経由でコピー。
1
お互いのMacが他にネットワークを使っていなければ、115MB/秒(920Mbps)が出る。

PowerBookもすべて有線LANで繋いで使ってきたし、MacBook のLANコネクタがないヤツを買ったとしてもThunderbolt-Ethernetアダプタを買って繋いで使う。
無線LANをアレコレするより有線LANでの配線を考える方が楽。
ワシのような自宅だと、自分の家なので壁に穴を開けて、ケーブルを壁にそのまま通して、壁にフックを打ち込んでケーブルを引き回すことができるけど、賃貸に住んでいるのなら、ケーブルの引き回しは相当工夫が必要だ。それでも、不可能ではない。

ドアの隙間を通すところはフラットケーブルを使うとか、床と壁の角にうまく引き回して家具や保護カーペットみたいなもので、仮着して固定するみたいなことをしていくと良いだろう。そのためのグッズも最近はいろいろでている。

田舎の町の外れの我が家周辺でも、無線LANの電波があちこちから飛んでいて、英数字の羅列したSSIDが表示されて鬱陶しい。2.4GHz帯は、電子レンジ以外にも、車庫などの無線スイッチや、遠隔操作の装置の周波数が使っているために、都会だと相当混信していると思われるので極力無線LANは使わないという方向で考えていった方がよい。

無線LANは、iPhone やiPadなどの新しいガジェット類は電波の飛びが弱いけど混信しにくい5GHz帯を使う。5GHzに対応していない携帯ゲーム機やEye-Fiカードなどは、仕方がないので2.4GHzを使うというかんじで、見直す。
我が家も、フレッツ隼(はやぶさ)に変更する。
NTTの営業が電話をかけてきて、「SGさんちのONUは一番古い型のものです。月額利用料金は3年縛りで今より安くなりますから最新の隼にしてください。ノルマがきついんです。」と泣きの営業がはいったので、移行することにした。

別に、今の100MbpsのBフレッツでも何の不便も感じていない。
たとえば、先日のアドビからのダウンロードをみてても、
1
1.6+1.2+2.1+2+2.1=9MB/秒 つまり72Mbpsでている。十分でしょう。フルHDの動画ですら1MB/秒のビットレートのものが主流で、5MB/秒のビットレートのものでも、現行の古いBフレッツでも問題のない速度だ。

最近になって、ノートPCやスマホを買い、無線LANにつないで、ネットの速度計測サイトにつないで、何Mbps出た 出なかったとか(笑)。

そういえば、ワシらも、まだ世の中が光ファイバーの回線が珍しかった頃に、早々に入れて、80Mbps出たとか、30Mbpsでたとか、一喜一憂していた頃があった。それでも、自分や友人のレンタルサーバや、グローバル固定IPアドレスで、お互いを繋いで、ファイルの交換をしながら、速度を測ったモンだけど…。

今思えば「恥ずかし!恥ずかし!恥ずかし!」って、中二病の暗黒史を後悔するみたいなもんか。
1


千夏ちゃん、やすな→もりさま→千和 と来たか。

追記:
我が家のLAN構成図の概略
1
この春のフレッツ隼と一部IP電話化に向けての配線構成図で、ONU部分が違うだけ。
まず、

ブロードバンドルータ部分をAirMac Extremeにするべきではない。

Mac OS Xに設定用のアプリケーション(AirMacユーティリティ)があり設定が楽だと「にわかマカー」系ブロガが口をそろえて言う。しかし、

・独自の設定用の翻訳名で、他のメーカーのブロードバンドルータと言葉の違いで混乱する。
・スループットを公表していない。実際に計っても、速くない。
銀の甘食時代から使ってきていたワシが言うんだからな。
電源部のコンデンサの破裂や、純正のPowerBookへの接続不良、セキュリティの暗号の時代遅れ、古いAirMac (AirPort)機器のAirMacユーティリティの非対応で切り捨て等、純正にしていて良かったなという思い出はない。

USBでプリンタが共有できるとか、今時、ネットワーク対応インクジェットプリンタは、AirPrintもできるし、スキャナもついて二万円しないのに。


Time Capsuleでバックアップって、ブログで自慢しているヤツがいるんだが、ワシからすれば

にわかバカー丸出し

と一蹴。

それより、Mac miniとPromise Pegasus R4のセット、もしくはUSB3.0の外付けHDDで、簡易NASにした方が遙かに便利で実用的だ。
3
Time Machineのバックアップ先は、バックアップとるMacに直づけでUSB3.0かThunderboltのストレージデバイスへとればいい。

Time Machine用のディスクイメージを作って、Terminalで作業してTime Machineのバックアップ先ボリュームを指定してやる作業が苦でなければ、簡易NASへバックアップができる。

今は、国内メーカも無線LANブロードバンドルータを発売していて鎬を削っているので、そっちで十分速くて安いものが買える。

あとね、

速度測定サイトに繋いで速度を測るのは、何の意味のないことなの

で、そんなのでネットワークが速いとか遅いとか言うヤツは、ケーブルで音が変わるとか、AC電源が原発なので音がエッジが効いているとかいうオカルト・オーディオ・ バカと同じだから。
intelのMacから始めたようなにわかマカー諸君の戯言は参考程度にな。

MacBook Pro  MD102J/A(非Retina)を買ったので、MacBookの無線LANの実行速度をテストする。