先月落雷により故障したブロードバンドルータをAterm WR9500Nを買い換えた

無線LANとRetina iPadとの相性は抜群で、iPad 4のSafariはサクサクと表示され驚嘆に値する。快適そのものので、ご機嫌にネットサーフィンができる

ところが、そのサクサク感が有線LANにつながったMacやWindows PCでは全く感じられない。
リンク先が開かない。つながらないワケじゃないのに、切り替えが遅い。
こういうのは、経験的にネームサーバの設定ミスやトラブルで起きるコトが多いと思って、Macのネットワークの設定を見直したり、ルータの設定を診てみたりと、いろいろと試したが解決できなかった。

LAN内のMac同士の転送テストもしてみて、110MB/秒前後ととくに速度が落ちているところもなく、インターネット側への接続が遅い、一度つながるとダウンロードやアップロードもとくに速度低下が見られなかった。

で、結論から言うと

WR9500Nの設定でエコ(ECO)設定をするとインターネットへの接続切り替えが遅くなる。

ことが分かった。とくに自動ECOモードが一番遅い。無線LAN側はサクサクだけど、有線LAN側がひっかかりまくりで、イライラする。
1
ECOモードは使用しないでも、WR9500Nの消費電力はアイドリングで3〜4ワット程度。無線LANを使ってLAN内でコピーしながら、インターネットへのアップ&ダウンロードのフル稼働状態でも12ワット程度。これくらいなら、24時間通常モードでエコ無しで良い。

ちなみに、WR9500NでMacBook ProにWi-Fiで接続した場合の速度は、9〜15MB/秒とまずますの速度がでている。

セキュリティの面で、みんなが寝静まった時間帯は無線LANをオフにしたいとか、家に誰も居ないのに無線LANの電波が無駄に飛んでいるとかが嫌なら、通常エコモードにして時間を設定すればいいかもしれない。
ただ、細かく時間設定ができないので、ワシは基本的にオフでいくことにした。ブラウザでアクセスしてその都度エコモードを切り替える方式でも悪くないなと思っている。



このライブドアのブログサービスは、無料でも、使い勝手が良くて、プライベートのネット上のエディタというか、ノートとして使っている。それが、キビキビ感が無くなってがっかりしていたところだったんだけど、それが解決できてうれしい。

ワードプレスなどを使って自前でブログを構築するスキルなど、ワシの本業にも、これからも何ら必要ない知識と労力はかけないで、今ある便利なモノを100%生かせるように工夫するのがワシの考えだ。