やれやれ、今日もアップアップだったな。まー、みんな元気で、仕事があるだけ感謝感謝の日々だけど。

自作派の展示会東京2012年には行けなかった。 残念。oink!さんエアーバリアブルさんところは出展、ラジオペンチさんは自作のLEDフラッシュカウンタを持って参加。

やっぱ、時代はCAD/CAM、3Dスキャナ&プリンタだな。


プロッタの老舗、ローランドのやつを、ホビーユースで持っている人が結構いる。
三十万円くらいだったのが、アイモデラがでて一気に普通の人でも買える価格になってきた。

銀粘土を削り出すのにいいかんじだ。銀粘土は焼成すると銀の塊になるから、ちょっとしたものが作れる。

最近のアクリルのポリマーパウダーに、モノマーをインクジェット式で振りかけるタイプの3Dプリンタは、かなり使えると聞く。材料的にもアレなんで、普通のインクジェットプリンタ作っているエプソンやキヤノンもやる気になれば、参入できそうな。楽しみな分野だ。

けどね…

SAIとPhotoshopで綺麗な絵を描くとか。
どんなに良いペンタブレットやアプリケーションとパソコンセットを用意しても、絵の才が無いとまともな絵が描けない。


ボーカロイドの初音ミクとか、アプリケーション買っても、伴奏をDTMで作って、それにボーカルパートを乗っけるっていうのも、音楽のそれなりの教育というか知識がないと、曲自体が作れないでしょ。

自分の日頃聞いている曲ですらコピーできないよ。

ということで、才能とそれなりの教育を受けてないとできないことは避けていこう。若い人は別よ(笑)。

やっぱ、ワシも、大学は総合大学に入って良かったなと思っている。
基礎課程の2年生まで修得単位数が140単位とか、むちゃくちゃなカリキュラムを採ったけど、今になって考えると、あれこれしたいと思ったことの取っかかりが、ちょっとだけでもできたからねー。
やっぱり、

二十歳前後は、勉強できるのなら出来る限りやっておくべきだ。


今年から、ワシの書斎の左の壁側は、ディスプレイやパソコンをとっぱらって、いろいろと買い集めた機械を積み上げ中。
年が開けてから買う道具についても、妻から許可をもらっているので、そっちに注力したい。