昨年は、5月30日に台風が来て、トマトに甚大な被害が出た
 

それでも、そっから植え直して、なんとか夏にはトマトとか食えたんだけど、今年はマジやばい。

我が家の敷地内の家庭菜園。
1
手前からスイカ4本、トマト50本、キュウリ6本、茄子は8本、ピーマン8本、唐辛子4本… あと、ネギとか諸々。タマネギは収穫して天日干しができないので、早々にテントにいれた。そのテントも飛ばされるとヤバい。

すでにキュウリは収穫しながら、次の苗を育てている段階。トマトは青いトマトが結構付いている状態。
ここで、昨年並みの風速30メートルが来たら、また全滅か、ここまで育てた手間とコストが、またパーだ。
1
日中は晴れて熱かったので、夕方になってから、添え木の補強をした。
2
台風のコースから、昨年と同じ強い風が吹くことを想定して、前回同様に補強をしている。明日とあさっても、暇がああれば、補強をしてく。
 
トマトもリスクヘッジで、種から育てた高さ50センチほどの遅めに植えたものも、10本ほど別に畑の横でつくっているので、トマトが全滅したとしても、リカバーできるようにしている。

家庭菜園といえども、趣味のレベルの農業だけどね。暦を読む、気象を読む。そして地質、生物学的知識と…。バカじゃできない。

野菜の先物取引があったとしたら、明日からトマトは寄り付きから買い気配のストップ高だろうね(笑)