Gigazine の「LANケーブルが変わると速度がどれほどアップするか38種類テスト結果まとめ」

 
まぁ 

なんつーか、突っ込みどころ満載の記事なわけだけど。

こういう記事を読んで、PCオーディオで音楽を転送するのにベストなLANケーブルは、コレコレだ!みたいな。んで、Amazonでアフィリエイトリンクで稼ぐってか?

630Mbpsとかさ、テスト用のPCの内蔵HDDの速さがボトルネックになってんだけど? 統計学的に、危険率5%で有意差がでているのか?という話以前で、実験自体がワシ的には理解できない。
まさに「ゆとり」的アレなんで(笑)。

あー、ちなみに、うちのMac同士の転送速度は、112MB/秒が限界だな。
6
これは、Mac miniとMac Pro間。個人の趣味レベルだと、ギガビットイーサネットの安物ハブだとこれが限界。これでも、ProRes422の録画ファイル18時間分の1TBを転送するのに3時間かかる。
もう、Thunderboltのストレージや、自作機も2台以上のRAID0のストライピングで読み書きしてれば、ギガビットイーサネットは、112MB/秒の限界値でやりとりするしかないので、たかだか80MB/秒程度の遅いLANでなにをやってんだか??というレベル。Wi-Fi? 遅すぎて話にならん。

LANケーブルは、カテゴリ5の50メートル巻を買ってあるので、自分で作る。
1

LANケーブルは、こんなかんじで24個の穴が全部埋まるってて、これにカスケードで別のところの8穴ハブにも一杯で っていうかんじで、整理しつつある今で、40くらいのデバイスがつながっている。

なんか、LANケーブルを換えると音が良くなったとか、ノイズキャンセラーを噛ませたら、転送速度が速くなったとか、何を基準にどういうデータだして、判断したのか? 笑える。

とにかく、オーディオで、「空気感」が変わるだの、カルトがいたるところで湧いていて、気持ち悪い。
日本のメーカって、メカばっかりり弄っているヤツが、どうだすごいだろ?的な物作りをするから、Apple Inc.に勝てないんだよな。ジョブズは人を観てたから。その違いは大きい。それに、未だに気がつかないから、もう日本の家電メーカってマジでやばいわけ。