一昔前までは、右のルータとハブを使ってた。100BASE-Tで。当時としては、Bフレッツを十二分に生かせると思ってたんだけど。
その後、ルータのFANがあまりにも耳障りで、家庭用のファンレスのブロードバンドルータをいろいろと乗り換え、ハブもギガビットタイプを追加し・・・。

で、今回は、妻のiMacのところにあるハブが逝ったので、スイッチを交換したのを機会に私の書斎のハブを新しいのにした。

バッファローのLSW3-GT-24NSR。

ファンレスだし、ACアダプタがないタイプなので、このシリーズを私は昔からよく使っている。コレガのも使うけど。

今じゃ、購入価格は半分以下になって、速度は10倍(理論上)。
PowerMac G4で、ギガビットイーサネットのLANポートがついたんだけど、現実的には、100BASE-Tとかわらんかった。Mac OS 9では、LANは遅かった。Mac OS Xになっても遅いのは変わらなかった。

Windowsの自作機で、IntelのギガビットLANカードを入れて、数値をいじってやると、 そこそこでるようになったけど、MacはLANが遅かった。Bフレッツで、ftpサイトからダウンロードするのに、80〜90Mbpsを出そうとすると、Windowsパソコンでないとできなかった。

IntelのMacになってからだよね。なんにもいじらなくても、Macでもちゃんとイーサネットの速度が出るようになったのは。

ループしていないかを少しずつ確かめながら、LANケーブルを接続して、特に日頃は使わないものや、古いMacとか、10BASEなものは、100BASEのハブに残して、使わない時は電源を切っておくことにしている。

そろそろ、古いものは捨てて、必要な物だけを残す時期に来ているんだが、なかなか、ものが捨てられなくて、困っている(笑)
いや、私自身は、容赦なく捨てられるんだが、妻を筆頭に、私以外の家族が捨てられない人たちで、捨てるどころか、あちこちからいろんなものを拾ってくるから、困るんだよ。特に生き物は絶対にダメといっているんだが。