Sunday Gamerのブログ

日曜日にPS4やNintendo Switch、3DSでゲームをライブ配信するオヤジのブログです。HDMIのゲーム・キャプチャーシステム、DIY、電子工作、PCオーディオ、ラジオ、家庭菜園、Mac、自作PC、iPhone、Androidのネタ、EOS Kiss X8i、RealForce等、レビューも書きます。

Sunday Gamerのブログ イメージ画像
2017年春〜夏は、Nintendo Switchの「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」で遊ぶ。
なぜかYouTubeチャンネルが停止になったので、別チャンネルで復旧中。

REX-WIFISD1

 今から3年前に、WiDrawer(REX-WIFISD1)を買った。今回、その直系の後継機REX-WIFISD1Xが出たので買ってみた。REX-WIFISD1Xのレビューをしつつ、今まで買ってきたWi-Fiストレージデバイスを絡めて、ウンチクを語っていきたい。  いつも通り、結論から言うと、REX-WIFISD
『ラトックシステムのWi-Fi SDカードリーダー(スマホ充電付き)REX-WIFISD1X(WiDrawer)を買ったのでレビューする。』の画像

yuさんのご指摘により、間違いに気がついた。ということで、なぜ間違ったのか?を過去のスナップショットから、分かったこと。 1Aの方は、Data Accessと書いてある。2.1Aの方はChargeのみ。なぜ間違えたのか? たぶん、この2つ。  これを見たときに、「なんだ二枚刺しで
『REX-WIFIUSB2のUSBジャックは、同時に認識しない。』の画像

 去年、REXーWIFISD1(WiDrawer)を買ったのが運の尽きで、次々、Wi-Fi SDカードリーダ&ライターを買い集めることになってしまった。   ワシが、スマホやタブレットを触っていて、ずっと不満な点がある。それは、 動画を観るのに最適な道具なのに、内蔵のフラッシュメモリ
『ラトックシステム Wi-Fi USBリーダー REXーWIFIUSB2を買った。SG的にレビューする。13個目。』の画像

 結論から言うと、 REXーWIFISD1の無線LANブリッジは、SSIDをステルスにはできるけど、MACアドレスによるアクセス制限機能は付いていない。どこを探しても、設定できるところがない。  それから、我が家のWR9500NやWG1800HPで設定しているESS-ID(ステルスSSID)の設定を
『WiDrawer(REX-WIFISD1)は、MACアドレスの制限ができるのか?』の画像

ゆとり君のための、1行まとめiPhoneのなかのフラッシュ・メモリもHDDも増やせないので、無線LAN(わいふぁい)でつなぐUSB・SDカードリーダーライターという機械を使って、アニメ動画や漫画PDFを観る。※ 2015年11月現在 古い内容なので、書き直し中。とりあえず、こちらを
『iPad、iPhone、Nexus 7の内蔵HDDを増設する方法とiPhoneにUSBメモリをつける方法を紹介。USB3.0のモバイルHDDをWi-Fiストレージ、Wi-FiSDカードリーダ・ライタで外付けHDDにすれば良い。』の画像

※2016年11月2日、WFS-SR01に脆弱性が見つかり、LANポートにインターネットに接続してWi-Fiアクセスポイントとして使った時に、乗っ取られる危険性があるという報告あり。ファームウエアは、1.10とそれ以前のものということで、後日、対策をしたファームウエアが配布されると
『I-O DATA アイオーデータ Wi-Fi SDカードリーダーライター WFS-SR01を買った。SG的にレビューする。十個目』の画像

先日から、ラトックシステムのワイヤレス(Wi-Fi)SDカードリーダ REX-WIFISD1のファームウエア・アップデート(2.000.070 →2.000.088)が配布された。USBハードディスク(取り出し時スピンダウン)に対応しました。ファイルの日付にズレが生じる不具合を修正しました。「
『WiDrawer(REX-WIFISD1)ワイヤレス(Wi-Fi)SDカードリーダ、ストレージのファームウエアアップデートをした。』の画像

 ワイヤレス(Wi-Fi)ストレージデバイス、ワイヤレス(Wi-Fi)SDカードリーダには、ホスト機能をもつUSBジャックを持つモノがある。これに、USBフラッシュメモリやUSBのHDDをつないで、Wi-Fi経由でタブレットにアクセスすることが可能だ。2.5インチの300GBのHDDと日立の1TB
『ワイヤレス(Wi-Fi)ストレージ・SDカードリーダ&ライターのUSBにつないだHDDへのファイルのコピーを検証する。』の画像

ワイヤレス(Wi-Fi)ストレージデバイス、ワイヤレス(Wi-Fi)SDカードリーダには、漏れなくWi-Fiブリッジ機能(リピーター機能)がついている。ワイヤレス(Wi-Fi)SDカードリーダにタブレット(スマホ)で接続している間はインターネットに接続出来ない。だから、設定画面
『ワイヤレス(Wi-Fi)ストレージ・SDカードリーダ&ライターのWi-Fiブリッジ(リピーター)機能やAPモード機能を検証する。』の画像

去年の12月にRetina iPadを買い、さらにKindle Fire HDを買って、ワシのモバイル環境は一気にタブレット化してしまった。どちらも、本体に接続するストレージの簡単なモノがないので、ワイヤレス(Wi-Fi)ストレージデバイスが必要になった。で、アレコレ買ったんだけど…左
『ワイヤレス(Wi-Fi)ストレージデバイス(SDカードリーダ)は、SONYのWG-C10で決まりだ。真打ち登場!!』の画像

というわけで、今朝届いたので、この連休でボチボチテストしていきたい。やっぱり、SONYという日本を代表するメーカーブランドで、後発製品ということで、先発の製品との差を出しやすい。親切な大きな字の日本語マニュアル付き。バッテリー内蔵してるから、取扱には十分気を
『ポータブルワイヤレスサーバー SONY WG-C10を買った。軽くレビューしていく予定。9個目。 【ワイヤレス(Wi-Fi)ストレージ】』の画像

AE400は、以下の問題はあるものの、動画を観る事に関しては、非常に安定した動作とタフなバッテリーで使える。★USBメモリとSDカードを同時に挿しても、SDカードが優先されて認識される。しかも、抜き差しに対応せず、起動中に抜いてしまうと再起動するしかない。iOSでのファ
『DashDrive Air AE400で、Kindle Fire HD で動画を観る。』の画像

ADATAのDashDrive Air AE400は、ToasterPROやREX-WIFISD1、MeoBankSDと比べて、SDカードとUSBメモリ(HDD)との接続に問題があるようだ。それは、SDカードとUSBフラッシュメモリ(HDD)両方を同時に認識できないという点。しかも、抜き差しに対応しないという点も。この問題
『【ワイヤレス・SDカードリーダ】SDカードスロットとUSBフラッシュメモリ(HDD)を抜き差ししてみる。ADATA DashDriveAir AE400、ToasterPRO、REX-WIFISD1、MeoBankSD、WG-C10』の画像

WiDrawer (REX-WIFISD1)は、スマホへの充電機能、特にフルHDの動画(29.97fps、4Mbps)をストリーミング状態で、安定して観ることが出来る点については高い評価をしている。Wi-Fiの速度も、転送速度がかなり速い部類に入るはず。AndroidのNexus7にはブラウズできる専用のア
『WiDrawer (REX-WIFISD1)に差したSDカードの動画をKindle Fire HDで観る。』の画像

さて、プリンストンのモバイルワイヤレスストレージデバイスToaster PRO続き。Kindle Fire HDとRetina iPad (iPad 4)で、それぞれフルHD(1920X1080 29.97fps H.264 AAC 2ch 4.2Mbps)の30分アニメを観ている状態。Kindle Fire HDは、Toaster ProのSamba機能を利用して、ES F
『【Wi-Fiストレージ】Wi-Fi ワイヤレス モバイル ストレージ Toaster PRO PTW-TSTP(Princeton、プリンストン)で動画を観るテスト。その3』の画像

さて、プリンストンのモバイルワイヤレスストレージデバイスToaster PRO続き。一通りマニュアルを読みながら使ってみた印象としては、Toaster PROは、ワイヤレスストレージデバイスとして必要な機能は全部盛りました!的なかんじだ。しかし、それらの機能は既に先発の製品で
『【Wi-Fiストレージ】Wi-Fi ワイヤレス モバイル ストレージ Toaster PRO PTW-TSTP(Princeton、プリンストン)で動画を観るテスト。その2』の画像

プリンストンテクノロジーのWi-Fiストレージ Toaster PROを買った。付属品はPCにつなぐmicroUSBケーブル。USBメモリも差せる、電源スイッチがWi-Fiのオンオフの表示になっている。SDカードスロットは2つ。それぞれ64GB対応ってんだから、2枚で128GBか。たいしたモンだ。LAN
『【Wi-Fiストレージ】Wi-Fi ワイヤレス モバイル ストレージ Toaster PRO PTW-TSTP(Princeton、プリンストン)を買ったのでレビューする。その1』の画像

↑このページのトップヘ