Sunday Gamerのブログ

日曜日にPS4やNintendo Switch、3DSでゲームをライブ配信するオヤジのブログです。HDMIのゲーム・キャプチャーシステム、DIY、電子工作、PCオーディオ、ラジオ、家庭菜園、Mac、自作PC、iPhone、Androidのネタ、EOS Kiss X8i、RealForce等、レビューも書きます。

Sunday Gamerのブログ イメージ画像
2017年夏〜、WordPressのブログへ順次移行。
https://sundaygamer.net
なぜかYouTubeチャンネルが停止になったので、別チャンネルに移行。
ライブドア側は、メインテナンスのみ。

HDMIキャプチャー

 いままで、自作PCSkylake(Core i7 6700K)には、HDMIキャプチャーのIntensity Proを組み込んで使っていた。今回、Intensity Proの後継機にあたるIntensity Pro 4Kを買ったのでレビューする。 BlackMagicDesign社は、オーストラリアのプロ用の映像編集機器を製造販売して
『BlackMagic Design Intensity Pro 4Kを買ったのでレビューする。』の画像

 Intel Core i7の第6世代  CPU:i7-6700K(Skylake)のパソコンを組み立てた時の(ハードウエアの)インストール・メモを紹介する。  今回は、6年前の2010年11月に中古のパーツで組んだIntel Core i シリーズの第1世代(Nehalem)のi7-930&GA-EX58-UD3R(LGA1366)から
『ゲーマー系ブロガー垂涎のSkylakeの自作パソコンを組み立てたので紹介。2016年Ver【HDMIキャプチャ&ゲーム配信用パソコンの製作】』の画像

 プリンストン(PRINCETON)のHDMI入力ができるUSBビデオキャプチャーデバイス:デジ造を買った。このデジ造(PCA-HDAVMP)は、HDMI入力とコンポジット、Sビデオ入力ができて、ハードウエアエンコードで、H.264のmp4ファイルを生成できるキャプチャ・ユニットだ。 テレビ
『プリンストン デジ造(PCA-HDAVMP:HD Video Capture Unit)を買ったのでレビューしつつ活用方法をまとめる。』の画像

 ブラックマジックデザイン社のHDMIキャプチャデバイスのドライバソフト、Desktop Video 10.4になっていた。 Yosemite対応で、アップデートしている。 最近のBlackmagic Design社のドライバは、統合パッケージなのでつないだHDMIキャプチャデバイスを自動で認識する。  
『Black magic Design Desktop Video 10.4が出ていた。』の画像

公式のPlayStationブログで、 PS4のメジャーアップデートを近いうちにするという話の中に、    シェアボタンを押すことで得られるスクリーンショットや間近15分間の録画ビデオをUSBメモリにコピーする機能、 HDCPをオフにするオプションを追加し、より長いゲームプレイの
『PS4の次期メジャーアップデートは、シェアの拡大機能とHDCPオフ機能の追加等で期待できそうだ。』の画像

 Blackmagic DesignのH.264 Pro Recorderは、ハードウエアエンコーダを内蔵しているので、USB2.0の接続で、録画ファイルをパソコンへ転送できる。他のキャプチャーデバイスは、ThunderboltかUSB3.0の高速な転送が必要だ。Blackmagic DesignのH.264 Pro Recorderを2年使って
『Blackmagic DesignのH.264 Pro Recorderをつないでセットアップする。』の画像

 ワシのブログを観て、豊富なスクリーンショットやプレイ動画が貼り付けられていて、どうやっているのか?と興味が出ている人も少なからずいるだろう。ワシのキャプチャー・システムは、録画用PC(Mac)、AVアンプ他諸々含めて一式で25万円ほどで、案外安く作れるんだけど、
『【PS4】PS4のシェア機能を使ってTwitterやFacebookにアップロードしたスクリーンショットやプレイ動画をiPad(iPhone )で録り込む方法を紹介。【プレー動画】』の画像

やれやれ、雷被害からの復旧は、なんだかんだと3週間かかってしまった。とりあえず、落雷にやられる前までほぼ復旧した。HDMIスプリッタを全部買い換えたわけでなく、一番ポートHDMIポートが故障したままで、とりあえず残りの3ポートを使って復旧中。雷で故障した昨年買っ
『ゲームキャプチャ・システムも修理中。』の画像

Intensity ExtremeをMacBook Airで使用できるはずだがフル機能が使えない可能性がある。 私がIntensity ExtremeをMacBook Airで使用することをオススメしない理由を挙げよう。・ Intensity ExtremeはThunderboltデイジーチェーンの終端にしか付けられない。・MacBook AirはT

ゼルダの伝説 スカイウォードソードを相変わらずやっている。だいたい、2時間単位で録画ファイルを整理したいので、休憩も兼ねて、2時間でいったん録画を終了し、少し休んだり、用事をしたりして、時間があれば次に進めるというパターンだ。 Wiiのゼル伝スカイウォードソー
『【Wii】ゼルダの伝説スカイウォードソードはWii最高のソフトかもしれないな。【プレイ動画録画】』の画像

大晦日で、ドタバタと年末行事や掃除をして、年越しソバを食い、ゼル伝スカイウォードソードの続きをやろうと、Wii、テレビ、録画システムに電源を入れて開始しようとしても、録画機のMedia Exressに映像がでない。Deviceのプルダウンメニューをみてみると、No Device is Con
『【HDMIキャプチャー】H.264 Pro Recorderが故障したみたい』の画像

おそらく、Intensity ExtremeがIntensity Proの後継ってことか。Thunderbolt接続なので、PCIスロットをもつMac ProしかIntensity Proが使えなかったのに対して、ThunderboltなMacの全機種でHDMIキャプチャーが可能になる。キャプチャーソフトもFinal Cut Pro Xに対応してくる

↑このページのトップヘ