Sunday Gamerのブログ

日曜日にPS4やNintendo Switch、3DSでゲームをライブ配信するS爺の旧ブログです。 新しいWordPressでの見栄えのする  https://sundaygamer.net 移行しました。こちらは、メインテナンスだけです。

Sunday Gamerのブログ イメージ画像
2017年夏〜、WordPressのブログへ移行。
https://sundaygamer.net
なぜかYouTubeチャンネルが停止になったので、別チャンネルに移行。
ライブドア側は、メインテナンスのみ。

キーボード、トラックボール、マウス

PFUのHHKB-Pro(Happy Hacking Keyboard Professional)のBluetooth版が、販売されるということで、予約開始がAmazonで始まっている。  ということで、早速、Happy Hacking Keyboard Professional BTの日本語配列PD-KB620Bを予約注文した。 届き次第、レビューを書いていき
『Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列版を予約した。』の画像

 三つ折れするBluetoothキーボードは同じデザインのものがいくつかあるようだ。Amazonで確認できるだけでも5種類ある。iClever® IC-BK03、ATiC キーボード 、3E-HB066、上海問屋のDN-12891…。出所はどれも同じ中華のブルーツースKeyboardだ。いずれも、キーピッチ(キー
『Bluetooth3.0折りたたみ式ワイヤレスキーボード(EC Technology版)のを買ってみた。【キーピッチ17mm】』の画像

 ワシが愛用しているApple Keyboardの一つ、Model NoはA-1084。 右の小指で押すリターンキーとdeleteキーの動きが悪くなっていた。特に、deleteキーは推敲(ウンチクが多すぎて、半分以上削っている)の時によく使うキーだから、キートップの刻印が薄くなってしまうくらい
『キーボードのキーやゲーム機のコントローラーのボタンやスティックの動きが悪くなった時に使うオススメの潤滑剤:テフロドライの紹介。』の画像

 結論から言うと、日本で売られているMacをUSキーボード仕様にわざわざ換えてまで買う意味は無い。 USキーボードは、「にわかマカー」あるいは「アフィ・ブロガ」という蔑称で呼ばれる連中が好んで使う傾向がある。US配列をあえて選択する人には、まず金銭的負担が生じる。
『Mac(MacBook)を初めて買う人へのアドバイス:USキーボードが良いのか?JISキーボードが良いのか? その違い、メリット・デメリットを説明しよう。』の画像

 Anker® ウルトラコンパクト Bluetooth ワイヤレスキーボード(Anker A7721)を買った。2799円。  前回買った Anker ウルトラスリム・ミニ Bluetooth 3.0 ワイヤレスキーボード(2500円)もシンプルだけが取り柄のようなチャチィ キーボードで、PLANEX Bluetooth USBア
『Anker ウルトラコンパクト Bluetooth ワイヤレスキーボード 充電式 を買った。5千円以下のBluetoothキーボード4個目。【キーピッチは19mm】』の画像

 一昨年になってしまうのか… 2013年12月にADBポートのApple Keyboardを現行のMacでも使えるようにADB→USB変換機を作った。 しかし、故障。原因は断線。きちんとケースに入れて使うべきだった。 最近になって、初めてMacを買うのに、高い骨壺Mac Proを買い、それに見合
『正月だし雪も降るので家にこもって修理をしていた。Apple KeyboardのUSB変換機の断線を修理とか。』の画像

 左手でキーボードのショートカット、右手のトラックボールでマウス操作。高速なテキスト処理も、フォトショップで画像をトリミングして、ブログにアップするのに小さめのファイルに変換するのも、左手を中心としたキーボード・ショートカットを使うと速くなる。 テキストの
『Mac OS Xの良くあるFider操作:テキストの書式(文字の大きさ、太字、色)をそのままコピーしないコピペ、ファイルの移動。これくらいは覚えとけ。』の画像

 ガジェット系アフィ・ブロガが、こぞって買うAnkerブランドのワイヤレスキーボード(Anker ウルトラスリム・ミニ Bluetooth 3.0 ワイヤレスキーボード ホワイト)を買ってみた。   税込み2200円って…、これによく似たAppleのWireless Keyboardは、円高消費税増税で5千円
『Anker Bluetooth Wireless Keyboard(アンカー Bluetooth ワイヤレス ミニキーボード)を買った。iPad、iPhone、Nexus 7、Kindle Fire HDXで使う』の画像

 Anker ウルトラスリム・ミニ Bluetooth 3.0 ワイヤレスキーボード ホワイトを買った。いろいろな機器につないで遊んでいる。  それぞれのつなぎ先によって、キーボードの取扱いや変換が違うことに戸惑っている。 PS4とAnkerのBluetooth Wireless Keyboardの接続について
『Anker Bluetooth Wireless Keyboard(アンカーミニブルーツースワイヤレスキーボード)をPS4につないだ。』の画像

さて、ADB to USB ConverterをDa Vinci(ダ・ヴィンチ)32Uを使って作る話の続き。 実は、まだ成功していない。とりあえず、今まで自分のやったことを整理しておく。用意したものは、部品ATMEGA32U4を使ったマイコンボード「Da Vinci (ダ・ヴィンチ)32U 」Arduino Bootloa
『ADB to USB keyboard converter(iMateみたいなの)を作る。その1』の画像

さて、前回書いた記事の続き。ADBとUSBの変換アダプタiMateは、入手しにくくなった。前々から、PICマイコンでiMateを作れないかと探していたんだけど、海外でArduinoを使ったADB-USBコンバータを製作した話題がでていて、ソース、バイナリが配布されている。日本国内でも、そ
『ADB to USB Converter(iMateみたいなの)を作る。その0』の画像

ATOK2013自体は、Mavericksで使えるので問題はない。しかし、デフォでは、「ことえり」だけしか登録されていない 。「システム環境設定」の「言語と地域」の「優先する言語:」は日本語に設定。さらに下の「”キーボード”詳細設定...」から。タブの「入力ソース」を開いて、
『Mac OS X 10.9(Mavericks)のATOKの設定が面倒だ。』の画像

 一日中触っている、ワシの愛用のトラックボール(Kensington Orbit Optical #64327)。Mac Proにつないで使っている。 デュアル、トリプルモニタで使うんで、マウスポインタを左右、斜め上下に大きく動かすときに、ボールが物理的に慣性で回るというのはすごくいい。マジ
『ケンジントン オービットオプティカル (Orbit Optical)トラックボールの右ボタンが押しても反応しなくなったので修理した。』の画像

↑このページのトップヘ