ヘッドホンのアームで頭がしめ付けられて痛いという人がいます。人の頭の大きさは、誰一人同じ人がいないので、同じヘッドホンでもキツいという人もいれば、緩くてズレると言う人もいます。

ヘッドホンが緩い、きついをネット上で論じる上で、物差しのような絶対的評価になる方法が確立されていないので、ここに私が定義します。

測定状態

準備するもの。

  • DIYやスピーカーを作る時に使うクランプ
  • 1Kgまで測れるデジタルはかり
  • 厚さを確保するためのスペーサー
 入手性が良くて、誰もが簡単に測れるようにします。ブログでのレビュー等で、自分でやって再現できなければなりませんので。

ヘッドホンの締め付けを計る

 計りは、重力方向にしか使えません。そこで、ヘッドホンを横に挟むようにして測ります。自分の頭の耳の間の距離を測って、スペーサーの厚さを変えます。ただし、スペーサーはヘッドホンに自身の重さが伝わらないように机に固定されている必要があります。力が多少かかっても寸法変化の少ない軽いモノがいいでしょう。

 計りに表示される重さから、ヘッドホン自体の重さを引けば、ヘッドバンドの頭を締め付ける力がわかります。

自分の耳の間を測る方法

 町工場などで、30cm程度の幅を計る大きなノギスを持っているのなら、それで計ります。私は持っていないので、ノギスに代わるクランプを使いました。

耳の高さで顔の幅を測る

 PCオーディオをやる人なら、スピーカーのエンクロージャを作る人も多いと思うので、数本もっているはずです。もちろん、DIY(日曜大工)をする人も持っていますよね。

 私の左右の耳の間の距離(幅)は、約17cmです。側頭部の幅の広いところは、18cmくらいあります。人種や性別によって頭蓋骨のカタチが違います。詳しくは解剖学(骨学)で知ることができます。

ヘッドホンの締め付ける力を測る

ヘッドホンを計る ヘッドホンの締め付けを計る

 まず、計りでヘッドホン自体の重さをはかってメモを取ります。次に、スペーサをはさんで、ヘッドバンドの締め付けた状態での重さを量ります。その測定値からヘッドホン自体の重さを引くと、ヘッドバンドが耳と耳の間を締め付ける力(側方圧)になります。

 以上を踏まえて、ゴールドワイヤレスステレオヘッドセット(ワイヤレスサラウンドヘッドセット)とプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット、3千円のキングトップの安物ヘッドセットのしめつけ具合を計ってみました。

何度か計って、平均値を取ります。

プレミアム コールド K11
本体の重さ 330 300 270
計りの重さ 680 730 560
しめつけ強さ 350 430 290

 結果は、予想通りでした。手で持って広げた具合から、プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセットよりも、ゴールド(ワイヤレスサラウンドヘッドセット)の方がキツいかんじがしていたので、その感覚が間違えていないことが分かりました。 おそらく、ゴールドで不評だった頭を挟まれて耳が痛くなるというクレームを受けて、プレミアムでは、洗濯ばさみに挟まれる感覚を少し緩めたつもりだったんだと思います。

 交互に装着して比べると、頭頂部分のスペースが違うためイヤーパッドの当たり方の違いがわかります。むしろ、ゴールドワイヤレスサラウンドヘッドセットの方がキツいはずなのに、耳を締め付けるかんじが少なく感じます。数値化して自分の感覚を補正する重要性が、実感できます

まとめ

 ヘッドホンの善し悪しは、音よりも、装着感の方が重要です。ヘッドホン装着時の快適性は、ヘッドバンド部の頭をはさんでしめる力(側圧)が大きく影響します。さらに、その力を耳の周りに分散して押さえつけるイヤーパッドの柔軟性など、いろいろな要素が加わって善し悪しが決まります。

 ヘッドホンを使う人間の顔の幅、耳の形、頭のカタチなど、あまりにも不確定要素が多すぎます。ヘッドホンの善し悪しを価するために、誰でも簡単にできる再現性の高い計り方とその基準が今まで無かったことが、ヘッドホンのオカルト化に拍車をかけていました

 今回、この方法をみんなに知ってもらって、ブログでヘッドホンの締め付け具合を計るベンチマークにしてもらえると、個人差や主観的な評価(思い入れ)を排除することができます。

 ただし、このような測定器具を自作する場合、校正ができません。つまり、相対的な数字しかでませんので、みんなが持っているメジャーなヘッドホンの数値を一つ入れて、基準にすることを忘れないようにしましょう。

 そういう意味では、ワイヤレスヘッドホンとして、最もメジャーな存在である、SONYのゴールドワイヤレスステレオヘッドホンか、今回のプレミアムワイヤレスヘッドホンや安価な中華のヘッドセットを一つ持っていて、これに比べて、このヘッドホンは〜 みたいな語り方(ブログでのヘッドホンのレビュー記事)で、説得力が強くなります。

 ぜひ、この方法を使って、他のヘッドホンのキツさを評価してください。