PS4は、インターネットに接続してPlayStation Network(PSN)に接続しないと使えません。PS4のネットワークの設定は一番最初にしなければならない最重要項目です。

 PS4 Proのスペックのうち、ネットワーク(通信)の性能は…

  1. 有線LAN:Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
  2. 無線Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 

です。特に、無線LAN(わいふぁい)は、IEEE 802.11 /ac という5GHzの周波数帯の通信に対応して、2.4GHzの混信の多い周波数帯しか使えなかった旧PS4と比べて高速な無線通信ができるようになっています。

以下、

PS4の有線LANと無線LANのつなぎ方を解説します。

なお、我が家のインターネット回線は、NTT西日本のフレッツ隼(1Gbps)で、ONU(光終端末器)へつなぐWi-Fiルーターは、NECのPA-WG2600HP2を使っています

1)PS4 Proの有線LANの接続とローカル固定(静的)IPアドレスの設定

 インターネットにつながるLANに、ケーブルでつなぐと、PS4は自動でDHCPサーバからのIPアドレス割り振りをもらって、ネットに接続する。

 スマホやタブレットや携帯ゲーム機が、何台もWi-Fiにつながるようになったので、Wi-FiルータからのDHCPサーバからの割り振りでは、接続が不安定になる。そこで、ローカル固定IPアドレスに変更する。

 手順は、

  1. 「設定」「ネットワーク」「インターネット接続を設定する」
  2. どのようにネットワークに接続しますか? 「LANケーブルを使う」
  3. どちらの方法でインターネット接続を設定しますか?「カスタム」
  4. IPアドレス設定 「手動」

 それぞれの家庭のWiFiルーターの設定で違ってきますが、例として、

  • IPアドレス:192.168.0.111 ← スマホや3DS等の携帯ゲーム機と重複しないアドレス
  • サブネットマスク:255.255.255.0 ← これは、呪文みたいなものでお決まりのヤツ。
  • デフォルトゲートウエイ:192.168.0.1 ← WiFiルーターのローカルIPアドレス 192.168.11.1とかも
  • プライマリーDNS:192.168.0.1 ← Wi-FiルータのIPアドレスにする
  • セカンダリーDNS ← 通常は入れなくても良い。

にしておきます。動画にしておきました。


 セカンダリーDNSについては、Wi-Fiルータに設定したネームサーバ(DNS)が安定せず、つながらない時に、プロバイダのDNSのIPアドレスをいれると安定することがあります。 

2)PS4 Proを無線LAN(Wi-Fi)接続とローカル固定IPアドレスの設定方法

大まかな手順は、

  1. 隠蔽したSSIDに接続し、接続を試みる
  2. PA-WG2600HP2でPS4のMACアドレスを登録してアクセスできるようにする
  3. ローカル固定IPアドレスで設定し直す。

接続を設定する 設定、ネットワーク接続を設定する 

Wi-Fiを使う どのようにネットワークに接続しますか? 「Wi-Fiを使う」

設定を使いますか? Wi-Fiで接続する設定がすでにあります。すでにある設定を使いますか? 「いいえ」

カスタム どちらの方法でインターネットに接続を設定しますか? 「カスタム」

手動で設定する どのWi-Fiネットワークを使いますか? 「手動で設定する」

手動で入力する 手動で設定する 「手動で入力する」

SSID SSID 5GHzのSSIDをいれる。

セキュリティー方式 セキュリティ方式 「WPA-PSK / WPA2ーPSK」

パスワードは何ですか ”(5GHzのSSID)”のパスワードは何ですか? 暗号キーをいれる。

DHCPホスト名 DHCPホスト名 「指定しない」

DNS設定 DNS設定 「自動」

MTU設定 MTU設定 「自動」

プロキシーサーバー プロキシーサーバー 「使わない」

接続診断をする インターネットの接続を診断する

接続できませんでした WiFiルーターのPA-WG2600HP2へ接続を試みるも失敗。
「Wi-Fiネットワークに接続できませんでした。Wi-Fiネットワークの電波が弱すぎる可能性があります。(NWー31295-0)」 と出ますが、PA-WG2600HP2がMACアドレスフィルタリングで接続拒否をしているだけです。

接続の状況をみる「ネットワーク」まで戻って、「接続の状況をみる」へ

MACアドレスをメモる 下へスクロールして、「MACアドレス(Wi-Fi)」のアドレスをメモる。

 

ブラウザーでWiFiルーターのPA-WG2600HP2へアクセスし、「見える安心ネット」を開く。
見える安心ネット1 見える安心

PS4 ProのMACアドレスの端末を登録する

接続を診断する「ネットワーク」まで戻って、「インターネット接続を診断する」

接続診断を完了

PA-WG2600HP2の見えて安心ネットを見ると…
見えて安心ネット3
5GHzで接続しているのが分かります。
次に、

ローカル固定IPアドレスに変更するために、同じ手順で、Wi-Fiを設定していく。

IPアドレス設定手動 IPアドレス設定 「手動」を選択

例として

  • IPアドレス:192.168.0.106 ← スマホや3DS等の携帯ゲーム機と重複しないアドレス
  • サブネットマスク:255.255.255.0 ← これは、呪文みたいなものでお決まりのヤツ。
  • デフォルトゲートウエイ:192.168.0.1 ← WiFiルーターのローカルIPアドレス 192.168.11.1とかも
  • プライマリーDNS:192.168.0.1 ← Wi-FiルータのIPアドレスにする
  • セカンダリーDNS ← 通常は入れなくても良い。

にします。

IPアドレス入力 IPアドレス設定終わり 

MTU設定 「自動」

プロキシーサーバー 「使わない」

 接続診断完了 接続診断でテストする。

 これで、PS4 Proで、5GHz帯のWi-Fiが使えるようになります。ただし、PS4は、ネットワークの速度と安定性が何よりも重視されるので、Wi-Fiでの接続は、まったくもってオススメしません。可能な限り、有線LANケーブルを引っ張ってきてつなぐようにしましょう。

合わせて読みたい。