PS4 Proが届いたのでレビューしつつ、PS4 Proの使いこなしと、問題点についてまとめます。

PS4 Proと、いままでのPS4とスペックの違いをざっくり箇条書きにすると…

  • CPUとGPUのハードウエアの性能がアップし、ボディが大きくなり、価格も48580円と高くなった。(PS3までは、簡素化、軽量化、コストダウンしかなかった)
  • UHD(4K)に対応し、1080p/60 から、2160p/30にスケールアップして表示できる。
  • 今までのPS4で処理が追いつかず、(1080p/60で表示できず1080p/24くらいまで)フレームレートが落ちていたシーンがあったけど、PS4 Proは起きない。マジですごい。
  • UHD(4K)なので、YouTubeやNetflix等の動画配信サービスでUHD(4K)ソフトが見られる。
  • ブロードキャストは、720pまでだったのが、PS4 Proなら1080p/60fpsの高品質動画を配信できる。
  • ビデオクリップの録画ファイルは、720p/60fps→1080p/60fpsで録画ができるようになり、スクリーンショットは、3840×2160ピクセルのUHD画質になった。
  • PSVRに最適化されている。
  • 性能が良くなった分、消費電力がアップ(140→170W)し、発熱もそれなりに増えた。

PS4 Proを買ったら、そろえなければならない便利な物やサービス

  1. AC電源(コンセント)とUPS
  2. PS4 本体(PS4 ProにはHDMIケーブルがオマケで付いている)とスタンド
  3. HDMI入力のあるテレビかディスプレイ
  4. 遊ぶゲームソフト
  5. インターネット回線
  6. Bluetoothのキーボード
  7. PlayStation Plusに加入(12ヶ月利用権 5143円)
  8. ヘッドホンAVアンプと5.1chサラウンドシステム

1)AC電源(コンセント)

 PS4 Proは、ノートパソコンやテレビより電気を食うので、たこ足配線にせず、しっかりと差し込んで使いましょう。

 PS4 Proの消費電力は、スタンバイモードで1W以下、アイドリングで65〜70W、ブロードキャストしながらの1080p/60fpsで3Dモデリング計算をするゲーム(ナック等)で110〜170Wと、初代PS4(〜140W)とさほど?(笑)変わりません

 スタンバイモード(スリープ)で使う方が何かと便利(ソフトのダウンロードやリモートプレイ)なので、瞬間停電で勝手に電源が落ちてHDDが壊れるのを防ぐ意味でも、無停電電源(UPS)につなぐことをおすすめします。PS4の電源やUPSについての記事はこちら

2)PS4 本体

 本体は、初期型のPS4よりも大きく重いです。2016年秋に発売されたPS4 SlimやProは、横に置いて使うことを強く意識した筐体になっています。しかし、置くスペースの関係で縦置きをする必要がある人は、純正のスタンドを買う必要があります。

3)テレビかディスプレイにはHDMI入力端子があるものを用意

 昔のテレビは、解像度が低く粗いので、PS4をつないでも、素晴らしい映像を楽しめません。UHD(4K)のディスプレイかテレビを買いましょう。

 私も、UHD(4K)ディスプレイを買いました。実売価格3.5万円の23.8インチのUHD(4K)ディスプレイ【LG 24UD58-B】のレビュー記事はこちらから。

4)PS4用のゲームソフト

 PS4 Proに対応したものなら、UHD(4K)にアップコンバートして画像を綺麗に表示できるものがあります。自分の好みで選びましょう。

5)インターネット回線(光ファイバー)

 光ファイバーの回線を家に引いている家庭は、有線LANケーブルでつなぎます。 無線LANは遅いので、やむを得ない場合だけ使うようにしましょう。ゲームソフトをダウンロードして買う場合、1本50GBくらいありますので、遅い回線なら、何日もPS4を付けっぱなしにしておかなければなりません。

 スマホのテザリングやWiMAX等のモバイルルーターは、電話回線を使ったデータ通信は一ヶ月7GBの制限がありますPS4本体のソフトウエアアップデートとゲームソフト数本の修正アップデートファイルをダウンロードするだけで、7GBの制限を超えます。使いものになりません。

 そもそも、PlayStation Plusに加入して、オンライン対戦(マルチプレイ)やブロードキャストは、速度的にも無理ですし、容量制限に一瞬で引っかかるのでできません。 

6)Bluetoothのキーボード

 PS4で、いろんな登録をする時にキーボードが必要です。DUALSHOCK 4のコントローラだけでもできますが、不便です。特におすすめのロジクールのk480のレビュー記事はこちらから。

7)PlayStation Plusに加入する。

 PlayStation Plus(PS Plus、PS+、PSプラスと略す)に加入することを強くおすすめします。PSプラスのメリットとお得な情報は、こちらのページで詳説しています。参考にしてください。

8)ヘッドホンやAVアンプと5.1ch(7.1ch)のサラウンドシステムにつないでゲームする

 AVアンプと5.1chにゲーム機をつないで遊ぶ方法については、こちらのページで詳細に解説しています。

 PS4 Proに同梱されている、モノラルのイヤホンとマイクのヘッドセットの使い方は、こちらのページで解説しています。

 ヘッドホンについては、PS4 ProをHDMIでつないだディスプレイのヘッドホン端子に挿すことで使えます。

 マイクとヘッドホンが付いたヘッドセットについては、USBのオーディオインターフェイスにつなぐことで、PS4 Proの本体のUSBにつないで使えます。

PS4 Proのフォトレビュー

PS4-Pro内容物

 取説は、クイックスタートガイド、セイフティーガイド、アフターサービスのしおり、「保護者の方へ」が入っていました。ACケーブルは、1.5m。UHD(4K)対応のHDMIケーブルは、2m。新型のコントローラ DUALSHOCK 4(CUH-ZCT2J)、モノラルイヤホンのヘッドセット、DUALSHOCK 4をPS4 Pro本体につないで充電したりするmicroBーUSBケーブルが付いています。

 2014年2月23日、Amazonから一日遅れで届いたPS4は、全く電源が入らない不良品でした。

PS4起動テスト

 だから、今回も、すぐに箱を開いて、ディスプレイにつないで起動することを確認しました。いつも通りの初期化した状態のPS4の最初の画面がでることを確認して、電源ボタンを押すとシャットダウンします。あとは、AVアンプなどにつないで、セットアップしていきます。

PS4 Proのセットアップ手順を紹介

PS4の縦置きスタンドを取り付ける。

PS4スタンド1 PS4本体下

PS4 ProとPS4 Slimでは、取り付けのジグが違います。確認してください。

PS4スタンド PS4スタンド1

説明書通りに、重ねてネジで止めてスタンドを取り付けます。

PS4 Proの裏表のインターフェイス、ポート類のチェック

PS4Pro裏部

 PS4の裏側には、USBポートがありませんでした。PS4 Proには、PSVR用にUSBポートが一つ追加されました。USBポートは、表2つ裏に1つで「Super-Speed USB (USB 3.1 Gen1)」です。HDDの交換箇所と、有線LAN(RJ-45)ポート、光デジタル出力端子、「AUX」というPlayStation Cameraのケーブルをさすポート、HDMIポート、ACコードを挿すコネクタがあります。

PS4Pro前面パネル PS4Proスイッチ

 PS4の前には、(クリック感のある)電源ボタンとイジェクトボタンがついています。パッと見た目は、どこがボタンなのか分からない懲りすぎたデザインです。初期のPS4の電源ボタンやイジェクトボタンがタッチ式(静電センサー)だったので誤動作が起きやすかったんです。

PS4 ProのゲームソフトやBlu-rayディスクの出し入れのやり方

 初代PS4の時も黒くて溝のあるデザインのため、ディスクをいれるスリットがどこにあるのか?分かりにくくて最初は戸惑いました。
PS4-Proのディスクを入れる
 電源ボタンから、SONYのロゴへかけての溝をみると、スリット(隙間)が見えますから、そこにディスクを入れてください。PS4 Proを立てて使う時は、こんなかんじになります。ディスクの向きも参考にしてください。

PS4 ProをAVアンプのラックに組み込んで起動してみる。

PS4Pro配線 PS4Proと旧PS4

 スチールラックのPS4の横にXbox360を置いていたのを撤去して、PS4 Proを入れました。配線は、HDMI、PS4につけていたPlayStation Camera、有線LANケーブルとACコードを挿して、ラックに立てました。

 いいかんじに収まってホッとしたところで、さっそく起動してみよう。

PS4 Proを起動する

 PS4 Proの前のUSBポートに、付属のmicroBーUSBケーブルを付けて、付属のDUALSHOCK 4(CUH-ZCT2J)をつないで、起動します。


 起動して、有線LANでインターネットにつながると、システムソフトウエアアップデート4.0.5があるのでアップデートをするところまで。

 アップデートが終わったら…

 PlayStationNetwork (PlayStation Plus)に接続するなどの作業のために、Bluetoothキーボードを登録していきます。

BluetoothキーボードをPS4 Proへ登録する。

ロジクールのk480がPS4のキーボードとして、おすすめです

k480切り替え k480-1

 接続先を切り替えて、2番をPS4 Proに割り当てます。


 動画では、まったく無垢のPS4 Proのストレージの状態をチェックした後、Bluetoothのキーボードk480を登録するところまでです。

空き容量

 ちなみに、起動したばかりの無垢のPS4 ProのHDDの空きは、861.3GBです。

前のPS4からPS4 Proへデータの移行をする方法

 移行するための条件として、「旧PS4、PS4 Proともに、同じPSN(PlayStation Network)のアカウントで紐付けし、ログインした状態で稼働している」ことが大前提です。つまり、新旧のPS4共にLANでつながり、インターネットに接続している状態です

 SONYのゲーム機は、PSN(PlayStation Network)に接続して紐付けされる必要があります。特に、PlayStation Plusに加入しておくと、すべてのサービスを受けることができます

PSNログイン

 PS3とPSP時代から、PS4とPS Vitaと使ってきているユーザなら、PSNのアカウントを持っていると思います。 私も、日本のPSNのアカウントは3つ、アメリカのPSNを1つ持っています。PSNのアカウントを持っていない人は、アカウントを登録するところから始めなければなりません。

 先にBluetoothのキーボードの登録をした理由は、こういったアカウントへのログインで、英数文字をたくさん入力することが必要になるからです。


 「設定」→「システム」→「別のPS4からのデータを移行する」を実行します。

 移行する側の旧PS4も起動し、PSNに接続した状態にしておきます。こちらも、同じPSNのアカウントでログインして作業を開始します。

 PS4 Pro側で、旧PS4を見つけたら、PS4の電源ボタンを1秒以上のチョイ長押しで「ピッ」と音がするまで押すと、移行が始まります。

 500GBのうち、314.4GBを使っていたので、その移行にかかった時間は、約70分でした。Wi-Fiでの接続は全くもっておすすめできません。

 ちなみに、移行後の元の旧PS4は、3DSのように初期化されるわけではなく、以前と同じになっています。そのまま、違うディスクをいれて、それぞれでゲームをすることができます。これで、PS4の二台体制ができました。

 移行できるデータ等は、

すべてのユーザーと設定(必須) ※いつも使う PS4® は、今までお使いの PS4® か新しい PS4® のどちらかだけに登録できます。

ゲームやセーブデータ(任意)

スクリーンショットやビデオクリップ(任意)

詳しくは、公式サポートページを参照してください

 PS4の二台体制の場合、PlayStation NetworkやPlayStation Plusは、同じアカウントで同時にアクセスできません。同じアカウントで2台のPS4を起動している場合、後からPSNに接続した方が優先され、先に起動しているPS4のアカウントは強制ログアウトされます
 移行する時に、「いつも使うPS4」も一緒に新しいPS4へ移行するにしておきます

 2つのアカウントを使えば、同時にPSNにつながり、PS Plusの利用権をどちらも買っていれば、さらに便利になります。

PS4の細かい設定をする。

PS4の名前を旧PS4と違う名前に変更します。PS4→PS4 Pro というかんじです。

PS4のネットワークの細かい設定(静的IPアドレス)をする。

 見えて安心ネット3 接続診断完了

有線LANで接続と無線LANでの接続方法とプライベートIPアドレス(静的IPアドレス)の設定方法については、こちらのページに詳説しました

順次、修正・追加していく。

PS4 Proの問題点 良くある質問(FAQ) まとめ

UHD(4K)の接続が厳しい点

 UHD(4K)出力がシビアなので、UHD(4K)のディスプレイ(テレビ)にPS4 Proを直結するしかないようです。

001

 その結果、5.1chのために音声出力をAVアンプへ光デジタルでつなぐ方法を、現状ではとるしかありません。7.1ch以上は、光デジタル出力では実現できません。

 つまり、UHD(4K)とHDRのパススルー対応の最新のAVアンプへリプレイスすることで解決するのがてっとり早いことになります。

PS4 ProをUHD(4K)テレビにつないだけど映像がでない。

 HDMIの掴みに失敗しています。

付属のケーブルでPS4 Proとテレビを直接つないでから、テレビでHDMIの入力端子を間違えないように選んで、PS4 Proを起動しましょう。

 それでも、真暗な場合は、こちらのページで詳しく対処方法を解説しています。

1080p(2K)環境なのに4KのPS4 Proを買うメリットとは?

  • 敵がワラワラと画面いっぱいにでてきて、激しく動く画面で、全くカクつかない。
  • タイタンフォール2で、ロボット同士の戦いの時、派手なミサイルなどの攻撃が錯綜する中でも、背景や爆発の描画がカクついたり、ギラついたりしない。
  • BATTLEFIELD1で、砂漠などの岩の表面性状、砂嵐の表現、枯草の動きがつぶれていない。
  • ブロードキャスト機能が、720p/60から、1080p/60で配信できる。(1080pで配信するのは結構大変なんだよ。)
  • UHD(4K)のディスプレイで、2160pのUHD出力と1080pのFHD出力画面を見ても、正直その差が分からない。ブラインドテストをして、パッと判断できる人はいないと思う。
  • アップスケーリングの4Kの意味より、HDRの効果が高いと思うが、今のところ、HDR対応のテレビが高い上に、安いものは遅延が大きく、ドンパチ・ゲームするのに適していない。

 YouTubeへのブロードキャストで、1080p/60が選べることに注目して欲しいです。このフルHDで配信するための機材を5万円では作れませんよ。BATTLEFIELD1キャンペーンのブロードキャストの例はこちら

PS4 Pro対応のゲームソフトの一部に最適化されていないものがある

 海外のゲーム情報サイトに、PS4 Proに対応しているはずのゲームソフトが、逆に初代PS4にも劣るグラフィック性能になっているという指摘があがっています。昔リリースされたソフトなので、パッチのバグでしょう。

 最近リリースされたものは、あらかじめテストされているので問題もおきにくいと思われます。BATTLEFIELD1のパッチ1.04でも綺麗に表示されないという問題が起きたようです。テストしてみます

PS4 Proのファンの音も気にならない。

 室温が30度を超えるような夏場とは違うので、初代PS4、PS4 Pro共にファンの音が耳障りになるほどの全開で回ることはありません。

 PS4 Proの周辺温度が25度前後になってくると、実測150Wを超える電力を使う画面がグリグリ動くようなシーンから、ファンの音が耳に聞こえるようになります。

 後方への排気も十分できているようで、筐体は暖かい程度で収まっています。サーモグラフィーは、フル稼働をしている時にFLIR Oneで撮りました

PS4Proサーモグラフィー

 室温20度で、タイタンフォール2を三十分以上遊んだ状態です。ラックの狭いところにしまい込み、後方排気の状態をサーモグラフィーで観察します。排気温度は45度前後で、PS4 Proのボディも後方になると43度くらいと放熱しているのが分かります。

 重要なのはPS4 Proの本体前側の吸気部へ、後方へ排気される暖かい空気が回り込んで入らないようにすることで、後方排気の配慮が必要になります。

ワイヤレスコントローラー DUALSHOCK 4の黒が区別が付かない

 初代PS4のDUALSHOCK 4(CUH-ZCT1J)とPS4 ProのDUALSHOCK 4(CUH-ZCT2J)の違いは一目で分かりますから、間違えないと思います。詳しくは、こちらに書きました

PS4 Proの4K映像出力(2160p-YUV420と2160p-RGB)について解説

2160pRGB 
  • 色空間:色を構成する3つの成分(Yが輝度、Cbは青、Crが赤の色差成分)を三軸にして色を座標で表記する。
  • 色深度:CG(コンピュータグラフィック)でつかう色情報、?ビットカラーという表現のやつ、今は、DeepColor(30、36、48ビットカラー)で表現できない色はなくなったが、データ量も多くなった。
  • HDMI1.4:UHD も30Hz(fps)までは対応しているが転送量が少ないので限界になっていた。
  • HDMI2.0:HDMIの規格で、データ転送量が18Gbpsまで拡張。それでも、2160p/60fps &HDRには、転送量が足りない。
  • YCbCr:ビデオ(映像)信号の色空間の表記規格
  • YUV:動画フォーマットでよく使う
  • YPbPr:YCbCrがSDアナログ映像で使われていたが、HDのデジタル信号ならYPbPrという表記をみる。なぜか、HDMIはデジタルなのにテレビでの入力信号表記に「YCbCr」が使われている。
  • YCbCr(4:4:4):色の成分を全部4で記録するため、情報を省かない非圧縮の状態でデータ量は最大、画質は最高、データ転送量も最大
  • YCbCr(4:4:2):業務用ビデオに使われる方式で、Y成分以外のCbとCrは半分に省く方式で、データ量は省く分少なく、取り扱いがしやすい。
  • YCbCr(4:1:1):余り見ない規格
  • YCbCr(4:2:0):お馴染みのMPEG規格でも使われていて、最も多く使われる圧縮(間引き)方式
  • YUV444:水平4pixelに、PbPr分を4pixelで表記し、データ量は24 bit/pixel 
  • YUV422:16 bit/pixel
  • YUV420:デジタル放送の方式
  • sRGB:Adobeが提唱するsRGBの拡張版をAdobeRGBという。RGBは、画素1pixelに色情報を持つため、2〜4pixelで色情報を持たせるYUVと比べて、動画のフレーム一枚当たりのデータ量は多くなる。つまり、4K動画のデータ転送量はメチャ多い。
  • Deep Color:HDMIの拡張機能で、RGBの三色の色成分(色深度)を8bitの256段階から、10、12、16bitと増やしてより細かい色がつかえるようになる。その分、転送するデータ量は増える。
  • HDR(ハイダイナミックレンジ):色、明るさのコントラストをさらに拡大して、実際の風景を眺めるのと同じようになるけど、その分データ転送量が増えて、ケーブル、諸々が厳しいことになる。→ HDMI2.0規格でも、2160p/60とHDRの両方をフル転送できない。

 以上のことを念頭にして、4Kテレビで、

通常モードは、「2160p YUV420」、高速モードが、「2160p RGB」で、どちらも、PS4 Pro側から認識できるのなら、「2160p RGB」の方がデータ転送量が多いので映像が綺麗ということになります。

2160p-

 安物の4Kディスプレイだと、YUV420に対応していなくて、表示できないことがあります。そもそも、HDRに対応していないので、2160pRGBで表示できるはずです。

 できない場合は、あきらめて1080p/60の安定したフレームレートでのプレイを楽しみましょう。

 PS4 Proに限らず、HDMI2.0の仕様により、UHD(4K)で2160p/60fpsのRGB表示とHDRのデータも合わせて転送することができません。そこで、YUV420やYUV422のデータを間引く表示に落としてHDRの情報を合わせて転送する仕様になっています。「2160p-RGBかつHDRが有効」はあり得ません。→ 実はあります。「4KーRGB」と表示するテレビの入力信号について、くわしくコメントをくださった方がいるので、コメント欄を参照してください。YUV444 / HDRとかです。

 UHD(4K)&HDRの高いテレビとPS4 Proを使っていて、突然の暗転(ブラックアウト)があるとしたら、この2160p-RGB&HDRオフ→ YUV420&HDRオンへの切り替えと同時に起こる、HDMIの信号のつかみの失敗によるものだと思います。昔から、720pと1080pの切り替え時でブラックアウトするのは、よくあることでしたから。

 ですから、2160p-YUV420とHDRが有効になる、UHD&HDRテレビかディスプレイを持っている人がうらやましいです。

 2017年は、部屋をすこし片付けて、一番小さいブラビアUHD&HDRか東芝のヤツを買いたいと思っています。その前に、4KとHDRパススルーのAVアンプへ買い換えないことには…。

 あこがれの4K、しょせんアップスケーリングなので、言われない限りパッと見た目の差が分かりません。

 2016年11月24日、発売から2週間で、Amazonでも定価の48578円(税込み)で売られるようになっています。PS4 Proはゲーム機本体だけでは済まないので、誰もが買える価格のミニファミコンとは購買層が違います。

PS4 Pro の内蔵HDDは1TBですが、すぐに足りなくなりますか?

 PS Plusに加入して、フリープレイのゲームをたくさんダウンロードすると容量がなくなります。遊ばないソフトは削除することで、やり繰りすれば、1TBで十分足ります。たとえ足りなくなっても、(システムソフトウエア4.50以降で)USB接続のHDDをつないで拡張ストレージとしてフォーマットすれば、内蔵HDDと同じように、ゲームアプリケーションを外付けのHDDへインストールしたり、移動することができます

 PS4はビデオクリップを自動で録画する機能があるので、そのたまっているビデオクリップを削除することで、容量が確保できます。その方法は、こちらのページで解説しました
PS4ProHDD交換5 

 PS4 Proの内蔵HDDを2TBのSSHDに交換し、1TBのHDDを初代PS4にドミノ交換した記事はこちら

システムソフトウエア4.50以降で、PS4 Proにはブーストモードが付く

 PS4 Proに対応していないソフトも、グラフィックは強制的に1080p/60fpsにする等、ブースト機能がつきます。システムソフトウエアアップデート4.50で、その「ブースト」具合は 追記します。