任天堂のWii UやNintendo Switch 、PS3以前の据え置きゲーム機には、PS4のようにゲーム機本体だけでプレー動画を動画サイトに配信するライブストリーム機能がありません。

 そこで、

Macで、無料のOBS(Open Broadcaster Software)を使ってYouTube(gaming.youtube.com)にプレイ動画を配信(ライブストリーム)するため方法を紹介

します。

 検索サイトで上位にでてくるOBSに関する記事の内容は古く間違いも多いので全く参考になりませんでした。これを機会に、私の持つゲーム録画(キャプチャー)環境で、OBSでの配信を実際に使っているノウハウを元に、この記事を書きます。順次、修正更新します。

 ついでに、ゲームのプレー画面を配信するための、OBSの導入手順、OBSの基本設定と、配信に起きがちな不具合やトラブルシューティングを中心にまとめていきます。

パソコン用のゲーム配信(ブロードキャスト)ソフトを、ざっくりとまとめると

 パソコンの主な基本ソフトは、Windows 、macOS(Mac OS X)です。

それらに対応したソフトは、

  • OBS(Open Broadcaster Software)とLadioCast(無料)
  • Wirecast 7(495ドル)
  • Ustreem Producer(299ドル、549ドル)

の3つくらいしかありません。

 Windows 専用として、XSplit Camecaster(無料は720p以下、3年ライセンス90ドル)というのがあります。

 私は、Ustream producerとWirecast Play(1000円)を使っていました。しかし、Verアップが無くなり、対応するキャプチャデバイスを制限されたりして、300ドルの有料版への誘導が激しくて使い続づけられなくなりました。

 かつて、低機能で設定が難しく”ポン付け”で使えなかった無料のOpen Broadcaster Software(OBS)が、徐々に進化して使い勝手も良くなり、対応するキャプチャデバイスも増えて、立派に使えるようになりました。

OBSを使ったゲーム配信例(配信分の録画)

代替の動画を予定中。

 これは、6年前に買ったPS3のVANQUISHです。オンラインプレイ(マルチプレイ)に非対応でしたが、今のシューティングゲームの要素は全て併せ持つ傑作の一つだと思います。720p/60をアップコンバータで1080pにしてライブ配信しましたので、ボヤけています。Wii U等も基本720pなので同じように少しボヤけます。

ゲーム配信に使う機材

  1. 配信したいゲーム機とソフト
  2. Mac等のパソコン
  3. HDMIキャプチャーデバイス

の3つをそろえます。以下、それぞれを解説します。

2)Mac(パソコン)

 Windows パソコンでのOBSの使い方は、まとめサイトがたくさんあるので、(内容が古くて参考になりませんが)そちらを参照してください。

 Macについては、2014年以降で発売されたもので、MacBook以外なら、どのMacでも良いです。Thunderbolt、もしくはUSB3.0のポートがあればHDMIキャプチャーデバイスにつなぐことができます。

 MacBook Pro、iMacが無難でしょう。もちろん、Mac ProもOKです。OSは、Yosemite(10.10.5)以降、OS X El Capitan(10.11.5)、macOS Sierra(10.12.3)と、新しいモノにしておきましょう。

3)HDMIキャプチャーデバイス

 BlackMagicDesign社のものをおすすめします。

等があります。他には、


 台湾のアバーメディア(AVERMEDIA)のAVT-C878のレビュー記事についてはこちらから

 それぞれ、実際に買って使ってるのでレビュー記事を参考にしてください。

1)配信したいゲーム機とゲームソフト

 PS4には、ブロードキャスト機能が付いています。あらかじめ登録した動画サイトにライブを送信できます。

代替の動画を予定中。

 それ以外のゲーム機、任天堂のWii U(Wii)、ミニファミコン、Nintendo Switch、他、PS3以前の古いゲーム機は、パソコンに映像と音声を入力して、配信ソフトを使ってライブを中継します。ゲーム機は、HDMIで映像と音声を出力することを前提にしてます。具体的には、Wii U、Nintendo Switch 、クラッシック ミニファミコン、Xbox360等です。

 HDMIにHDCPのかかっているPS3やそれ以外のアナログ出力のゲーム機の場合は、アナログ(D4:720p/60)→HDMI(720p/60→1080p/30)のアップコンバータを使いますが、変換に遅延が起きるので、シューティングゲームなどには支障を来します。そこで、D端子スプリッターを使って、テレビ(ディスプレイ)と分ける工夫が必要になります。

 今回は、HDMI出力であるゲーム機(Nintendo SwitchやPS3、PS4)を例に紹介しましょう。

OBS導入の手順は、

  1. MacでHDMIキャプチャーができる状態にする。
  2. OBS(Open Broadcast Software)をインストールし使えるようにする。
  3. YouTube ライブストリームへの接続設定をする。
  4. OBSからの音が欲しい場合は、LadioCast(ミキサー)をインストールし調整する。

1)Mac上でHDMIキャプチャーができるようにする。

MediaExpress

 こんなかんじで、Macにゲームの画面が録り込めている状態までしておきます。そのためのセットアップは、それぞれの環境で違うので、自分のゲームで遊ぶ環境に合わせて組み上げてください。

001 

MacでHDMIキャプチャーをするための方法は、こちら

Intensity Pro 4Kの場合はこちらを

UltraStudio Mini Recorderの場合は、こちら。対応解像度が、1080p/30までなので、720p/60fpsにダウンコンバートした方が無難でしょう。

Intensity Shuttle for Thunderboltの場合はこちら

AVアンプなどを使う本格的な配線方法については、こちら

2)OBS(Open Broadcaster Software)をインストールして設定する。

大まかな手順、

  • 最新のOBS(アプリケーション)をダウンロード
  • Macにインストールして設定する。
  • 調整する
最新のOBSをインストールする。

 https://obsproject.comで、最新のOSBをダウンロードしてください。2016年11月2日現在は、Windows 版、Mac版、Linux版で、0.16.2です。Mac版のファイル名は、「OBS.pkg」です。

OBSインストール

OBSを起動しプレイ動画の録り込みキャプチャデバイスを設定する

 インストールしてから、起動すると「OBS 0.16.2(mac)-…」というウイドウが開きます。

OBS設定ソース

そこで、「ソース」の「+」をクリックして、開いたメニューから、「BlackMagic デバイス」を選択します。

OBS設定ソース1

ソースの新規作成で、名前を適当に付けます。私は、キャプチャデバイスの「Intensity Pro 4K」にしました。「Intensity Shuttle」なら、「Intensity Shuttle」にすると良いでしょう。

 プロパティのウインドウが開きます。

OBS設定デバイス

ここで、デバイスは、「Intensity Pro 4K」を選択します。

OBS設定プロパティPS4

 モードは、解像度のことです。キャプチャーしているHDMI映像が、(私の環境で)PS4やWii Uは、1080p(59.94fps)なので「1080p/59.94」を選択します。でも、これだけでは映像がでません。

ピクセルフォーマットを、「8ーbit BGRA」にすると映像が出ます

OBS画面設定 OBS映像設定

 映像がでますが、1/4の表示になります。その理由は、OBSがMacのデスクトップ画面を認識して、UHD(3840×2160)で表示し、実際に録り込む画面はFHD(1920×1080)なので、1/4の表示になるからです。5KのiMacだったら、もっと小さく最初は表示されるでしょう。

 そこで、OBSの認識する画面を全体に広げます。赤い枠で囲まれているので、右下の角をドラッグして全体に広げます

配信先の設定をします。

 YouTubeのアカウントは持っていますよね? なければ、Googleアカウントを取得して、YouTubeのアカウントももらってください。そうすれば、YouTubeに動画をアップロードができます。

マイチャンネル ライブストリーミングを始める

 まず、パソコンやタブレットのブラウザで、YouTubeにアクセスします。YouTubeの「マイ チャンネル」の右上の「アップロード」をクリックして、「ライブストリーミング」のページを開いて設定をします。

 左のカラムに「クリエイターツール」が表示されているページなら「ライブストリーミング」のタブを開きます。

 そこで、自分のライブストリーミングページを作ります。

YouTube設定

下の方に、「エンコーダの設定」がありますから、そこのサーバーURLと、ストリーム名/キーがあります。とくに、ストリーム名/キーは重要ですので、他人に盗まれないように取り扱いには注意しましょう。キーをハイライト(選択)して、コピーします。

OBS設定配信キー

OBSの「設定」/「配信」で、「ストリーミングサービス」を選び、サービスは、「YouTube / YouTube Gaming」、サーバは自動で選択されるので、「ストリームキー」をペーストします。

OBSの配信の詳細な設定
設定/出力/出力モードは「詳細」に

OBS出力映像設定

  • 「エンコーダ」は、「x264」です。「アップルVT H264ソフトウエアエンコーダ」でのテストは後追いやっていきます。
  • ストリーミングサービスのエンコーダ設定を適用するにチェック。
  • 出力はリスケールしません。
  • レート制御は、CBR(ビットレート固定)で、1080pでの配信は、YouTubeでは4500〜9000kbpsです。6000Kbpsくらいにして様子を見ることにします。

ビットレート

OBSで、配信、音ズレが起きる理由の一つが、バッファがあります。

 「特定バッファサイズを使用」のチェックは、特に理由の無い限り、入れてはいけません。この「特定バッファサイズを使用」のチェック入れると、録画、および配信で音声と映像のズレが生じます

設定/出力/出力モード・詳細/の「録画」のタブでは、
OBS出力録画設定
  • 「録画ファイルのパス」を指定します。デフォルト(初期設定)では、起動ボリュームのユーザ/ムービーになっていますが、録画ファイルであふれてSSDを圧迫するので、「参照」をクリックして別の大容量の録画ファイル保存専用のHDDのフォルダに指定します。
  • 録画フォーマットは、flvファイルやmp4ファイル等、いろいろ選べますから、好きにしてください。
  • オーディオトラックは弄らなくていいです。
  • エンコーダは、「x264」でいいです。
  • 出力はリスケールしないので、チェックは入れません。
  • カスタムマルチプレクサーは、よく分からないので設定しません。
  • レート制御は、ビットレート固定のCBRにします。この辺の設定は、配信と同じ設定にします。

 私のようなCore i7 6700Kのオーバークロックでハイスペックなパソコンだと、配信も録画も同時にしても、処理速度に余裕があるので、カクついたり、ブロックノイズがでることはないです。

ただし、「特定バッファサイズを使用」にチェックを絶対に入れないようにしましょう。これが音ズレの原因になります。

 HDMIキャプチャデバイスのハードウエアエンコードをするAVT-C878のようなものは、USB2.0で転送するために圧縮された動画ファイルになります。PCに録り込んだデータを1度デコードするために、マシンパワーを猛烈に使います。QSVが有効であればCPUパワーに余裕がでて配信時の音ズレが起きにくくなります。 

 そもそも、バッファを使うような不安定で遅いインターネット回線を使う人は、プレイ動画のリアルタイム配信はしてはいけませんよ。自分のパソコンに、いったん録画してから、それを編集してアップロードするようにしましょう。

配信開始と停止をして、配信テストをしてみる。

OBS配信開始

 設定ができたら、配信開始ボタンを押して配信してみます。

 別のパソコンやタブレットで、自分のライブストリームのページを開いて、配信ができているか?を確認してみましょう。配信開始ボタンをおして配信が始まっても、実際には少し遅れて配信が始まります。

 YouTube ライブストリームは、録画してくれているので、それを見ながら、調整をしていきます。

 これは、2017年3月26日午後零時〜のNintendo Switchのスプラトゥーン2試射会のライブ配信の録画です。ビットレートを6500kbps(6.5Mbps)に変更して、1080p/60の超高画質動画で中継ができています。PS4 Proのブロードキャスト機能とほぼ同じレベルで配信できています。

 25日の三回分は、OBSの設定を間違えていて、ビットレートが2.5Mbpsになっていました。転送量がたりないので、1080pとは名ばかりの酷い動画になっていました。


OBSで配信をしているMacからゲームの音(ゲーム音楽)が出すために、LadioCastを使う

 私は、ゲームの音をAVアンプからの5.1chのサラウンドでプレイしているので、配信している自作PC(OS X El Capitan)から、ゲームの音を出しません。

 OBS単体でMac側に配信している動画の音声を出力しないという、私には都合が良い仕様になっています。

 なかには、Mac側からOBSで配信しているゲームの音を出したいという人が、いると思います。その時は、LadioCastというMac用のミキサーアプリケーションを別に起動して、Mac側の音を出す設定します。

 LadioCastは、App Storeで無料で手に入ります。作者は日本人です。無料配布に感謝です。 

LadioCast設定1

Macの音声の入出力の4系統を設定できます。

LadioCast設定2 

 AG03は、YAMAHAのUSBオーディオインターフェイス・ミキサーです。ウエブキャスト用に作られているので、使い勝手は、とても良いです。

AG03

 AG03もループバック機能を持っているので、マイクは、AG03につないで、入力にAG03を加えておけば、AG03側で調整しつつ、LadioCast側でも調整が必要になります。

OBSで配信して起こるトラブルや問題の対策方法

LadioCastで設定したらMacからゲーム音楽が聞こえるようになったが、音が悪い。

OBSとLadioCastの再起動を試してみると改善することがあります。

マイクからの音がズレる。

OBSのマイクの音声を弄ります。あまり改善しないこともありますから、諦めて、録画したものにあとで、アフレコしてください。

順次、修正、追加していきます。

併せて読みたい

  • 偽トロ 3DSのキャプチャー画面をOBSで配信する方法を紹介