任天堂スイッチ

 噂されていた、NXと呼ばれていた任天堂の新しい据え置き型ゲーム機、Wii Uの後継機?になるNintendo SWITCHが発表された。Nintendoのサイトを参照

 噂通りの携帯形タブレットで、左右にコントローラを取り付けるという コンセプト。Wii UのGamePadを薄くタブレット型にして、左右のコントローラ部を着脱できるようにしたのか…

素晴らしいアイデアだ。

 さて、問題は、来年の3月、買えるかどうかってことだな。Wii Uの時とは比べ物にならないほどのインパクトがあるし… やれやれ。

 ドックにさせば、HDMIでテレビで遊べる。これで、3DSのように持ち歩けるけど、HDMIでプレイ動画を配信する仕組み(ブロードキャストシステム)さえ、こっちで用意すれば、偽トロみたいな改造したものを買わなくて済むわけだ。良いねぇ!!

 ソフトは、カセット型。コントローラは、タブレットのNintendo SWITCHの左右に付けるタイプ(Joy-Con、RとL)とはべつに、プロコントローラ(Nintendo SWITCH Pro Controller)も別売、ドック(Nintendo SWITCH Dock)とセットとはいえ、これだと諸々で5,6万円はかかるな。

 スプラトゥーンやゼルダの新作は、こっちでってことだから、否が応でも買わなきゃならないことになるか。やれやれ。

 でも、本体が携帯ゲーム機なので、PS4のように1080p/60fpsと4Kでの映像をグリグリとプレイというより、720p/60fpsの今のWii Uと変わりない可能性が高いな。これから、半年、漏れ出てくる情報をまとめて記事にしていきたいもんだ。

 Nintendo SWITCHの発売で、Wii Uはどうなるのか?

 Wii Uは失敗作だったから、終息商品という決定的なものになった。まぁ、スプラトゥーンの大ヒットで、昨年末から品薄状態が続いて、やっと子供にWii Uとスプラッターを買ってやった矢先に、Nintendo SWITCHで、スプラトゥーンやゼルダの伝説の新作がでるってんだから、ナンダカナーと思っているお父さんお母さんも多いはず。

Nintendo SWITCHのスペックの噂などまとめ

  • CPU:NVIDIA Tegra X2 (スマホ用のCPU)
  • メモリー(RAM):4GB DDR4 
  • グラフィック:1080p / 720p 対応
  • サイズ: ?
  • HDMI、NFC、Game Cardスロット、USB
  • microSDカードスロット搭載 3DSと同じ感覚か…
  • ソフトは、ダウンロードとゲームカード(ROM)での供給になり、ディスクはない。
  • 販売は、2017年3月17日、価格はベーシックが260ドル、マリオ同梱300ドル、ゼル伝同梱が340ドルという噂が出ている。日本では、ベーシックが29800円というかんじになるんだろうね。どちらにしろ、発売日に買えるかどうか…。
  • 性能は、どうかんがえても、スマホのCPUを使っているので、スマホに毛が生えた程度だと思う。PS Vitaよりマシ、Wii U以上のスペックをもつけど、ハイエンドのスマホには劣る、大きめの携帯ゲーム機なのか。
  • Nintendo SWITCH の性能は、ドックに挿して使う場合、CPUが1020MHz、GPUが307.2/768MHz、メモリが1331/1600MHzで動作する。携帯にした時は、GPUが307.2MHzにクロックダウンしてバッテリーの持ちを良くするということらしい。もはや、Wii Uよりはマシだが、PS4には遠く及ばない性能であることが分かった。(2016.12.20)

Nintendo SWITCH は、どこで買えるのか?

 直近のWii 、Wii Uと買って見て、Amazonなどのネット通販は直ぐには買えないことが多い。

最寄りの量販店のゲームコーナーや、ゲオなどのゲーム取扱店、イオンやイトーヨーカドーなどのおもちゃコーナーで普通に店頭で買えることも多い。品薄で買えないのに、無理をしてヤフオク!などで定価より高い値段で買ったところで、ネット上でむなしい自慢ネタを披露するだけだ。