2016年モデルのPS4が発表されました。

PS4 2016年モデル

 新型PlayStation 4(CUH-2000)と、グラフィックを強化したPlayStation 4 Pro(CUH-7000)で、スリム化された新型PS4(CUH-2000)には、500GBと1TBのHDDの2タイプがあります。

2016年モデルの新型PS4の価格は、

  • PS4 Pro(1TBのHDD)が、48580円(44980円)
  • PS4 (500GBのHDD)が、32580円(29980円)
  • PS4 (1TBのHDD) が、37780円(34980円) 

となっています。

 初代PS4を持っているのに、PS4 Proを買って遊んでみた私が結論を下します。ズバリ!

PS4 SlimとPS4 Proのどっちを買おうか?と迷っている人は、迷わずPS4 Proを買うべきです。

 そもそも、PS4 で遊ぶためには、

  • テレビやディスプレイ(Proは4K&HDR対応)
  • AVアンプとサラウンド・スピーカー、ヘッドホンなどの音響機器
  • 高速なインターネット常時接続回線

を本体とは別に必要とします。

 PS4 Proは、4K&HDRのテレビと4K&HDRパススルー対応の最新のAVアンプを持っていなければ、その性能を十二分に発揮できません。ちなみに、私は、4K&HDR対応のAVアンプもテレビも持っていません。

 いままで、初代PS4で使っていたディスプレイとAVアンプにPS4 Proをつないで使っていますから、旧PS4とPS4 Proとの差は全く感じません

 端から見ている家族も、初代PS4で遊んで入るのか?PS4 Proで遊んでいるのか?分からないと言っていました。つまり、「PS4 Pro所有し、それで遊ぶ満足感」のために、PS4 Slim 500GBよりも2万円近い本体価格の差を払っているに過ぎないのです。

 冷静になって考えれば、PS4 Slimの3万円のヤツを買って、PS Plus年会費とゲームソフト(FF15とか)を1本買った方が賢いお金の使い方になると思います。

 これって、スマートホンと同じなんですよ。

 LINE、ポケモンGOと某掲示板ブラウザMate、Chromeとメールだけしか使わないので、1万5千円の格安スマホとNVMOの格安SIMで十分なのに、わざわざ十万円以上もするiPhone 7 Plusを買ってブログで自慢している人いるでしょ?。アレと同じです。

 ですから、あなたが、コスパ(費用対効果)を優先して、ゲームを気楽に楽しむのであれば、500GBのHDDのSlimを買って、PS Plusの年会費を払って遊ぶべきです。

 そもそも、光ファイバーのインターネット回線を引くところから始めなきゃいけない人も、いますからね。スマホのテザリングでインターネットに接続するのでは、まともにPS4は遊べませんから。そっちにお金がかかります。月額の支払いも増えるし。

 PS4のそれぞれの、主な性能をピックアップすると…

PS4 Proは、

  • CPU、GPUのハードウエアをアップグレードして高速化した。※下に注釈。
  • 4K出力が可能になり、1080pのフルHDで遊んでいたソフトは、4Kまでスケールアップして出力する。
  • いままで、ゲームの画面処理が追いつかなくて1080p/60fpsのフルHD表示ができず、1080p/30fpsまで落ちていたフレームレートを、安定して1080p/60fpsで表示できるようになった。本当だった!
  • 4K出力なので、YouTube、Netflixなどの動画サービスも4K動画(UHD)なら、4Kで見られる。
  • HDR(ハイダイナミックレンジ)という、画面の暗いところは黒潰れしないように、明るいところは白飛びしないように、綺麗に表示できる技術に対応。→ 旧PS4もソフトウエアアップデートで対応。
  • PSVRの接続も最適化されている
  • 無線LANは、IEEE 802.11ac対応 PS4 Proのネットワークの設定の記事はこちら
  • Bluetoothは、3.0から4.0にアップ
  • 筐体サイズは少し大きく、重さは、2.8Kgから3.3Kgとそこそこ重くなっている。
  • ボディーカラーが、黒しかない
  • 消費電力は、初代PS4が最大250Wで実際は140W程度だったので、最大310Wということは、200W近くまで上がることが懸念される。→ 実測 80〜160W
  • いずれは、PS4 Proの性能を100%活かせるゲームソフトが出てくる。対応パッチ同梱。
  • Blu-rayのソフトで、4K(UHD)対応のものは再生できない。399ドルと本体価格を抑えるためにはBlu-rayドライブをケチらなきゃだめだったということが残念。
  • ブロードキャスト(プレイ動画配信機能)が、現在720pだけど、ProならUHD(4K)1080p/60fpsでの配信できる! 実際の動画はこちら。→「UHD(4K)」とわざと間違えて記述していたのは、私の記事をパクって書くゲーム系アフィリカスブロガーをあぶり出すためでした。
PS4Proと旧PS4 
 2016年11月11日にAmazonからPS4 Proが届いたので、レビュー記事はこちらを参照してください。

新型PS4(CUH-2000)は、

  • 初代PS4(CUH-1000)、2015年モデルのPS4(CUH-1200)と比べて、30%以上の小型化
  • 重さは、初代PS4より25%、2015年PS4より16%軽量化の2.1Kg
  • 消費電力は、140W超だった初代PS4より34%、2015年PS4より28%の省電力化に。
  • 筐体はすこし薄めになって、エッジ(角)を丸めた、精悍さからフレンドリーな雰囲気に
  • でも、ボディーカラーは黒しかない。そのうち、他の色もでてくるはず。
  • 無線LANは、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
  • Bluetoothは、 4.0(LE)
  • ただし、AV(映像音声)出力は、HDMIのみ。光デジタルは削除。Proは付いている。
  • HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応。
  • 500GBのHDDタイプと1TBのHDD内蔵タイプがある。(自分で交換できるのは、旧モデル同様との噂あり。)

周辺機器

  • DUALSHOCK 4 CUH-ZCT2J 5980円税別 一つは本体についている
  • PlayStation Camera CUH-ZEY2 5980円税別
  • 縦置きスタンド CUH-ZST2 2280円税別
  • プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15005 18000円税別 2017年1月発売
 とりあえず、PS4 ProをAmazonにて注文した。コノザマになるので、11月11日以降のレビューになりました。

私がPS4 Proにした理由は
  1. 1080pをダウンコンバートして720p/60fpsで組んでいるHDMIキャプチャ録画システムとYouTubeへのライブ配信システムを、1080pにアップしたい。そのためには、安定した1080p / 60fpsが出るソースとして、Proが都合が良いから。(つまり、UHD・4Kのディスプレイやテレビを買う予定が無くても、フルHDの60fpsというフレームレートが安定して維持されることに期待 → 期待通りで大満足!!
  2. PS3は初期型を含めて三台持っているし、PS4も2台でディスクの差し替えをできるだけしないで、切り替えて遊びたい。
  3. オンラインも、PS4が2台あれば、子供らと遊べる。Wii Uを二台以上買っている人は、家族でスプラトゥーンのフレンドマッチをやるためだし。
  4. PSVRメガネも、来年の春ころには買えると思うので、遊べる。

 実際にPS4 Proを買って遊んでみて、PS4 Proは、初代PS4で2年遊んできた人なら、買い換えか買い足ししても、十分元が取れると思います

PS4 Proのハードウエアのちょっと詳しい解説追加

 PS4のCPUは、APUという人もいます。AMD社が供給するCPUは、x86-64 AMD ”Jaguar” というものです。4コアのCPUを2個並列で動かす方式です。動作クロック周波数が、旧PS4の1.6GHzから、2.1GHzと3割程度アップしています。動作クロックが速くなったことで、RAM(GDDR5)の速度も176GB/秒から218GHz/秒にアップしています。

 GPUも、AMD社製だからRadeonなのは、みんな知っているますよね。「 1.84 TFLOPS, AMD Radeon based graphics engine」を旧PS4と新PS4(CUH-2000シリーズ)は搭載しています。PS4 Proには、「4.20 TFLOPS、AMD Radeon based graphics engine」となっているので、1.84 → 4.20テラフロップスという2.3倍の処理能力を持っているということになります。PS4 Proの消費電力は、少し増えて最大160Wを消費します。

 2016年10月以降に発売されるPS4専用のゲームソフトは、このPS4 Proのハードウエアに対応したものを販売しなくてはならないルールになっているので、PS4 Pro販売以降の新作ゲームソフトは、PS4 Proに対応するはずです。今まで発売されているPS4用のソフトは、それぞれのゲームソフトが、Pro用のパッチを配布することで対応するということなので、期待しましょう。

 PS3までの新型モデルは、CPUやグラフィックチップ等の部品の小型化、一体化、簡素化で、販売価格を安くしてきましたが、PS4では、ハードウエアの性能をアップしたPro(Progress)モデルの販売に皆も驚いていると思います

4Kには、リアル4Kとナンチャッテ4K(UHD)があることを知らないの?!

 4K(よんけい)の解像度は、DCI 4Kといって「4096×2160」、横4千個縦2千個の点で表示する画像を1秒間に30か60枚描き換えて表示する動画のことを言います。

 ちなみに、一秒で30枚の画像を書き換えるのを30fps、60枚なら60fpsという1秒間で60枚描き換える方が滑らかに表示できるんですよ。

 なのに、UHD(Ultra HD)という「3840×2160」のテレビ放映用の規格を4Kと読んでいるのが、私は気に入りません。1920×1080 / 60fpsの映像を1080pというのだから、4Kと言わずに、2160pと言うべきだろうと思います。4Kと聞いたら、脳内で「フルHDの4倍のUltra HD」と変換するようにしましょう。

 かつて、フルHD(1080p)表示の液晶ディスプレイが、十万円を切って5万円にさや寄せしていったように、その4倍の表示能力をしているUHDディスプレイが5万円にさや寄せしていきます。
 来年2017年にも、5万円に近くなるほど、買う人が増えてくるので、FHD→UHDのディスプレーの時代になっていきます。8万円以下、30インチ以下のUHDディスプレイの紹介は、こちらの記事で。

 東京オリンピックにあわせて、こういった2160pや4320pのテレビやディスプレイの販売が、国策的に、促進されていきますから、UHD(4K)とHDR対応のPS4 Proでゲームができるテレビが安くなっていくことに期待しましょう。


あわせて読みたい。

PS4 ProのUHD(4K)に対応するゲームソフトのリスト 

BATTLEFIELD1 バトルフィールド1

Battlezone バトルゾーン

Bound by Flame バウンド

Call of Duty: Modern Warfare Remastered コール オブ デューティ モダンウオーフェア リマスター

Call of Duty:Black Ops 3 コール オブ デューティブラックオプスIII

Call of Duty:Infinite  Infinite Warfare コール オブ デューティ インフィニットウオーフェア

DRIVECLUB VR ドライブクラブVR

Days Gone デイズゴーン

Deus Ex: Mankind Divided デウスエクスマンカインド・ディヴァイデッド

Dishonored 2 ディスオナード 2

FIFA17 フィファ17

FINAL FANTASY XV ファイナルファンタジー15

For Honor フォーオナー

GRAN TURISMO グランツーリスモSPORT

GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択 グラビティデイズ2

HELLDIVERS ヘルダイバーズ

HITMAN ヒットマン 

Horizon Zero Dawn ホライゾンゼロドーン

Hustle Kings ハッスルキング (ビリヤード)

inFAMOUS First Light インファマス ファーストライト

inFAMOUS Second Son インファマス セカンドサン

KNACK ナック

MAFIA III マフィア3

Mantis Burn Racing?

NBA 2K17

NIOH 仁王

Neon Chrome 米のみ

Paragon: Essential Edition 米のみ

PlayStation VR WORLDS プレイステーションVRワールド

RIGS Machine Combat League リグ マシーン コンバットリーグ

Ratchet & Clank THE GAME ラチェット&クランク THE GAME

Resident Evil 7 biohazard バイオハザード7 レジデントイービル

Rez Infinite レズ インフィニ

Rise of the Tomb Raider ライズ オブ ザ トゥームレイダー

Robinson:The Journey ロビンソン ザ ジャーニー

SHADOW OF MORDOR シャドウ オブ モルドール

Smite スマイト 米のみ

Super Stardust Ultra 米のみ

THE PLAYROOM VR プレイルームVR

The Elder Scrolls Online: Gold Edition

The Elder Scrolls Online: Tamriel Unlimited

The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition

The Last of Us Remastered ラストオブアス リマスター

The Last of Us™ Left Behind Stand Alon ラストオブアス レフトビハインド

Thumper

Titanfall 2 タイタンフォール2

Uncharted 4: A Thief's End アンチャーテッド4

Until Dawn VR  アンティルドーンVR

Viking Squad 米ダウンロード

Watch_Dogs 2 ウォッチドッグス2

Wheels of Aurelia 米ダウンロード

World of Tanks ワールドオブタンクス ダウンロード

XCOM2 ダウンロード

ファイヤーウォッチ?

人喰いの大鷲トリコ