昨年から、本業やブログ書き等で、テキスト入力をすることが増え続けています。おかげで、いままで使っていたキーボードが日々のハードな使用で消耗し、次々と寿命を迎えてしまいました。やむをえず、順次、東プレのRealforce(リアルフォース:通称リアフォ)というキーボードと交換しています。

 今回は、2016年2月5日発売開始になった、ジャストシステムが、一太郎2016発売を記念して、東プレとコラボのした「東プレ REALFORCE108UG-HiPro-JS Limited」が届いたので、紹介したいと思います。

HiProのホームポジション

 去年、記念モデル(ホワイト)をどうしようか?と悩んでいるうちに、限定500台という予約が完売し買えませんでした。今回の、黒モデルは1500台と数に余裕があるので未だに在庫があります。

 優待会員割引きとはいえ、Amazonでノーマル版のREALFORCE108UG-HiProを買うのと同じ2.5万円ですので、誰もがポチッと買えるキーボードではありません。ですから、Realforceのキーボードについてはブログの記事にしてきませんでした。

 今年は、一部のマニアやその道のプロの人しか分からない「大人」の道具(ツール)や使い方(メソッド)のネタをできるだけ書いていきたいと思います。Realforceというツールについては、全部買っても十種類程度ですので、HiPro以外で、気になるモデルがあれば買って試したいと思っています。

 さて、本題、

東プレ REALFORCE108UG-HiProは、誰もが使いこなせるキーボードではありません。これを無責任に紹介し、買いあおるブロガーをネット上で見かけたら、その人は嘘つき(アフィ・カス)です。そのブロガーの記事は全てにおいて信憑性に乏しいと思っていいでしょう。

東プレ REALFORCE108UG-HiPro-JS LimitedとKensington キーボードベース付リストレスト K62819JPのフォトレビュー

HiPro-js-limited K62819JP-1

 東プレ REALFORCE108UG-HiPro 本体と記念モデルならではの赤いキーと取り替え用のピンセット、取説が付きます。ジャストシステムのATOK記念モデルとノーマルの108UG-HiProの違いは、それだけです。

HiPro違い

 通常の108UG-HiProには、ピンセットや交換用のキーは付きません。

 ケンジントンのリストレスト K62819JP は、キーボードを乗せる板にレストクッション部を乗せるという形になっています。リストレストですが、実際に使って見るとパームレストです。

HiPro裏側

 東プレ REALFORCE108UG-HiProの裏側は、左右にUSBケーブルを出せるようになっているのと、足がついているのと、ストッパーが付いているくらいで、USBハブ機能は付いていません。単なるキーボードです。Made in Japanと印刷されています。

K62819JP K62819JP-2

 K62819JPの裏面は、ゴム足がついていて、机の上において滑ることはありません。サイズはそれなりに大きいのでディスプレイの前を占拠します。

HiPro&K62819JP HiPro&K62819JP-1

 REALFORCE108UG-HiPro-JSをK62819JPの上に乗せてみると、存在感があります。高さもあります。

 レスト部の高さがちょうど良いので、ホームポジションを楽な姿勢で保てます。おかげで、高速で正確なタイピングを肩こり無しで長時間続けることができます。プロ用なので、ホームポジションを指で伝えるための、fとjのキーに、わずかな凸部が付けられているキーボードが多い中、HiProにはありません。

 ただし、キーボードと台が滑らないので、ちょっとキーボードを前にずらして手前に空いたスペースに手帳をおいて書き込む等の作業ができません。机の別のスペースを使うか、サブの机で作業をするしかないので不便です。

 キーボード本体の重さは、1.4キロ弱。USBケーブルは1.5m弱あります。ずっしりと重いので、持ち歩くことはできません。 

HiProのキー形状と配置は、シリンドリカル・ステップ・スカルプチャ 

 今から三十年程前は、英語の文書を打つのにタイプライターが現役で使われていました。当時のパソコンのキーボードは、タイプライターを手本に作られていました。

 高校の時にタイプライター部に入った理由は、貧乏な我が家では絶対に買ってもらえないイタリアのオリベッティのタイプライターを使わせてもらえたのと、女の子が多いクラブだったからです。機械式のガチャガチャ、チーンっていうのから、電子式のタイプライターがあって、どれもデザインがカッコイイと思っていました。

 当時から、キーボードに慣れ親しんだ我々の世代は、タイプライターのようなキーボードを使い続ける傾向があります。

 東プレのHiProは、電子タイプライターのキーボードを彷彿させるような形になっています。

  1. キーの角が尖っている。
  2. キーの先が狭くなっていて、キーとキーの間の隙間が大きい。
 この2つの特長で、キーボードを見ないで打鍵するブラインドタッチをする時に、指を滑らせてた時に明確に隣のキーに指が移ったというのが指先に確実に伝わってきます。これが心地良い。押し間違いが減る一つのメリットになっています。ブラインドタッチ(タッチタイプ)が出来ない人にも、練習するのに効果的かも知れません。

HiProのシリンドリカルスカルプチャ

 キーは、指先がはまり込むように凹んでいているのを「シリンドリカル」な形と言います。指の届く範囲を考慮して、弧を描くようにキーを配列するのをステップ・スカルプチャと言います。

 キーピッチは、一般的なフルキーボードと同じ19mmです

二十年以上愛用してきたApple Keyboardも、シリンドリカルなステップ・スカルプチャ

M0116

 このApple Keyboardもキー・ストロークが長いです。メカニカル式という、キー一つ一つがバネとスイッチで構成されている贅沢な仕様です。いつまでも打ち続けたいと思えるほど、心地よい打鍵感があるので未だに人気の高いものです。最近はバネがへたってきたので、軽くなってきていました。打鍵音もメカニカル式ならではのチャカポコという音なので、高速で打つとそこそこの騒音になります。

 残念ながら、iMateや高速な変換ができるArduinoによるADB-USB変換ですら、私の打鍵速度についてこれず、取りこぼしが出続けるのに我慢できなくなりました。それに、キーの角がすり減ってきて丸いので、指がどこに当たっているのか?わかりづらい傾向があるのも、少しだけ不満でした。スペアで4台持っていましたが、どれもダメです。

 それが、東プレのHiProへの移行を決断した理由です。

東プレのキー・ストロークのフィーリングは、リニア。

 つまり、「キーの押し味がスーッと一定」ということです。東プレのキーボードは、キーを押す戻る(キーストローク)が、一定の力で底まで押し込め、戻るのが特長です。こういう、直線的な(リニアな)キーを押す戻るの往復運動(キーストローク)の感覚(フィーリング)は、昔からメカニカル式(コイル式のバネ)を採用している高級なキーボードでは当たり前の仕様だったんです。でも、年々、まともな物が入手できなくなってきました。

 現在、日本語配列のキーボードで簡単に入手できるものが、東プレのRealforceやPFUのHHKくらいしかないんです。

 東プレのサイトから、説明箇所を引用します

Realforceのキーストローク

 安物のキーボードが普及するにつれ、キーの押し込んだときの抵抗と戻りの反発力をつくるのに、ラバードーム(ラバーカップをひっくり返したもの)を使うようになってから、ペコン、ペコンというキーの押し味になってしまいました。

実際に「ペコン」となるのを体験してみましょう。

ラバーカップ ラバーカップ1

 仕事道具で、使えるものがありました。シリコンラバーカップです。ダッペングラスと共に、100均のネイルのコーナーで買えます。

 このシリコンラバーカップをひっくり返せば、キーボードのキーの中にある「ラバードーム」の代用になります。

ラバーカップ2 ラバーカップ3

 指で抑える時に、指先に抵抗する力と押えられたキーが戻るためのバネとして「ラバードーム」、つまり、カップ状のゴムでバネ変わりに使っているんです。指で押さえ続けると、ある一定のところで急に抵抗が強くなって、その限界をこえると「ペコン」とつぶれて一気に押し込まれてしまうんです。

 こういう特性(キーの押し味)だと、キーを人差し指1本で押さえる1本指打鍵方法なら気持ちが良いでしょう。でも、ブランドタッチ(タッチタイプ)で、全部の指を使って高速にダーッと入力しているときに、ペコペコというキーの押し味が邪魔になってくる。完全に押しこまないうちに、次のキーに指が移ってしまうことも頻繁に起きますから、キーの取りこぼしや意図しない回数の連打として、タイプエラーになってしまいます。とにかく、このペコンペコンというキーストロークの特性が、私は大嫌いです。

東プレのキーボードのキータッチは、指で押さえたあとの戻り方が秀逸。

 東プレのキーボードは、キーを押さえる力が一定で最後まで押し込めるだけでなく、戻りも同じように、一定の力で指について上がってきます。決して、ピョンピョンと押し返すような下品な戻り方はしません。押さえられば、一定の力で指に荷重を与えつつ押さえ込まれ、指を離そうとすると、その指を次のキーへ滑らかに移動してもらいたいと言わんばかりの、優しく戻る動きをします。この、押す戻るの往復運動(ストローク)が滑らかだから、「いつまでも打ち続けたい」という心地よさを生みます。それこそが、メカニカル式のキーボードのキーの打ち味なんです。

静電容量方式の無接点スイッチをRialforceは採用。

 キーボードのキーのスイッチの方式は、主に4種類あります。
  1. メカニカル式:金属のバネと電気スイッチ
  2. メンブレン式:膜のスイッチとラバードームをバネとして使う。
  3. パンタグラフ式:メンブレン式にパンタグラフ構造つけたもの
  4. 静電容量方式:スイッチをタッチパネルと同じ、接触しないで検知できるものにした
 安いキーボードはコスト削減のために、膜(メンブレン)式を使っています。物理的にしっかりと接触しなければONになりません。つまり、キーが完全に押し込まれないとスイッチが入りません。

 そもそも「ペコン」という押し味は、コツンと勢いよく膜のスイッチにキーを、機械的に、ぶつけるために付けられているんです。

 だから、「チャタリング」と言う、本来1回で良いオンオフが、スイッチの接触が甘くて何度もしてしまう現象を抑えることが難しいんです。 

 スーッと押し込まれるキーストロークでは、膜式のスイッチだと、オンオフの検出ができません。そこで、静電容量無接点という、触れなくても電気的なスイッチが入るという、近づくだけでオンオフを検出する高級なスイッチが使われています。んでもって、電子制御的にチャタリングを起こさないように、オンオフの位置を変えて設定するという、機械制御の教科書的なことをやっているわけですね。

 東プレのRialforceは、そのスーッという押し込み感覚をつくるために、「ペコン」となるラバードームの特性をバネで押さえ込んで、滑らかな一定の押し味を実現しているんです。

バブルラップ? プチプチを押す感覚? なんですか それ??

「Realforce」でGoogleを検索すると、こういう好い加減な表現で、煙に巻く内容の紹介記事を書いている人がいます。

プチプチ

まぁ、ラバードームが何かわかんないですが、すごいヤツですきっと。
だそうです。その程度の知識レベルでも、ブログ塾で情弱相手に金を巻き上げることには長けているようですね。情弱には、難しい表現は必要ないのは分かりますが、自分も分かっていないものを、何のためらいもなく他の人に勧めることができる、その「厚顔ぶり」にも、私は学ぶべきものがあるとかんじました。

円錐バネ

 彼がそう勘違いした記述の出典は、これまた、変な色使いのテキストで目障りで、頭の○○な人の常套文句の「理系(文系)の〜」というフレーズで書き始めるアフィ・カスのリアルフォースの紹介記事の中にでてきます。

 リアルフォースのキーの「反発」は、決して前突君の言う「ビョンビョン」という下品な戻りはしません。擬態語で表現するなら「スッ」です。擬音では、音がしないので表現できません。

 こんな連中が、ネット上にウヨウヨと増殖中で不愉快なので、私も、キーボードのウンチクを書くことにしました。

REALFORCE108UG-HiProは、荷重45gで全キーを統一したタイプ

 RealForceのラインナップをみても、30gとかがあります。HiProの全キー過重が45g統一タイプが一番重い過重になります。でも、実際に使って見ると、「うわー!見た目のごつさから想像つかないくらい軽ぃい」「滑らか」「チャカチャカしねぇ」と多くの人が感じるでしょう。

 一般的にキーの過重は、50〜60gと言われていますが、私の愛用する日本語Apple Keyboardは、米国版のソレよりやや軽く実測50g弱です。Apple Computerが迷走し倒産寸前だった頃〜ジョブズ復活後のトランスルーセントなMac…、キーボードの質は、どんどん悪くなっていきました。あんみつの黒、杏仁豆腐の白キーボードと呼んでいたPro Keyboardは、唯一まともに使えたキーボードでしたが、キーストロークが短いし、打ち味がペコペコなことに変わりはありません。徐々に消耗し、ひっかかりがひどくなるので、オイルをさして使っていました

RealForceのキータッチは軽く、キーボード自体の高さがあるので、リストレスト、パームレストなしでは使えない。

 分厚いキーボード、重厚なキーボードを日頃使っている人なら、リストレスト、パームレストも一緒に使っていると思います。いや、無しだと肩こりが起きて、長く使えません。キーボードのキーを押すのが軽い方が手が疲れないということは、経験上関係無いと思います。すべては、適切なレストの有無で決まるんです。

 こういうRealForceのキーボードを自慢しているユーザのブログの関連記事チェックしてみてください。アームレスト、パームレスト、リストレストのいずれかを使っているはずですし、その重要性について、キーボード以上にアピールするはずです。でも、例の彼は、一切レストに関して言及していません。つまり、彼は嘘をついている可能性があります。→ その後、慌てて木の4千円もするパームレストの紹介記事を書いています。建築現場でもらってきた木ぎれを磨いて作れば、手間の時間だけで済むんですよ。薄っぺらな知識で識者ぶっていることを見抜けない、取り巻きの塾生や互助会の連中共々、嘘つきの金儲け集団と判断してもかまわないと思います。

 無くても使えるというのは、本当に使い込んでいないからです。真のヘビーユーザでなければ分からない領域ってのが、どんなツールにでもあるんですよね。

リアルフォースのハイプロの打鍵音は無音ではないが、私が歴代使ってきたキーボードの中では、一番音が小さい。

 私のオフィスでは、モーツアルトやバッハをBGMで流しています。そこの机にはMac miniを置いて使っています。これもHiProをつないでいます。

 それまで使っていたPro Keyboardでチャカチャカ打っていると、妻に「お客さんを待たせて、キーボードをバチャバチャ打つな! うるさい!」と良く怒られていました。HiProは、力も入れなくていし、リストレストが効いていて、静かに打てます。それでも、それなりに音はしてますよ。特に、Enterキーの戻る時の音が耳障りだと思います。

 これが、変荷重の30gとかのキーボードだと、Enterキーなど、薬指、小指で押す領域のキーが軽すぎて、指の勢いが付きすぎて音を立ててしまいそうです。友人に変荷重タイプを買わせて、打たせてもらった時、左右の小指担当のキーが、思った以上に軽すぎて、バチバチ、ダーンと打ち込んでしまうので、相当慣れが必要だなと感じました。左手の一番使う、AS、右手の;:とかが軽く触れただけで入力されてしまう。だから、私は、全てのキーが同じ荷重タイプを選んでいます。

テンキーのないキーボードは、なぜか昔から買いません。

 この時期(1月2月)は会計の仕上げをするので、伝票を見つつ、Excelとにらめっこということも増えます。ExcelやNumbersなど表計算ソフトを使う時にテンキーがあると便利なので、私はテンキーのないキーボードには興味がありません。安心してください!リアルフォース108U HiProキーボードにも、テンキーが付いてます。

リアルフォーステンキー

 今回セットで買ったケンジントンのK62819JPというリストレストには、テンキー用のリストレストも付いているので、右にレストをずらして使わなくて良いので助かります。パームレストについては、また別の記事シリーズで書いていきますが、なかなか自分に合った物を作るのが難しいし楽しい。

 ちなみに、ケンジントンのトラックボールは、二十年以上前から、代々愛用しています。トラックボールについても、また、別の記事を書きましょう。トラックボールに関しても、語り尽くせないほどのウンチクがありますから。

 だから、PFUのHHKも安いライト版を買ったきり、新たに買うことはありませんでした。だって、テンキーがついていないですから。

リアルフォースってキーボードはプロ用なんだから、耐久性に優れるのは当然のことなので、それをわざわざアピールするのは、なんなの?。

 「リアルフォース」で、検索すると一ページ目にでてくる、前突君の記事。もうウンザリです。そこらの千円で買える安物のキーボードよりも、高品質で高い耐久性を持っていなければ、25倍もするものの価値がありません。

 画面に向かって、ひたすらキーボードを叩き続けるハードキーパンチャーにとっては、これは仕事の道具であり、相棒ですから、千円のものより25倍の価格がするHiProを、私のように躊躇なく(ためらいもせず)買います。

 まぁ、情報弱者から金を楽に巻き上げるという「楽して儲ける蜜の味」を覚えてしまうと、地味にキーボードを叩いて、ブログ記事を書き続けて、コンテンツを充実させるなんて、割の合わないことは、もうできなくなります。人間ってそういうもんです。楽してしまうと、もう戻れません。

 まぁ、稼いだ金で、手下に外注すればいいことですから。うらやましい限りですわ。

REALFORCE108UG-HiProのUSBの電流は、64mA / 5V

 いつも通り、USBの電圧電流を測ってみました。測定は、USB測定用ジグを使いsanwaのPC700で電流と電圧を直に測定します

HiProの電流

 電流は、64mAで安定しています。定格は5V / 100mAだそうですが、余裕があります。caps lockで右上のインジケータに青のLEDを点灯させると、その分だけ電流が増えるのが分かります。

 安物のWindows のUSBのキーボードが20〜50mAなので、HiProは、さほどUSBの電流を使っているわけではないようです。ちなみに、ArduinoでADB-USB変換をして使うApple Keyboardは、100mAを超えます。
 この電気食いが、Macのスリープ解除の時に、キーボードのキーを押して復帰させると、RealforceのキーボードをUSBが認識しないという問題を起こします。 対策は、Macのスリープ解除は、Realforceのキーを押してスリープ解除するのではなく、トラックボールかマウス、もしくは、Mac本体の電源ボタンを押すことで解除するしかありません。

Realforceのキーボードは、Altキーが少し大きめなのが良い。

HiProのAltキー WinキーボードAltキーとか HHKBLite

 リアルフォースと安物のWindows キーボードと比べると、Altのキーの大きさだけでなくて、もういろいろと違うんです。そりゃ、1500円と2.5万円の差だと言えば、それまでですが。

 それで、リアルフォースのようにAltキーが大きいと、Macで使うのに都合が良いんです。Macのキーボードって こんなかんじです。

M0116J Keyboard

 我々マカーは、ショートカットキーを常用しています。左手は、control、shift、option、commandを押すために置きっぱなしです。AdobeのIllustratorやPhotoshopのショートカットキーも、それを意識して配置してあるから、余計にです。

 それで、Windows 用のリアルフォース 108日本語キーボードのハイプロを、マック用に調整すると…

Realforceキー変更

 こんなかんじで、再指定できるので、ほとんど違和感なしに、Macのキーボードとして使えます


長くなるので、順次、修正、追加していきます。

 

合わせて読みたい。