9月と言えば、週末はあちこちの農園で収穫イベントが開催される。とくに、ブドウがピークになる。お客さんからの贈り物として届いたり、関東や東北の友人達に頼まれて発送したりと、なにかと忙しい時期だ。
ニューピオーネ
ニューピオーネ。これは少し食べちゃったけど、大粒なのでも小ぶりな房なら、農園直売で400円。
 もちろん、種なしだし、皮の剥がれ方が良いので、食いやすい。ワシも含めてみんなの大好物だ。これの最高級なのは、銀座千疋屋の店頭では5千円くらい。
 8月にでるマスカットなんか、香りは良いけど種があるし皮離れが悪いので、今は人気が無い。それでも、銀座の千疋屋の店頭には1万円とかで並ぶからアレだよね。

安芸クイーン
 甘さの点から言うと、安芸クイーンは凄い。野菜や果物を測る普通の糖度計が振り切れるので、ジャムや蜂蜜等の糖度を測るレンジのものでなくてはならないくらい。
 どんな甘さ? と聞かれれば、ズバリ「綿飴」だな。 作っている農園で出荷できない傷物なら、これで一房500円。この甘さと粒の大きさから、一粒十キロカロリーは超えるだろう。
 アルコールを一切飲まないワシも、肝臓を痛める恐れがあるので、ビビリながら食っている。

 といっても、農作物なので甘い甘くないがあるから、実際に試食して確かめて買って帰ったら、甘さよりも酸っぱさが強かった みたいなことは良くある。とくに、朝取れたてのような新鮮すぎるニューピオーネは、皮が張っていて、酸味がまだ強い。
 他、いろんな品種がでてきているんだけど、8月頃にピークがくる、皮ごと食えるマスカット系のヤツとか、散々食った。おかげで、健康診断の血液検査がヤバい。
 マジでこれからの季節は、肝臓に悪い食べ物ばかりが増えてくる。

 関東のメーカーから、単身赴任で工場に出向してきていたヤツがいたんだが…
 秋の連休で妻と子供を呼んで、どっかの農園祭にいって、ブドウとか、いろいろ食いまくったらしい。んで、家族がこっちに住むと言い出したみたいで、結局、地元メーカーに転職して、住み始めた。中古の家は二束三文で売られているので、キャッシュで買えるくらいだからな(笑)。中は自分で直せばタダだから(笑)。まぁ、休む暇が無い ってことで、都会で住んでいた以上にこっちで消耗している(笑)。