2015年3月4日放映のNHK ためしてガッテン「ついに!耳鳴りが治る 原因解明&治療最前線」を見ていて、にやりとしたので記事にしておく。

 番組の内容を簡潔にまとめると…
耳鳴 ガッテン
  • 人間は無響室(無音)室に居ると耳鳴が発生する。
  • 音が無いと脳の視床が感度を上げるので、脳内のノイズを拾って音として感じるのが耳鳴り。
  • 高い音の耳鳴が多いのは、老化により高い音(モスキートーン)が聞こえなくなるから
 で、治療としては、聞こえなくなった高音域を補聴器で補正して聞こえるようにして、脳の音への感じ方を徐々に矯正していく。
補聴器調整 ガッテン
 補聴器のイコライザの調整をしていくってことだな。まぁ、耳の矯正装置ってことだ。
 耳垢が詰まっていて音が聞こえないこともあるので、耳科でチェックを。
 耳掃除は月1回。ねっとり耳は綿棒で。かさかさ耳は耳かきで。

 以上を踏まえて…

 月刊誌ステレオの付録にUSBーDACのヘッドホンアンプ(LXU-OT2)ってのあった。そのアンプでピーという雑音が聞こえる聞こえないとネタになった。
 実際に音があったのかどうかについて、ワシも調べる道具をそれなりにもっていたものの…、はっきりと捕らえることができなかった。それを今年はやるつもりだ。

 そもそも、こういうイヤホンやヘッドホンで遮音効果の高いものは、自分の耳鳴をヘッドホンアンプやイヤホン、ヘッドホンのノイズだ!と勘違いする輩が昔からいた。
 「人間は無音状態で耳鳴がする」ことは、ワシらが学生の頃からもよく知られた問題で、その発生機序が分からなかった。今、測定機器の飛躍的な進歩で数々のブレークスルーが起きている。その恩恵から脳科学も加速的に進化し、脳の中で錯覚によって耳鳴りが起きていることも分かるようになった。

 本人の耳鳴りなのか? 機器からでている本当のノイズなのか?は、機械でなんとか見えるようにしてみないとね。「計れないものは調整できない、作れない」んだよ。

 他にも…
 コンマmmでのスライス撮影ができるようになったCTが出て、生体での内耳の観察が可能になったおかげで、原因不明と言われたメニエール病も原因がほぼ解明された。すると、途端にメニエールに効くマッサージとかウンタラカンタラと派手に宣伝をネットでしまくっていた民間療法師の連中は、消えていった。

よく分からないことがある。それは、それがよく分かっていない人を騙して儲ける最高のビジネスチャンスだ!

 オカルト、そのものなんだけどね(笑)
 文系理系というジャンル分けをするバカは、もう今はいないけど、

科学的な物の見方や考えが出来る、出来ないってのは重要

だ。科学的な考えができないヤツを見つけて、そいつをどう騙してぼったくるか?ってのがビジネスなんだよね。
 ほら、健康食品や怪しい水、健康器具で、「万病に効く」という医師法や薬事法に抵触するような文言で宣伝している商品があるでしょ。ネット上でも、広告によく見られるよね。アフィリエイタが好んで紹介サイトを構築しているネタ。

 LANケーブルをオーディオ用に換えたら、AirPlayの音が良くなったとかね、やっぱり原発から直に引いた○○電力の音は、まったりとしていて良いとか… もう、ね。そういうのを平気で言う連中が、未だにいるから笑わせてもらっている。