結論から言うと、

日本で売られているMacをUSキーボード仕様にわざわざ換えてまで買う意味は無い。

 USキーボードは、「にわかマカー」あるいは「アフィ・ブロガ」という蔑称で呼ばれる連中が好んで使う傾向がある。

蔑称

US配列をあえて選択する人には、まず金銭的負担が生じる。

 MacBookの場合、USキーボードに変更するためには、(Apple学生割引対象者を除く普通のユーザは)Macストアで定価で買わなければならない

USキーボードとJISキーボードの大きな違いは3つ。

  1. 「A」のキーの左横が「control(コントロール)」なのがJIS、「caps lock(キャップスロック)」なのがUS。
  2. return(リターン)キーが縦長で大きいのがJIS、小さくて横に長いのがUS。
  3. spaceキーの左右に「英数」「カナかな」キーがあるのがJIS、無くて大きいのがUS。
 他にも、USキーボードの方がキーの数が少ないので、shift(シフト)キーがUSキーボードの方がJISキーボードと比べて大きかったり、記号のキーの場所が大きく違ったりする。

JIS&US

↑ AppleのJISキーボードの汚れと使用頻度の違いによるテカリに注目!

個人経営のプログラマーならUS配列だろうがJIS配列だろうが、好きな方を選べば良いが、そりゃ、オマエの好みだろうがっ。
 会社で与えられたPCの、または納品先の会社(金融、病院、流通、インフラ…)での端末を操作する必要があるので、それらで採用されている配列のキーボードに慣れた方が楽だ。もちろん、US、JISを器用に打ち分けられる人なら、どっちでも構わない。

 セキュリティのため、自前のデバイスを一切持ち込めない所も多いので、日頃から職場のキーボード配列に合わせれば、ノリノリでタイピングしているのに水を差す打ち間違いでイラッっとくる、あのストレスを少しでも回避できるだろう。

リターンキーが小さい大きいなんて、男のナニ(女の乳輪)が大きい小さいを議論するのと同じ
PSVitaとHHKBBT

 機能の面では、どちらも大して変わらない。見た目だけの好みの問題だから、結論なんか出るわけない。
 キーボードを見ないで、画面だけ見て文字が入力するのをブラインドタッチって言うが、その基本は、タイプライター時代から続く、ホームポジションという指を最初に置く位置から、話が始まる。

 そのホームポジションの右手小指の;位置から、US配列の方が、」キーの所にreturnキーがあるので、近いから小指で押しやすいということが、繰り返し議論がでてくる。

 しかし、私のように、ATOKでローマ字入力の日本語、英語の混在文章を打つ人間にとっては、変換確定のreturnキーは、control+Mなので、returnキーの大きい小さいは関係がない。controlキーが大きい方が良い。

 まぁ、確定やOKボタンを押す時に、returnキーを使うとしても、リストレストを日頃から使い、MacBook Proで使う時も、パームレストのおかげで、右手は宙に浮かせて小指を右端に飛ばせば良いので、むしろ縦長のreturnキーが、小指の着地点として考えると押し間違いが少ないかも??程度のことだ。もはや、個人の好みの問題になるので、この辺をグダグダ言うヤツは、屁理屈野郎というレッテルを貼ってやれ。

左右の独立した英数、カナキーがあるのが便利だと言うのは、昔からのマカー
 私が、「Aの横がcontrolキーで無ければならない」と固持するのと同じ話なのかもしれない。昔から、アップルのJIS配列キーボードに慣れているから、WindowsとWindows のキーボードが使いにくくて困るという人は、ジジイ、ババァだけになってしまった。今の若い人なら、この程度のキーの違いなんで、どうでも良いから、議論するだけ無駄。

108Uキー配列変更

 ちなみに、私のMacにつないでいる東プレのRialforce 108HG HiProのWindows、JIS配列キーボードは、2台ともキー配列をアプリで変更して使っている。

ポジションに最適なキー配列は、US配列っていうけれど…。
 キーボードは、日本には無かったものなので、本家のアメリカの仕様がオリジナルだよね。当たり前ながら、US配列の方が、いろいろと理にかなったものになっているはず。実際に、左右対称のシンメトリックな配列で、見た目も良い。

 繰り返すが、見た目を最優先したい、ブログの写真を載せて自慢したり、スタバなどでドヤりたい人は、US配列のキーボードを選択しよう!

で、結局、USキーボードは誰に向いてるのか?
 個人で作業をしているブロガーやプログラマーは、見た目を優先したUS配列が第一選択でもかまわない。
 出先で作業したり、出張先の端末を使うような仕事の人で、出先の端末のキーボードが、JIS配列であれば、JIS配列のものを使うようにすれば良い。コスト優先で考えると、JIS配列にしておいた方が無難。

 私のように、US、JIS配列を器用に打ち分けることもできるようになれれば、不便は無いだろう。どっちが打ちやすいか? は、「慣れ」の問題だけで、US配列が特に優れてるように感じたことは無い。 

 MacBook ProのUS配列を買ったものの、仕事先のキーボードがJIS配列で打ち間違いが起きるからという理由でJIS配列に買い換えをし、ヤフオク!でMacBook Proを高く売り抜こうとしたが、US配列ということで、入札が少なかったとボヤくヤツがいた。中古のMacBook Proを欲しがるジジ、ババが多いから、US配列は人気がないのは仕方がない。まぁ、各自都合で選択して欲しい。

「A」の左横が、controlキーでなければならない理由(わけ、意味)。

 Mac OS Xでは、controlキーとcaps lockキーはソフトウエア的に交換できる。システム環境設定のキーボードで、

control&capslockkey

 こんなかんじで、修飾キーを変更できる。

 単なる見栄だけのためにUSキーボードを買って使う連中でさえ、密かに「A」の横はcontrolキーにしている。

 これは、テキストエディタのキー割り当て(emacsのキーバインド体系とか)やジャストシステムのATOKと深く関係する。

 ATOKは徳島のジャストシステムが開発した日本語入力ソフトだ。ジャストシステムはMicrosoftからの執拗な攻撃に負けキーエンスの傘下にはいって生き延びている。このATOKの歴史は長くて、NECのPC-9801の一太郎Ver3から使い始めたワシら世代は、ATOKを愛用している。それで、ワシら自然科学系はローマ字入力、教育法文系はカナ入力が多い。

 だから、ワシのATOKパレットは「R漢」という表示になっている。 

 ワシらは、仕事で英数字、カタカナ、日本語が混在する文章をひたすら書く(入力する)。 もう三十年ずっとだ。

 専門用語の羅列になるため、昔から専門用語、業界用語単語集が売られていたATOK以外の選択肢は無かった。

 ATOKの良いところは、ブラインドタッチに早い段階から対応し、ホームポジションというキーボードに手を置く位置を崩さずに、つまりFキーを使わないで、ほぼ全ての機能が使えるキーアサインになっていたからなんだよな。

ATOKで、コントロール(control)キーをフル活用する。

 打ち間違えたり、文節の区切りがデタラメで変な変換になったら、controlとHでdelete(バックスペース)。

 ローマ字で打ち込んでから変換(後変換)は必須。「あR漢」の場合、

  • controlとPで全角英字。
  • controlとOで半角。
  • controlとIでカタカナ。
  • controlと@で半角英字。
  • controlとUでひらがな。
 さらに、推敲するときに変換間違いがあれば、右手でトラックボール(MagicPad)を操作し、テキストの該当箇所をハイライト(選択)して、左手でcontrolとshiftとYで再変換してから矢印キーを右手で操作。これもUSキーボードだと左手小指、薬指がツる(笑)。

 ちなみに、マウス等をつかってテキストをハイライト(選択)するときは、ダブルクリックで単語、トリプルクリックで段落全体。マウス等でドラッグが苦手な人に覚えて欲しいのが、テキストの選択範囲の始点をクリックし、終点はshift+クリックで範囲選択が一発でできることだ

 文節の区切りがおかしい時、選択カーソルの移動は、左へ「controlとK」、右へ「controlとL」。1文節変換確定は、controlとN、確定のreturnですら、controlとMを多用すると早くなる。

 親指シフト入力法が時々蒸し返したようにブロガーの間で話題になる。ワシも富士通ワープロ時代何度か挑戦してみた。しかし、英語と日本語の混在文章を打つのに適した入力方法でないことを実感し、止めた。

 ローマ字入力も三十年やっていたら、頭の中で言葉を思い浮かべるだけで、画面に文字が入っているんだよ。だから、文章になっていないことも多くて、読める文章に直すのに猛烈に時間がかかるんだ。

日本語入力において、ローマ字入力が良いのか悪いのか?

 過去三十年で、なんどか話題になるものの、消えてしまう。もう、今さら換えようがないというのが本当の所だろう。

 ローマ字変換を意識するのは最初の半年くらいで、慣れてしまえば、潜在意識下に埋入されていて、頭のなかで、言葉を思い浮かべるだけで文字入力ができるようになるから、心配要らない。

日本の社会生活においてJIS配列のキーボードの記号配列を覚えておくことは箸の持ち方と同様に重要。

 USキーボードとJISキーボードの記号の位置の違いで困るのが、
  1. @(アットマーク)
  2. + -(プラス、ハイフン)
  3. ;:(セミコロン、コロン)
  4. ’ ”(アポストロフィーとダブルクオーテーション)
  5.  ^ ~(サーカムフレックスアクセント、チルダ)
等プログラミングで使う記号だ。

 日常生活の日本語の文章を綴る上で、これらの記号はほとんど使う事がない。そもそも、英語でカジュアルに(英口語)書く人は、アポストロフィ(')を使う短縮形を多用するのでUSキーボードを選択する。

 それでも「」カギ括弧と[ ]大括弧とかは、使うので、戸惑うことになる。もちろん、ATOKは賢いので、呼び名を打ち込めば変換してくれる。たとえば、「はじめかぎかっこ」で「 とか、音声入力がこれからは主流になっていくと思うので、記号の正しい呼び方は覚えておくべきだろう。← すぐ忘れるけどね(笑)

MYキーボードを持ち歩くダサさ。

 PFUのハッピーハッキングキーボード(HHKB)が脚光を浴びた時があった。巾着に入れてキーボードを持ち歩き、出先のPCに付けて使う とか。USBの接続機器を制限する今の時代から比べると、セキュリティとかどうでも良かった牧歌的な時代だったんだなと。

 それでも、高速で正確無比な打鍵を必要とする職人には必要とされるもの。だからこその、プロ仕様。東プレのキーボードは、さすがに大きくて持ち運べないが、キーボードを一日中叩いて仕事している人にとっては必要なものだ。

HHKBとマウス HiPro&K62819JP

2016年4月に、Bluetoothで接続する、ワイヤレスのHHKBが出たので、買ってみた。

タブレット、スマホ全盛時代のBluetoothキーボードが5千円以下で買える時代

 Windows のUSBキーボードは千円以下で買える。USBとBluetooth変換モジュール基板が千円ほど。それを考えると、3千円程度でBluetoothのキーボードが売られるのも当然といえば当然か。で、使って見ると、これが期待以上に使える

 これらの安価なキーボード配列もJIS規格配列なので、諸々の使い勝手を考えて行くと、

USキーボードを日本国内で使う意味は「見栄」以外の何物でも無いということになる。

 ワシらのようなオッサンは、NECのPC-98系キーボードや富士通FM系キーボードを使いつつ、IBMの重厚なキーボードに憧れたこともあったし、シンプルなMacintosh Plusのキーボードに腰が抜けるくらいビックリしたもんなんだよ。

 それから、ドイツのフロッグデザインのMacintosh II系のキーボードで戸惑ったけどすぐに虜になった。で、迷走しだしたApple Computerは露骨なコストダウンしたペナペナのキーボードを連発、Apple Computerもついに倒産するのか なんて言う時代もあったな。

世間知らずな、ガジェット通を気取る「にわかマカー」な若者が、USキーボードの優位性について屁理屈をコいているのを見てニヤリとさせてもらう

のも一興か。言い換えたら、「USキーボードのMacBook 使っている俺って、かっけー!」ってことで。 

 まぁ、JISキーボードに慣れ親しんでいたら、どこに行ってもチャカボコとキーボードが打てるってことは便利だよ。

 ワシらくらい、あれこれ使ってたら、USだろうが、JISだろうが、すぐに慣れて打てるようになるしな。「弘法筆を選ばず」ってね。

 ワシらも日々仕事で、今はフル・デジタルだから、手で書くより速く打てなきゃ商売にならんし。プロなら、この程度の器用さがあって当たり前。

 ってか、キーボードなんかどうでも良くて、それで入力されるテキスト、文章に意味があるわけでしょ。

 USキーボード付きMacBook Proを買ったら、ブログをMacBook Proが勝手に書いてくれて、PV数が上がってAdSenseやアフィリがガッポガッポってことじゃないでしょ。

 US配列の使い心地を知ってしまうと、JIS配列に戻れなくなる」なんてことはない。結局、コストなどの都合によって、JIS配列に慣れている方が都合が良いというヤツが、私も含めて大多数であるということだ。 「US配列ガァ」なんてグダグダ言うのは、ここ十年やそこらでMacを使い始めたような「にわかマカー」の戯れ言だ。プッ。

AdobeCS4以降を使うプロ・ユーザはUSキーボードが便利だ。

 イラレやフォトショの最新Verを使うデザイン系のPCユーザにとっては、ショートカットがUSキーボードを元に設定されているため、US配列の方が便利だ。というかWindows版の影響もある。

 特に、増減をする+と-キー、最新のCSで、フォトショのブラシの増減を[と]等が隣り合っているので便利。

 別にAdobeのソフトだけでなく、CADや3Dモデリングソフトも含めて、右手はトラックボール(マウス)、左手片手でキーボードのショートカットができるようにキーバインドの設定をカスタムしておく。これは、プロなら当然やっていることなので、省略。

 そそ、コマンドと~の理想的な配列は、旧Apple Standard Keyboardなんだよね

command&tilde

 ここ十数年でMacを買って喜んでいる連中でUSキーボードがっ っていうニワカの人にとって垂涎のキーボード配列。イラレのドキュメント切り替えにcommandと~を使うのなら、こういうのを使いなさい。

 諸処の事情により、新しいVerのCSを買えず、Snow Leopard(10.6.8)の動くMacを自作しつつ、細々と続けている人にはあまり関係が無いか(笑)。

晩年のジョブズは、Adobeを嫌っていた。

 思い起こせば、DTPというジャンルを作ったMacintoshには、PageMaker → QuarkExpress、AdobeはペイントのPhotoshop、ドローのIllustrator、ジャギーのないレーザプリンターへの出力は、Postscript。Adobeと共にMacintoshは成長してきた。

 ところが、Apple Computerが倒産しそうだったMicrosoftとIntelの大躍進時代、Windows 版の方が売れるからってんで、Mac版はほったらかし。

 かつてのMicrosoftがMacintosh用に開発した表計算ソフトのExcelの大ヒットとその後の展開と同じことをやらかしたわけだ。

 ジョブズが「Adobeのソフトは高い、高すぎる」と怒っていたという逸話もあるくらいだからねぇ。

 キーボードの話をし出すと、一晩徹夜しても語り尽くせない。

  あー、この三十年間、Windows パソコンやノートで統一しておけば、いろんな面倒なことが何も起きなかったという突っ込みは無しで。だから、なぜ、わざわざ今さらMacを買うのか? iPhoneに惚れ込んだからとか、カッコ良いからとかとか、アレなんだろうけど。

合わせて読みたい、オススメの記事