今日、ATOK fo iOSがリリースされた。iOS 8 が外部(サードパーティ製の)日本語入力アプリに対応したことを歓迎したい。
 ワシらのように、NECのPC-9801シリーズから一太郎Ver3以降、二十年以上三十年弱に渡り、日本語ワードプロセッサといえば一太郎を使い続けているユーザにとっては、やっとiPhone やiPadがまともに使えると思っていることだろう。

 ATOK for iOSは、 ATOK Passport (月額286円と消費税)には該当せず、単独で支払う必要があった。おそらく、App Storeでの課金で元が採れた暁には、 ATOK Passportへ包括されていくのだろう。

 で、今回、ATOK PadというジャストシステムのATOKのiOS用エディタを間違えて購入してしまったので、キャンセルした。たぶん、ATOK for iOSと勘違いして買う人が、それなりの頻度でいると思うので、解約する方法を紹介しておく。

iOSのアプリの解約には、iTunesが必要なので、MacのiTunesを起動し、iTunes Storeを選択する。

atokpad

 間違えて購入したATOK Padを選択する。
 

1

 スクロールして、下の「管理」の「アカウント」をクリックして購入履歴を参照する。 
 

2

 間違えて購入したATOK Padを選択し「問題を報告」をクリックする。
 

3

で、問題を報告するをクリックして、Safariを起動する。
 

4

間違えて購入した故を記入し、「送信」をクリックする。
 

5

これで、結果を待つ。過去にも何度か間違えて購入し、キャンセルしてきたんだけど、わざとキャンセルしにくくしてあるとしか言いようのない仕様で、改善される気配もないので注意が必要だ。
営業時間内であれば、半日でメールが届くよ。
返金
24時間以内で、クレジットカードからの引き落としになっていなかったら、簡単にキャンセルできる。
 

ATOK for iOSについては、Bluetoothのキーボード(LOGICOOL Bluetooth マルチデバイス キーボード ブラック k480)も届いているので、使いつつ、また記事にする