Macストアで、アップル純正のUSBモデムを扱わなくなって、久しい。

未だに、MacでFAXを送りたいという人はいるので、わずかながら需要がある。 

純正のUSBモデムの新品は入手が困難で、割高なUSRoboticsのモデムや怪しいパチモンを買うしかなかった

ここにきて、Vintageナントカじゃなくて、国内でMA034ZM/Aデッドストック?を扱う業者がAmazonに出現している。

で、早速買ってみた。送料込みの2770円。

どうやら、コピー品ではないようにみえる。

1

ここまで精巧にコピーする意味が無いからね。

2 3

ということで、純正ならではの絶対的な安定性と操作性でFAXを送受信したい人は、持っておいて損はないだろう。

で、

昨夜から散々試したが、

MA034ZM/Aは、Lion以降、つまりMavericksやYosemiteでは使えない。

使えるのは、10.6.8のSnow Leopardまで。

ただし、音声は出ない。着信でスリープからの解除もできない。

Lion の10.7.5は、

1

「Apple USB modemは このコンピュータでは使用できません」とでる。

MavericksのMacBook (MD102J/A)ではUSBのツリーでは認識できているものの、ドライバがサポートせず、選択すらできない。Snow Leopard からUSBmodemのドライバを持ってきて っておもったが、システム環境設定のプリンタとファックスがクラッシュ。クリーンインストールになってしまった。

 他、検証の途中で、主力のMacに問題があることに気がついて、これも検証に入る。ハードウエア的に壊れてくれたら、骨壺Mac Proが買える理由になったのに…。

 ということで、やっぱりPCM-UBAM1-Kでいくしかないか。これも、送信で??な動作を起こしたことがあるので継続して検証中した。 → PCMーUBAM1-KはMavericks(10.9.1)で送受信OK。アップル純正のMA034ZM/AはSnow Leopard(10.6.8)までで、送受信のテストして問題がないことを確認した。

 ただし、

  • スピーカーがないので、ハンドシェイク時のキャリア音を聴いて確認出来ない。
  • スリープ状態でFAXがかかってきたらスリープ解除になる Fax Wake Upはできない。
 それにしても、最新Mac OS XのMavericksに、純正のUSBモデムのドライバが用意されていないなんて…。たぶん、FATバイナリ、Carbonで作られていたんだと思うけど…。こういう、自社製品のサポートをばっさりと切るところは、昔からのアップルの社風だ。