Mac(Windows 、Linux)でラジオを聴く方法のうち、2012年以降のデジタル処理による最新の方法を紹介。

 iPhone 5S? iPhone 5C? とか、Nexsus7の新型を買ってブログネタにしようと思っていたんだけど、そこらの小学生や中学生が買ってもらって、自慢ブログを始める時代だからねぇ。

 にわかマカー系も新型Mac Pro待ちで手持ちぶさた。そもそもiPhone 5を家族分全部にしちまったから、乗り換えの金も考えとかなアカンやろってことで、金の掛からない手間の掛からないコピペネタばかり。
 あとは、テメェらのブログシステムを、ワードプレスにして、有料サーバを借りて有料ドメインを取って、アンテナ系リンク集に載せてもらって、PV数を稼ぎつつ、Googleアドセンスでコストを回収するか〜 みたいな流れで、内容はってぇと、海外のマカー系情報サイトの邦訳コピペ記事のコピペ っていう…。 ま〜、ツマンネェ連中ばっか増えて うんざりだった。

で、ワシは、
 oink!さんところで、USBラジオのネタが格好良いいなとうらやましく思っていた。ワシなりに、こういうアプローチができんもんかと、ネタを探すこと数年…。

 この春ころから、気になっていたリアルテックのRTL2832Uというチップを使ったUSBのTVチューナーで、パソコン制御の受信機を作るというネタがあったものの…。元々、海外では話題になっていたんだけど、輸入しかUSBアダプタが買えなかったし、とにかく、レベルの高い話で追っかけていけなかった。ところが、徐々に日本でもアマ無線系ブロガの間で、導入報告がされるようになり…。さらに自作しなきゃいけなかったアップコンバータも、配布してくれる日本人が現れた
 毛虫計算機さんところも、されていたので…。国内でも通販で格安で手に入るようになってきていたものの…、ワシのスキルからして、レベルが高く手が出せずにいた。
 ワシ的には、分からんことだらけだけど、もうこの

USBTVチューナーをSDR化してパソコンでラジオを聴くっていうビッグウエイブに乗らなきゃいけない

だろってことで、
とりあえず、買い集めている。
 DVB-T+DAB+FM
aitendoのが安いけど、すぐに売りきれるし、在庫が回復しない。しょうがないのでリモコン付きを注文した。眺めているうちに在庫が減っていくので、焦ってしまった。

 ここにきて、ハム雑誌で特集がでてきて、書籍も出だしたから、相場で言えば提灯がついて、踏み上げが始まる、波動でいうと第三波〜三角持ち合いの四波、そしてセリングクライマックスへの上昇トレンドの途中だと思われる。だからこそ、この話題に乗らないといけない(笑)。

 Amazonだと、だいたい2〜3倍のぼったくり価格で販売中。それでも、今年になってからは日本で買えるようになっただけでも、ユーザが増えているってことか。

 ポイントは、アンテナケーブルのコネクタが特殊なので、ワシのような素人にはわからんことばかりなので、とりあえず、必要そうな物は片っ端から買っておくことにした。
aitendoは、DSPラジオキットもあるし、ラジオペンチさんも作っていたので、エアバリコンも中華のパチモンを売っていたので、一緒に注文しておいた。

チップだけも売っているので、回路を解析して、ちゃんとした精度の部品で組めば、良いのかも知れない。
たちまち、水晶発振子(28.8MHz)を、精度と安定性の高い日本メーカー(アロー電子)に注文したら、一個1500円と消費税と郵送料120円で作ってくれる(納期2週間)ってさ。これもFAX送っといた。電話に出たオッサンも、「あーはいはい、28.8MHzですね、1個1500円と消費税と送料でよろしいですか?」って。

とりあえず、いろいろ試して観て、うまくできるかどうかを、ブログのネタの一つとしてやっていきたい。

ネタ的には 以下のフェイズを考えている。

  1. RTL2832U&R820T搭載DVB-USBドングルを使ってPCの受信機というのを構築する。
  2. HF帯の電波を受信するためのアップコンバータを作って、AM〜SWのPC受信機にする。
  3. HF帯等のアンテナを整備する。
  4. ラジオを作る。
  5. RF回路の実験をやる。無線リモコンへの応用。

 アマ無線4級は二十歳頃にとったものの、アマ無線のコミュニティがアレなんで、すぐに止めた。これからも開局しなおしても、知らない人と通信をやるつもりはない。
 あと、航空無線とか、業務用無線傍受とか、まったく興味が無いので、それもやらない。