時々、うちの楽天のウイジェット経由で楽天で買い物をしてださる方がいて、感謝している。
楽天では、家族(特に妻)が、菓子などを買っているので、そのアフィポイントを足しにさせてもらっている。

さて、楽天と言えば上海問屋。エバーグリーンの通販リテイル部門で、その名を知らないものはいないくらいの中華のパチモン総合商社になった。よくある不良品の交換等サポートも昔と比べ物にならないほど良くなっている。
1
上海問屋で気になるモノは一通り注文して買っている中の一つ、HDMIスプリッター DN-84305を紹介しよう。
HDMIの入力は1つで、8つに分岐する。
2
HDMI 1.4コンパチブルで、1080p、3Dもサポートということらしい。
AC-DCアダプタは、5Vの2.1mm内径、5mm外径の良くあるプラグ。

昨年の落雷で、HDMIセレクターやスプリッターと、ナナオのディスプレイのHDMIの1番ポート、そしてPS3のHDMIポート故障と、HDMI系統を壊してしまったために、これで、ナナオのディスプレイを除く、故障した機器の修理とリプレイスが完了した。
3
下は、トリニティが扱っているSimplism HDMI Splitter 1:4。HDMIにありがちな相性問題を引き起こす原因にはならなかった。

分配4系統のうち1番がやられている以外、2〜4の3系統は分配信号がでるので、まだ使える。中身を抜いて、流行のデジアン基板を入れるケースにしてもいいかんじだ。
4:2のセレクター&スプリッターは完全に故障したので、中身を抜いてデジアンのケースにするべく、ジャンク箱に放り込んである。
ケースとしては高さがないので、キャパシタの高さが稼げないのが難点。

1
それにしても、品のない青いLEDの激光。これはダメだ。LEDをアルミテープでふさぐ。
とりあえず、あっちへ向けて置いた。

上のHDMIセレクター&スプリッターはDN-82282で、AVアンプVSA-920にフルHD映像と5.1chサラウンド信号をHDMI入力するのと、遅延無しでテレビやナナオのゲーム用ディスプレイに分岐するためのもの。
2
今回のHDMIスプリッター(DN-84305)は、1080pのHDMIと720pのアナログをダウン&アップコンバートして720pの音声と映像に変換したものを、ProRes&AMV録画機4台、モニタ用のテレビ、配信用のCEREVO LiveShellへのダウンコンバータ等へつないでいる。
接続テストをしてみたが、今のところ、HDMIならではの相性問題等目立った問題はなし。色調も、音声も問題なし。
HDMIで8分岐のスプリッターが1万円で買える時代になった。こういうHDMI関連のものは、ケーブルも含めて消耗品なので、安くて確実動作するものが、あればそれでよい。



さて、これで8分岐できるようになったので、MacBook Pro 13にも、ブラックマジックデザインのキャプチャーをつけて、Mac miniのNAS兼ProRes録画機と同様に、Ustの配信&ProRes録画機としてのテストができるようになった。