今回買ったRetina iPadは、Wi-Fi仕様。SoftBankやauから売られているiPadとは違うので電話回線でのアクセスはできない。
無線LANのない場所でインターネットに接続するには、今流行のiPhoneのテザリングを使う。
1
iPhone で「設定」から、「Wi-Fi」と「インターネット共有」をオンにする。
「インターネット共有」で、
2
パスワードが表示されるので、接続する側の無線LANの接続時に入れる。
これで、iPhone は、3G回線でインターネットにつなげる無線LAN基地になる。iPhone 5からLTE回線という高速回線でインターネットにつながるので、さらに便利になった。

Retina iPadの設定を開いて、Wi-Fiの設定をする。
3
今は、家の無線LANにつながっているが、無線ルータ化した「iPhone 4 」をタップして、iPhone 4の「インターネット共有」に表示されていたパスワードを入れてやると…つながる。
すると、つながったiPhone 側は…
 4
で、接続中と表示される。
青い帯で「インターネット共有:n台接続中」というところをタップすると「インターネット共有」が開くので、使わない時はオフにしておくべきだ。
一方、テザリングでつながるとRetina iPadの方は左上のWi-Fiのアイコンとは違うテザリング接続のアイコンが出る。
5
試しに、Retina iPadのSafariでYouTubeに接続して新着をチェックする。
いつも思うんだが、3G回線でもそんなに遅くてたまらんということもない。LTEは、こういう田舎でも、そこそこエリアはあるけど、この辺はさすがに対応していない。だから、わざわざ、高い金払ってまで、iPhone 5にする必要もない。
b-mobileはdocomo回線なので、山の中のクソ田舎でも人が住んでるところはつながる。しかも、そこでインターネットができる。

そもそもスマホ スマフォっていうけど、簡単なメール機能と、ブラウザ、そしてテザリング機能があれば、何でも良い。ガラ携にテザリング機能の方がいいんじゃないかな? っていつも思っているんだけど。

あと、パケット代は定額制じゃなくて、完全従量制にしてもらうと、もっと通信費が安くなって、公平性が高くなっていいんだけどね。