寒いですな。 こういう日は、さっさと仕事終わらせて、家族みんな、さっさと風呂に入って寝よう。

風邪ぎみになったら、まずはビタミンC。

 ビタミンCは水溶性なので、飲み過ぎても中毒になることはない。βカロチンなど脂溶性のビタミンAとかのように摂りすぎで害があるものではない。

タミフルやリレンザよりビタミンC!!

<

暖かくして寝る。

敷き布団と起毛敷布の間に電気毛布をいれる。

電気毛布で喉がからからに渇くというのは、温度管理を失敗している。

布団に入る前に暖めておく。風呂から上がってすぐに入るのなら、さほど温度を上げなくて良い。冷め切って入るのなら、全開にして一時間以上暖めておくように。で、布団に入ったら電源を切る。人間は体温が徐々に下がりながら熟睡をしていくので、体温を上げてはいけない。夜明けにトイレに行ってオシッコをしたら、冷える体を温める意味で電気式毛布に電源を入れて、二度寝を楽しむ。

室温が氷点下近くまで下がると、布団が吐息で結露することがあるので、カバーがあると衛生的。

こまめに水分補給。

 さらに、夜明けに喉が渇くので、枕元に置く水が冷たいのはつらい。ワシは例外なくお腹がゴロゴロいうので、保温マグカップを家族分用意している。寝る前は熱々だけど、夜明けに飲み頃になる。もちろん、置き場所は気をつけよう。

咳や鼻水がでていないのなら、マスクをして寝ると喉や気管の粘膜でインフルエンザ菌が繁殖して病状が悪化するのを防ぐことができる。


マスクは決してインフルエンザ菌をフィルターで除去するためのものではないことに留意してほしい。あくまで、

マスクの一番の機能は冷たい乾燥した空気を鼻腔、咽頭、気管に入れないため

である。

インフルエンザ菌は低い適度な体温と乾燥した粘膜細胞を好む。風邪を引いて内科に行くと、スチームを吸わせて料金を取られるだろ?

でも、風邪を引いて咳や鼻水、啖がでるようになってからは遅いんだよ。

だから、室温を上げて湿度を50%以上に上げた空気を吸うのが理想だが、こんなにエネルギー危機の状況下では、コスト面でも無理だろう。だから、マスクが良いんだよ。マスクが吐く息で暖められて湿る、それを吸う。実に合理的。

鼻に金属の骨があるものが良い。ガーゼマスクを洗って使うなんて、君は、どんだけ優れた洗浄器と滅菌器をもってるんだ?!あーん??

激しい咳や鼻水が出ている時に、マスクをして寝ないように!

激しい咳や鼻水が出ている時に、マスクをして寝ることは、ぬれタオルを顔にかぶせて殺すのと同じ効果になるから十分注意しよう。保険金目当てで事故と見せかけて自殺したいのなら、どうぞご自由に。