1
やれやれ、アナログ系のキャプチャーシステムで接続ができて、テストを開始している。

この半年ほどWiiにも灯を入れることがなかったんだけど、 ゼル伝最新作 スカイウオードソードが出たら、もうやるっきゃないよね(笑)。

 2
最初は、H.264 Pro Recorderだけで録画しようと思っていた。前テストしたときは、コンポーネントのアナログ入力で信号を掴んでうまくMedia Expressで表示できたはずだったんだけど、今回はまったくダメ。画像を拾っても明らかに解像度とrefresh rateが合っていない。この一週間ずっと悩んでいたんだが、もうあきらめて、AVアンプ(VSA-920)に録り込んでHDMI経由のIntensity Proを介してのHDMIでのドミノキャプチャーでいくことにした。

諸々の使い勝手を勘案すると、現時点では、Windows 7ベースのアマレコTV(AMVコーデック)より、ProRes録画機の.movとmp4ファイルで統一した方が楽なかんじなんで、そっちで行く予定。

いやね。また書く(いや書きたくもない!!)クソったれなホームサーバが、いろいろとやらかしてくれて、エラいことになっているのもある。
3
hpのホームサーバ、MediaSmart Server EX490 で、4万円ほどで売られていたんだが、だんだん、使い込んでいくうちに、遅い!! 容量ぎりぎりまで使えない。ファイルが壊れる。一日あたり百数十GB単位の読み書きに耐えられない。など、問題続出!!
とくに、数日待っても復旧しないとか、もうむちゃくちゃになってきたので、ファイルを他に移して、このサーバはNASとして使わない事に決定した。おかげで、各種録画機のストレージが、回避したtsファイルとmp4ファイルで溢れて、新たな録画ができない状況になってきている。

この恨み節は、ガス抜きのために、これからもブログネタとして書いていきたいが、対応策も次に打たないと、年末年始のテレビの録画がHDDの高騰と合わせて、やばいことになりそう。妻の激高するのが目に見える。次々と買ってもらえなくなるのが一番怖い。