根っからのテレビっ子な妻が、ブラウン管に繋がれた地デジチューナーの不調でブチ切れ。
その他、諸処の事情により、寝室の一部損壊(笑)。ブラウン管テレビも割れた。
けが人はいないけど、掃除がたいへんだったよ。中国のように穴掘って埋めりゃいいってわけにもいかんからね−。

で、きっかけとなったテレビ問題を早期に解決すべく…
ゲーム用FS2332の3万6千円が、そっくりそのまま、シャープのアクオス LC-22K5-Bの即納な通販サイトでの注文となった。6753シャープの期末配当金で買うからいいか。FS2332については、また次の機会にしよう
それにしても、5万以下の安いテレビが品薄なんだよねー。欲しいのが納期が8月末とか、まいった。
このクラスでフルスペックHDの解像度。
液晶パネルがTNで発色が良くないけど、解像度が一応フルスペックハイディフィニション。1920x1080。これよりインチサイズが大きくても、ナンチャッテHD(1366x768の解像度)なのが多いから、要チェックだ。1080iの番組はデインターレースもなかなかいいかんじで、はっきりくっきりなのがうれしい。
LC-22K5のスタンドはチルトしない固定式。
チルトの関節をつけると数百円のコストアップだからな。
1
あくまでも寝室やキッチンなどの省スペースで観る、小中学生の個人のテレビとしての位置づけか。
液晶がTN型なので視野角が狭く、正面以外から観ると色褪せるのは仕方がない。左右はさほどでもないが、上下は極端に色がおかしくなるのでチルト機能がないのは残念。おそらく、台に雑誌や新聞紙をはせて、好きなように傾けろと言うことみたいだ。壁掛け用の別売の治具はチルトできるようになっている。それがないと、これだけ上下で色褪せが起きると壁掛けテレビとしては落第だからな。  VESAマウントの100mmの4穴があるのでアームを取り付けて寝ながら観られるようにできる。
台の下に雑誌や新聞をはせると安定性がわるくなるので、固定できる壁などから固定用のヒモや針金を引っ張ってきて固定しておこう。テレビの裏には固定用ワイヤーの取り付け場所がある。
入力端子は充実してゲーム機もつなぎ放題。
2
3万円の液晶テレビで、これだけ付いてりゃ文句なしでしょ。表示モードでゲーム用に遅延が少なく色合いも調整されたモードも選択できるし、軽くPS3やGameCubeを繋いで遊んでみたかんじからして、不満はない。
1
テレビ画面と外部入力画面の2画面を表示するPinP機能もついていて、それらの取り扱いも、ゲーム用ディスプレイになれていれば違和感なく使いこなせる。今は3万円も出せばこれくらいの機能は標準装備だ。
USBのHDDを繋げば録画もできる。
今時のテレビはUSB接続のHDDに繋ぐと録画もできるのが当たり前になっている。テレビ単体の機能だけのものを探すことのことの方が難しい状態だ。
で、USBのHDDを繋ぐと録画できる機能ってのは意外と便利なんで、すでにみんなHDDを繋いでいると思う。
注意しなくてはいけないのは、

テレビの電源のオンオフに連動する外付けHDDを選ぶこと!!

でないと、テレビの電源入れる度にHDDのスイッチを入れたり、録画する前にあらかじめスイッチを入れっぱなしにしておかなくてはいけなくなる。
もしくは、
パソコンは吊しを買うだけでなく、自作するようなワシらには予備で買ってあるHDDをHDDケースに入れて使うというのが普通だが、パソコンに疎い人ならアイオーやバッファローなどのテレビ録画対応品を量販店で買うのが無難だろう。

使い勝手からすると、VESAマウントに固定できる治具をつけてUSB給電のHDDを取り付けるのが邪魔にならずにいいんじゃないかと思う。
私は、この組み合わせで行こうと目論んでいる(笑)。ってか、みんなこういうパターンじゃない?!
テレビ番組を録画するUSBのHDDの容量はどれくらいがいいのか?
テレビの録画データは「.ts」っていう拡張子(ファイル名末尾の記号)がつく。だからテレビ番組の録画ファイルのことをtsファイルっていう。
で、テレビからHDDを外してパソコンにつないで、その保存された.tsファイルを観る事は出来ない。これはPS3のtorne(トルネ)で録った外付けのHDDの.tsファイルと同じで、録画したテレビやtorneのような機器以外で観る事ができないようになっている。暗号化されコピー防止のプロテクトがかかっている。
つまり、お気に入りだから永久保存したいと思ってもDVDやBlu-rayなどのメディアに記録することできないようになっている。そんな、こんな事情から録ったら観て捨てる、録ったら観て捨てるを繰り返すしかない。

ということで大容量のHDDは必要ない。1TBもあれば十分だ。目安として一時間の.tsファイルは1時間番組で最大で10GB弱。tsファイルは圧縮ファイルなので番組の動画の質によって大きく変わってくる。動きのない声優頼みの製作手抜きのアニメ番組だと30分番組で3GB程度だ。
1
参考までに、根っからのテレビっ子な妻がテレビ番組を録画しているんだが、一ヶ月あたり1〜2TBのtsファイルを録画している。毎月2TBのHDDを一本使う。
しっかし、ワシも含めて(笑)普通の人なら3〜4ヶ月で1TBじゃないか? それくらいの期間なら、HDDに貯めた録画番組を観て消して観て消してになるので、1TBのHDDがいっぱいになることはないはず。
この LC-22K5にはDLNAクライアントがない。
私のような録画厨は大量の.tsファイルや圧縮したmp4ファイルをため込んでいる。
2
2TB3個だから、6TB。こいつは、WHSとして安くて画期的な商品だったが、実際に使ってみるとLANが遅すぎてNAS(ネットワークでつなぐファイルサーバ)としてもロクに使えない。これも4ヶ月持たなかった。すぐにいっぱいになって、次のファイルサーバはまた自作しようと目論見中だ。

それでも、NASにはDLNAサーバという動画や音楽ファイルを他のPCやDLNAクライアントをもつPS3やテレビなどの端末へ流すことができるようになっている。DVDやBlu-rayレコーダやテレビ内蔵のレコーダの中にはDLNAサーバを搭載したものもある。
しかし、このLC-22K5にはLANポートがあるものの、DLNAクライアントがないため、NASにため込んだ動画や音楽ファイルをそのままLAN経由で再生することができない。再生するためには、DLNAクライアントを持つPS3や、はてまたMacなどPCにDLNAクライアントソフトを入れてHDMIでつないでやる必要がある。Apple TVにDLNAクライアント機能が付いたら即買いなんだけどなー。
実は、AirVideoというサーバソフトを使うとAirVideoのクライアントソフトをいれることで、代替ができるんだけどね。
2011年10月にMac miniを買い、接続。他、メディアプレーヤ用の自作機を模索中。
内蔵のスピーカは薄っぺらい音でオマケ程度。
音は悪い。あくまで付いているという程度、たしかにこのクラスの液晶テレビを持っていたら、安価(1万円以下)でそこそこ鳴る卓上スピーカーシステムが欲しくなるよな。
ということで、もう一台購入し2台目も活用中。
寝室で十分活用できることがわかったので、もう一台私の書斎のゲームディスプレーとして購入。WiiやコンポジットのゲームキューブやNINTENDO64など昔のゲーム機接続と、編集機のMacに搭載しているIntensity ProからのHDMI出力をつないで確認するための用途として活用。音が悪いことへの解決策が見つかるまで既存の使っていない2.1chのアクティブスピーカをつないで暫定使用中だ。
テレビを観るときはドンチャリなのが妻が好むので。なんども言うが、根っからのテレビっ子な妻が我が家のすべてのテレビのチャンネル権をもっているので、書斎に妻がいる限り私にチャンネル権はない。