HP MediaSmart Server EX490が届いていたんだが、なかなか忙しくて箱から出せずにいた。
101107
一昔前に韓国メーカが喜んで採用していたピアノフィニッシュっぽいボディ。4つベイがあって一番下のベイにHDDが入っている。あと3つ分は自分で買っていれてねということらしい。ディスプレイをつけないで使う外付けのHDDの多機能版だ。つまり、こんなにちっちゃくてもれっきとしたサーバってこと。
電源いれてLANにつないで、あとはWindowsパソコンかMacにクライアント用のアプリケーションをインストールして使う手順になっている。
いろいろな機能がある。それらは、すでにプロのライターがサイトにレビューを載せているので、いまさら私がウンチクをたれても一円にもならんので省く。
こいつもAir Videoのサーバと同じように、インターネットを使って指定したフォルダの中にある動画ファイルなどをiPhoneなどで観ることができるような仕組みを持っている。ダイナミックDNSサービスも同梱。

tsファイルはだめだけど、aviファイルなんかは、mp4ファイルに変換してくれる機能もあるみたいだし、フル機能を満喫しようと思うのなら、それなりに遊べそうだ。
バックアップ用のアプリケーションもついているので、Windowsパソコンのバックアップ、MacのTime Machineのバックアップ先としても使える。HDDも4つ積めるし、動作音も静かだし、小さいし、これで5万3千円とは、hpも思い切ったことをやってくれる。
PS3やXBox360でも、動画や音楽ファイルをブラウズできて視聴できるから。まー、パソコンを一台、たとえば、Mac miniでDLNAサーバソフトを入れて、どうこう なんてしなくても、リビングにおいたPS3かXBox360をクライアントにして、サーバは、このHP MediaSmart Server EX490一つで十分でしょみたいな。
今年の冬は、リビングのテレビも買い換えしなきゃいけないし、家庭内のLANも、すこしずつ手を加えていかなきゃいけないようだ。リビング周りか・・・ 私は書斎に基本的に籠もる(ドアは開けっ放しだけどね)ことが多いので、でも、ギャルガン買ったら、さすがにヘッドホンつけてやらなきゃ・・ って(笑)

2011年6月追記:
ついに、在庫処分で3万円前後で出回り始めたようだ。
VGAの増設コネクタキットはヤフオクで手に入る。WHS2011もインストールできるようになるし、CPUもデュアルコアに交換できる。そのためのベースマシンとして、3万円なら安いかもしれない。
しかし、私にとって、このHP MediaSmart Server EX490は、期待はずれも甚だしい、クソ高いNASだと評価している。とにかく、ネットワークが速くて30MB/秒程度と遅すぎて使い物にならない。溢れるtsファイルの転送だけでも2TBを二日くらいかけて転送しなくてはいけない。バックアップ機能もマメにヴァージョンアップして対応してくれているようだが、Mac側のTime Machineのバックアップ先なども含めて、ネットワークが遅いため、最初のバックアップの使い勝手が悪い。
ちょうど、tsファイル4TB分を入れ替え中だが、この3日ずっとコピーし直している状態。回避用のエンコ用PCのHDDへ数日かけてコピーし整理してエンコしたものも含めて、再びEX490へ2TB分をコピーしているが、2日めでもまだ終わらない。つまり、コピー元の電気を食うHDDを6台積んだアイドリングで150ワット(Mac Proだと180W)をずっと起動し続けていなければならない。なんのためのエコサーバなのかわからん。