連休なので、予定していた次のMac Proへも、Snow Leopard (Mac OS X 10.6.)にアップグレードを開始しました。

OSx86機の10.6.2へのアップグレードは年末年始の時間のあるときに予定しています。

今回は、我が家のMac Proの中では、一番起動している時間が長い、メインマシン扱いなので、先行して、Snow Leopard (Mac OS X 10.6.)にアップグレードしたテスト用Mac Proのレシピを参考にカスタムをしていきます。

とくに、先行のMac Proの方はアップルRAIDカードをインストールしているのでスリープできませんでしたが、こちらは、スリープできます。ただし、Mac Proのスリープからのwake upは電力を食いますので、電圧降下でアウトにならないように、それなりのUPSが必要ですよ。これないと、Mac Proを安定運用できません。ってか、これMac Proユーザ必携。本体ばっかり買って自慢してもねー。HDDめいっぱい積んで、メモリもスロット埋めて、PCIスロットも気がついたら全部埋まってて・・・。でしょ。
時々、質問掲示板なんかで、Mac Proを買った人が動作が安定しないと聞きまくっている人がいます。PowerMac G5の頃もそうでしたが、cold start時(電源スイッチを入れた瞬間)や、スリープからの解除の瞬間に、12Aとか流れますからね。普通の家庭の電源だと厳しいことがあります。電圧が不安定ですと、Macの電源に負担をかけて、そうでなくても脆い安物の電子部品で作られたMacの電源が早く故障する原因になりますよ。


っと、話がそれた。

あと、Leopard (Mac OS X 10.5)でなければ、対応していないデバイス群を切り離して、そちらは、PowerMac G5 (Mac OS X 10.5.8)へ振り分ける作業も必要なので、完全にセットアップするのは今月いっぱいかかりそうですね。


新しいゲームソフトを買ってやりたいんですけど・・・。
妻の許可が降りないので、昔買ったゲームをまた再びやり直すことにしました。昨年から、買うゲームソフトは年間4本以内というルールを作ったので仕方がありません。
買いたいソフトは、メモっておいて(ブログに貼り付けて置いて)、半年くらいまってからどうしても欲しいとなったら、ポチるしかありませんね。
Xbox360のゴールドメンバーシップは、今回新しいXbox360を買ったので、1ヶ月だけ使えていました。期限切れでシルバー会員になってしまいました。先行のデモゲームがギリギリにならないとDLできないとか、オンラインゲームができないとか、いろいろ制約があります。
それでも、オンラインゲームはやらないと決めたので、シルバーでもべつにかまわないことになります。
年間5千円ほどの料金ですから、Mobile Meなんかに比べるとたいした額じゃないんですよね。
アマゾンって、こういうのが安かったりします。ほんと、助かる。アップルの製品もアマゾン経由で買う方がなぜか安かったりします。1500円以上は送料無料なんで、買いたい物をいれておいて、1500円を超えるまで待って置いて、急いで欲しい物と一緒に買うんですよ。田舎だけど、中一日で届くのはとてもいい。佐川なんだけど、うちに来る担当の人は昔からのなじみなんで、ヤマトと同じでなにかと都合がいい。

Mobile Meは、Macを複数台持っている、iPhone ももっているパソコンユーザにはかなり便利なアップルのインターネットサービスです。とくに、Mac同士のSyncはものすごく便利で、こういうMacのOSのアップグレードはめちゃくちゃ楽になってきました。かつては、年間1万2千円を妻の分と年間2万4千円払っていました。今は、セキュリティソフトライセンスが無くなった分安くなって、年間1万円弱。クレジットカード自動引き落としですよ。
パッケージ版を買う人は、さらに少しだけ安くアマゾンとかだと買えますね。

1円でもお得な情報をと ついつい探してそっちにしてしまうわけです。

というのも、来年は自家用車をエコカーに買い換え、住宅ローンの繰り上げ返済を予定していて、またMac Proを買うとなるとね。どっかをケツらなきゃなんないと言われてましてね。