なにげに、朝起きて、マカー系ブログがやたら更新されているのをチェックしたら、mini、iMacとMacBookが新しくなって、他値下げらしい・・・。

さっそく、アップルのサイトにいってチェック。

以下スペックには・・・
  • Mini DisplayPort出力ポートでDVI、VGA、デュアルリンクDVI接続をサポート(アダプタは別売り) 。さらに27インチモデルは外部DisplayPortソース(アダプタは別売り)の入力に対応
  • 外部デスクトップとビデオミラーリングモードをサポート

 だって。

おもわず、キャプチャして、iMacのSnow Leopard 上で表示なのか?と 期待したけど、単に、ディスプレイとしても使えるってことらしい。
詳細は、さっそく注文して買って自慢する人のブログや、紹介記事を楽しみにしておこう。

いや、ゲーマー的には、HDMI- Mini DisplayPort変換ケーブルがあれば、ゲーム機と繋いで、ゲーム用ディスプレイとしても使える、あるいは、地デジチューナーと繋いで、地デジテレビとしても使えるとか どうなんだろうというのがとても気になりますね。

ただし、Mini DisplayPortの入力は、27インチのでかい方だけ? みたいなので、買うなら、ぜったい27インチですよね。そんでもって、クアッドコア、ワイヤレスのキーボードと掃除不要の新型マウス、バックライトの寿命が長いLEDでなおかつ、斜めから見ても色あせないIPSディスプレイなくせに、たったの20万。 安い! 

もう、OSx86な自作機組んで って、アホらしくてやってられねぇや というかんじ。

プラス2万円でカスタムすると、仮想8コアだもんね。もう、ちょっと前のMac Proを凌駕する性能。メモリも16GBまで。内蔵HDDを二つ内蔵して、RAID0になれば、完璧でなんですが。さすがにエントリーというカテゴリのMacなんで、速いディスクは、FireWire800で繋いだ4〜8連装の外付けのRAIDレイドドライブでやってくれってことですね。はいはい。

とりあえず、買い換えのために、待っていた人は迷わず買いでしょうね。ただし、Snow Leopard 10.6. 系なので、プリンタドライバ、各種アプリケーションは、最新ヴァージョンに買い換える必要がありますから、その分の出費は覚悟しておかないと。

私は、miniのServer バージョンに 興味津々。